2017年09月22日

建設経済常任委員会

 今日21日(木)、市議会では私が委員長を
務める「建設経済常任委員会」が開催されました。

 −  −  −  −  −
 
 議案第1号
  印西市農業委員会の委員及び農地利用最適化
 推進委員の定数を定める条例の制定について

 議案第6号  印西市道路線の認定について
 議案第7号  印西市道路線の変更について

 議会本会議で付託された 以上3つの議案を
委員会で現地視察を含め、審議し、全ての議案を
可決すべきものと決しました。

 −  −  −  −  −
 
 また、「空き家の除草についての陳情書」を
審査するために、市当局(「都市建設部」
「環境経済部」)から、それぞれ担当者に
出席いただき、質疑応答を行ないました。
 
 質疑及び委員間の意見交換では、継続審議と
今日中の結論を出すべきだという意見に分かれ、
採決の結果、結論を出すことになりました。
 
 そして、採択する、しないの採決では、
「採択しない」という結果になり、審議を終えました。

(* いずれの採決も私は委員長のため、
 採決に加わっていません。)
 
 −− この結果については、議会最終日(28日)に
  私より委員長報告として、審議経過と結果を
  全議員に報告し、その後私を含め、全議員での
  討論、採決を行なうという流れになります。

※ 「空き家問題」については、私のこのブログで
 ほとんど取り上げてきていませんが、近日中に
 改めて陳情内容を御紹介すると共に、問題点は
 どこにあり、印西市の考えかた、将来に向けての
 考えかたをお示ししたいと思います。
    
=== マンション関連記事です。 ==

☆ 「マンション改修」暴利貪る設計コンサル
          9/4(月) 0:55配信 月刊FACTA

 国交省がマンション管理士連合会を通じ異例の
注意喚起。修繕積立金が危ない!

 分譲マンションの大規模修繕工事で、管理組合の
味方であるはずの設計コンサルタントが、裏で施工会社に
法外なバックマージンを要求する――。
 そんな「悪質コンサル」が増殖していると、今年1月、
国土交通省がマンション管理士連合会を通じて注意喚起を
行った。
  
 問題の火付け役になったのは、設計コンサル団体の
マンションリフォーム技術協会(略称・MARTA)。
 昨年11月に悪質コンサルの実態を内部告発した。
「1、2年前から不適切な行為を行うコンサルの横行が
目立つようになり、業界は混乱状態にある。問題を放置すれば、
管理組合は割高な工事費で実害を受け続け、改修業界は
信用を失ってしまう」と、会長の柴田幸夫氏は強い危機感を
にじませる。

 (中略)

 ■ 法外なバックマージン要求

 マンションの大規模修繕工事は以前、管理会社を通じて
施工会社に「一括請負方式」で丸投げするのが一般的だった。
 それでは価格が不透明で割高になりやすいので、劣化診断、
設計、工事監理などを設計コンサルタントに依頼し、
施工会社を入札で決める「設計監理方式」が推奨されるようになった。

 当初はMARTAに加盟するような個人設計事務所が受注する
ケースが多かったが、最近では超高層などマンションの大規模化が
進み、工事額が10億円を超える大型案件も増えてきた。
 新築需要の減少で「これまでマンション改修に見向きも
しなかった大手の設計コンサルが続々と参入してきた」(柴田氏)。
 当然、競争が激化し、不当な安値で受注する事業者が増加。
その値引き分を穴埋めするため、設計コンサルへのバックマージンは
工事費の最大20%程度ともいわれている。

 続き/詳細は・・・
  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170904-00000001-facta-soci

 ・・・ 当該記事は読売新聞 9/19付け記事

 〔生活調べ隊〕マンション修繕「不適切コンサル」

 ◇ 工費にリベート上乗せトラブル相次ぐ マンションの
 大規模修繕で、住民側に計画立案や施工業者選びについて助言する
 コンサルタント(コンサル)を巡るトラブルが相次いでいる。

   、、、をみたので、御紹介したく、探していたところ
 当該記事を見つけたものです。

 上記 MARTA の柴田さんには私が理事を務めているNPOで
面識があり、先日もご講演をお願いしました。 

 ニーズを確認しながら、県内のどこかに柴田氏をお呼びして、
NPOの活動として、改めて講演会をした方がいいのかな?とも
考えています。
  
=== 月末/月初ですが。 ===

☆ 日本ハム鎌ケ谷スタジアムHPより

  9/30・10/1は鎌スタ☆北海道まつり!

