2017年05月26日

想像力の欠如?

 今日25日(木)印西市では平成29年度の
「印西市町内会自治会連合会総会」が開催され
私は市議会の「建設経済常任委員長」として、
出席させていただきました。
 
 * 市内の町内会自治会の数は172です。
  今日の総会には91(出席)+58(議決権行使)で
  成立しました。

 * 議案は、

   平成28年度の事業報告・決算
   会則の変更(連合会への新規加入2、解散1)
   平成29年度の事業計画・予算
   役員の選任   で、

         全ての議案は可決されました。

 * 事業計画の主なものとして、
     9月に市政学習会
    11月に研修会 の記載があります。

 * 予算としては、455,359円計上され、
   概ね会費を収入とし、通信費に代表される
   運営費と事業費で支出されるようです。

=== 矛盾するでしょう? ===

☆ 「キッズウイーク」導入を=
    安倍首相「親子の時間必要」―教育再生会議
           時事通信 5/24(水) 18:55配信

 政府の教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大総長)は
24日、首相官邸で会合を開き、安倍晋三首相は夏休みなどの
長期休暇を地域ごとに分散させる取り組み「キッズウイーク」を
導入する考えを表明した。

 同会議は6月上旬にもまとめる第10次提言に盛り込む
方向で調整する。

 キッズウイークは、夏休みなどから5日間を他の時期に移し、
前後の土曜、日曜と合わせて9連休とすることなどを想定。
親子で過ごす時間に充ててもらい、観光需要の分散化や
地域活性化につなげる狙いがある。 

 続き/詳細は・・・
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170524-00000133-jij-pol

 ・・・ あのですね。。。教育現場の現状をご存知なん
  でしょうか?昔と今は学習内容が大幅に増えています。
  更に、、、
 (まずは、私の一般質問をご紹介します。)

☆ ぐんじとしのり 6月定例議会一般質問内容(4)

1.新学習指導要領と印西市の対応について

 小学校で2020年度(中学校は21年度)から全面実施となる
新学習指導要領が3月に公示された。新学習指導要領は
「主体的・対話的で深い学び」や「カリキュラム・
マネージメント」といった新しい考えかたが入ってきたことに
加え、「学習の基盤となる資質・能力」として情報活用能力を
あげることなど、ICTに関する記述が増えていることが
大きな特徴と考えている。印西市ではこの新学習指導要領に
どのように取り組んでいくのか。

(1)新学習指導要領の実施にむけて、平成29年度は周知の
 期間と位置付けられている。

 @ 教職員への周知について、市では具体的にどのように
  考えているのか。
 
 A 市民への周知についてはどのように考えているのか。

(2)新学習指導要領のもとで教育の情報化や情報教育は
  どのようにすすんでいくのか。

 @ 文科省では「平成27年度学校における教育の情報化の
  実態等に関する調査」を行なった。調査結果は既に公表
  されているが、印西市ではこの結果についてどのように
  受け止めているのか。
 
 A 市内の小学校では新学習指導要領に従って、今後
  市では具体的にどのように情報教育に取り組んでいくのか。

  −  −  −  −  −

 新学習指導要領によれば、、、

 小学校では平成32年度から、中学年において外国語活動が、
高学年において教科としての外国語科が導入されることと
なるのは周知のことと思いますが、、、このことにより
年間何時間増えるかご存知なのでしょうか。。。
(具体的な増える時間数が提示されています。。
 無理でしょう。) 

 このような状況下で休みを増やす?正気の沙汰ではない。
 ゆとり教育の時代と勘違いしているのでしょうか?

  休みの総数を増やさないとしても、「休みの分散」だけで
 考えても、帰省先ではいとこは学校、、お父さんの
 出張仕事先も仕事、、ということも容