  ファイターズ鎌ケ谷スタジアムでは、9月30日(土)、
10月1日(日)のイースタン・リーグ公式戦(東京ヤクルト
スワローズ戦)において、北の味覚満載の
   《鎌スタ☆北海道まつり2017》を開催いたします。

 球場正面広場では、北海道にちなんだ飲食ブースが軒を
並べ、2017年最後の鎌スタでのファーム戦を彩ります。

 詳細は・・・
  https://www.fighters.co.jp/news/detail/00000505.html
        
=== 放射能/放射線問題 ===

☆ 印西市学校給食 放射性物質検査結果
 
 ≪検査対象施設、 :中央学校給食センター第二調理場≫
 
 給食丸ごと検査:給食提供日:9月11日〜9月15日
 放射性ヨウ素・放射性セシウム検出 無

 (検査日:9月21日)
 
 以下、詳細は

 => http://inzai.ed.jp/kyusyoku/?page_id=85
  
ぐんじとしのり 
 <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓

 → ご意見・ご要望はIDの * 部分を@に変えて、
   直接、メールをいただければ幸いです。


posted by ぐんじとしのり at 00:12| 千葉県印西市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

どこに確保する?

 台風が秋雨前線を刺激し、一日雨となった
今日17日(日)。3連休の方も多いと思いますが、
ニュースでは朝から晩まで(当たり前ですが)
行楽のニュースは全くなく、台風関連のみ。

 3連休最後の1日は天候に恵まれますように。

 −  −  −  −  −
 
 中央南、戸神台地区のマンションにお住いの方々より
マンション内で子どもたちが騒いでいることがあり、
市が子どもたちの施設をつくってほしいとの要望が
以前から寄せられ、今回、改めて市議会でとりあげて
みました。

 ※  ぐんじとしのり 一般質問 Q&A(5)

4 公園のありかたと子どもの遊び場確保について
(2)駅前センタービル内に商業活性化の意味で  
 大型の室内児童館、子どもセンターを設置・
 誘致できないか。
    
【健康福祉部長答弁】
  当該施設におきましては、現在、パチンコ店、
 居酒屋等が営業している状況であり、風俗営業の
 許可を取得する際の要件といたしまして、児童福祉
 施設から一定の距離が離れている必要があることから
 現状においては、児童館等の設置、誘致に適さない場所と
 考えております。
  市といたしましては、この周辺におきまして
 民間保育園2園が開園に伴い地域子育て支援拠点事業を
 実施し、子育て中の親子の交流や育児相談等に取り組んで
 いることから、広報いんざいやチラシの配布等により
 利用の周知を図っているところです。

【再質問】
  小学生の子どもたちの遊び場である児童館等の
 現状について、確認する。

【健康福祉部長答弁】
  児童に健全な遊びの場を提供していくことは、
 児童の健康を増進し、情操豊かに育成することを
 目的とする児童館の設置趣旨からも重要なことと
 認識しています。
  当該地区におきましては、中央駅前地域
 交流館内の遊戯室、学習コーナー、図書コーナー
 を小学生以上の児童の遊び場として提供している
 ところです。
  利用状況としましては、年々増えている状況です。

【再質問】
  今後、小学生の遊び場を確保していく考えはあるのか。

【健康福祉部長答弁】
  利用者も増えている状況等ありますので、現状を
 踏まえて、児童の健全な遊び場の確保について
 研究してまいりたいと考えています。

 −  −  −  −  −

 15056571510480.jpg
 ニュータウン駅前センタービル
 (旧ダイエービルと言うのはこのビルです。)
 
 *ぐんじとしのりブログ
   昔、ダイエーがあった。
  http://togu.seesaa.net/archives/20161114-1.html

 ・・・ 既に皆様ご存知のとおり、当該ビルに
  「トランクルーム」が近日中オープン予定ですが 
   その他にも企業の進出予定があります。
  (具体的な「開業予定日」がはっきりしないので、
  公表は控えたいと思います。スーパーではありません)

 −  −  −  −  −

  ニュータウン駅前センタービルの南側の建物と土地に
 ついて、15日(金)開催の「予算審査常任委員会」で
 今後、取得を市で検討するための費用計上がされました。
 (* URが平成30年度で撤退。土地=7621.08u
   取得は決定ではありません。)

  ここを児童館にしますか。。。。
  
=== 台風一過? ===

☆ 印西市HPより

 【開花情報】市内各施設のヒガンバナ

  市内のヒガンバナの開花情報をお送りします
 真っ青な秋の空に映える真っ赤なヒガンバナ
 ぜひ見にきてくだサイ!

  結縁寺(けちえんじ)
  
  龍腹寺(りゅうふくじ)

  いずれも駐車場はないので、公共機関か
 歩いてどうぞ。。。

 詳細は・・・
  http://www.city.inzai.lg.jp/0000007103.html
  
=== 「おさがりマルシェ」 ==

☆ 印西市初の試み
   〜 印西市/中央駅前地域交流館で開催

 印西市では、不用品の再利用を推進することによる
ゴミの減量化と、子育て世代の経済負担を軽減することを
目的として、子ども服のリユース事業「おさがりマルシェ」を
計画いたしました。

 11/25(土)の中央駅前地域交流館まつりにて開催予定!!

 「子ども服のみ回収いたします。」

 <対象>     印西市民のみ
 <持ち込み期間> 9/1〜9/30
 
 詳細は・・・
  http://www.city.inzai.lg.jp/cmsfiles/contents/0000000/776/cyuuou9.pdf
  (2ページ目をご覧ください。)
       
=== 放射能/放射線問題 ===

☆ 印西地区環境整備事業組合/印西クリーンセンター
 敷地境界における放射線量測定結果及び測定位置図

 (H29.9.11) .... 9地点(各5cm/1m)で計測しています。
  0.2μSV/hを越えている場所はありません。

 詳細は・・・
  http://www.inkan-jk.or.jp/creen/img/29-inkuri-houshanou-.pdf
  
ぐんじとしのり 
 <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓

 → ご意見・ご要望はIDの * 部分を@に変えて、
   直接、メールをいただければ幸いです。


posted by ぐんじとしのり at 00:11| 千葉県印西市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

マルエツが進出します。

 今日16日(土)ふれあい文化館(原)で、
 (仮称)フォレストモール印西牧の原 の
 大店立地法に基づく地元説明会が開催されました。

 説明に先立ち、出席者紹介があり、マルエツの
担当者が出席され、御紹介がありました。

 −  −  −  −  −

 以下、再掲します。

15036658697110.jpg

  右  薄赤部 (SM/スーパーマーケット)
       A棟 9時〜22時

  中  薄赤部 625u
  左中 薄赤部 518u
   左  薄赤部 566u

    (ドラッグストア 場所不明 
              B棟 9時〜22時)
   他、、、

 −  −  −  −  −

 右  薄赤部 (SM/スーパーマーケット)

 核店舗A店舗(1706u) 
  − スーパーマーケット部分に
        「マルエツ」が出店します。

   https://www.maruetsu.co.jp/
 
 ※ 大店立地法に基づく説明会なので、
 「出店社がどこか?」という質問は説明会の趣旨に
  なじまないものだとは思いますが、近隣住民に対する
  配慮から、マルエツさんは出席したようです。

 ※ また、サービス飲食店については、
  学習塾、クリーニング店他のようです。
 
 −  −  −  −  −

 説明会については、大店立地法に基づき(*)

 1.届出に関する事項
   (廃棄物保管施設、荷捌き施設等についてを含む)
 2. 交通に関する事項
 3.騒音に関する事項 について説明がありました。

  今後、大店立地法の手続きに従い、
 12月18日まで意見書の提出期間があり、
 ご意見のある方は、千葉県商工労働部経営支援課に
 意見書を提出することができます。

(*) 設置者が配慮すべき事項は、「交通」「騒音」
  「廃棄物」等生活環境に関する事項です。

<補足>
 * 新設をする日 平成30年4月1日(予定)
    −−− 手続、工事進捗で前後する可能性有

 * 営業時間 9時〜22時

 * 駐車場 148台 出入り口2か所
   利用可能時間 8時30分〜22時30分

 * 駐輪場 176台(56台+50台+70台)屋根なし

 その他 ひかりのおか公園から直接フォレストモールには
  入れません。(歩行者専用道路よりにフェンス有)

  モール内は基本的にバリアフリーで、段差がある場所には
  スロープ(坂)を設けるとのことです。

 ・・・ 個人的に何点か気になることがありますが、
  直接、フォレスト社に伺って、意見交換していきたいと
  思います。
    
=== お祝いしてきました。 ===

☆ いんザイ君「お誕生日会」  
  (イオンSCのNPO印西市観光協会で撮影)

 お祝いにいってきました。水戸いんザイ門が登場しました〜。 

15055656450410.jpg 
 誕生日ケーキ モワンシェールさん 作
       (店舗住所 印西市高花2-22-4)

15055658872482.jpg
 いんザイ君のおへや

15055658459760.jpg 
 水戸いんザイ門が登場 
 (大勢のお客様に囲まれていました。)

15055658681431.jpg
 いんザイ君ミニぬいぐるみ 販売中でした。 

 ・・・ 今日、秋の全国交通安全運動 出動式も
  予定され、上記説明会のため、少し遅れて見に
  行ったのですが、式典の気配がなく、、、
  市の職員に確認したところ、
  「中止」になったとのことでした。残念。

※「ゆるキャラRグランプリ2017」開催中
             いんザイ君を応援しよう!

 現在、投票を受け付けている「ゆるキャラRグランプリ2017」に
いんザイ君もエントリー中です。
 引き続き、皆さんの投票をお待ちしております!

【参考】「ゆるキャラ(R)グランプリ」いんザイ君のページ

  http://www.yurugp.jp/vote/detail.php?id=00001151

  ・・・ 1日1回投票できます。
      宜しくお願いします。

=== 千葉県HPより ===

☆ 平成30年度千葉県
   私立小・中・中等教育・高等学校生徒募集要項について
              発表日:平成29年9月12日
              千葉県総務部学事課
              043-223-2083

【募集人員】

 平成30年度私立小・中・中等教育・
 高等学校の児童・生徒募集数
(併設校からの内部進学予定者を除いた
        外部募集の人数)は次のとおりです。

 私立高等学校全日制(54校)
   募集人員13,247人(前年比111人増)
 私立高等学校通信制(8校)
   募集人員2,705人(前年比60人減)
 私立中等教育学校(1校)
   募集人員 前期・後期課程各15人(前年比同数)
 私立中学校(23校)
   募集人員3,470人(前年比20人増)
 私立小学校(10校)
   募集人員630人(前年比10人減)

 詳細は・・・
  http://www.pref.chiba.lg.jp/gakuji/press/2017/h30boshuu.html
      
=== 放射能/放射線問題 ===

☆ Sankei Biz より

核シェルターの整備へ補助金も
   政府、避難場所に地下施設活用を検討
          9/16(土) 7:15配信 SankeiBiz

 相次ぐ北朝鮮のミサイル発射や核実験を受け、日本政府が
核シェルターの普及促進に本腰を入れる可能性が出てきた。
 与党内でも必要性を求める声が高まっており、倉庫などを
地下に持つ民間企業や団体が周辺住民の避難受け入れに
協力すれば補助金を支給する案などが浮上しているという。

 ◆提供企業に優遇税制

 「核シェルターの学校や市町村役場での整備を
検討してほしい」「住宅の新築に合わせて核シェルターを
設置した場合、税制面で優遇措置を検討すべきだ」

 9月4日、自民党本部で開かれた「北朝鮮核実験・
ミサイル問題対策本部」。参加した多くの議員から、
核シェルターの整備を求める意見が上がった。
8月29日に北朝鮮の弾道ミサイルが北海道上空を通過した際、
政府は12道県に全国瞬時警報システム(Jアラート)で
危険を知らせた。住民からは「どこに逃げればいいのか」と
いった問い合わせが自治体などに相次いでおり、
議員の要求はこうした経緯を踏まえたものだ。

 実際、国民のミサイル攻撃への危機感は想像以上に強く、
この日以降、核シェルターの需要は急増している。
自宅の部屋をシェルター化できる空気濾過(ろか)装置の
販売会社や、地下核シェルターの施工会社には通常の
10倍近い問い合わせが殺到しているという。

 ただ、その多くはコンテナ型など地上に設置する
数百万円台のものが中心だ。当然、避難場所がないよりは
ましではあるが、「爆風や放射能への対応を考えると、
安全性を確保するためには地下空間にそれなりの規模の
シェルターを普及させる必要がある」(経済官庁幹部)と
いうのが政府の本音だ。

 現在、検討案として現実味を帯びそうなのが、
民間企業や団体が持つ地下施設の有効活用である。
手順としては、政府が各自治体に核やミサイル攻撃に
対応した避難計画の策定を指示。その際、地下施設を持つ
企業や団体を把握し、その施設の規模や構造などの詳細を
まとめるとみられる。

 そのデータを参考に、周辺住民の避難ルートなどを設計。
住民の避難場所として地下施設を提供する企業や団体に対し、
補助金を支給する案が想定される。

 避難所として利用できるような地下施設を持つ企業や
団体は都市部には散見されるものの、地方ほど少ないのが
現状とみられる。そのため、地方に核シェルターを新設する
企業や団体へは、補助率を引き上げるなどの手厚い優遇策が
検討される可能性もある。

 続き/詳細は・・・
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00000008-fsi-bus_all

 ・・・ 初耳。。。聞いたことありませんでした。  
  
ぐんじとしのり 
 <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓

 → ご意見・ご要望はIDの * 部分を@に変えて、
   直接、メールをいただければ幸いです。

posted by ぐんじとしのり at 00:03| 千葉県印西市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする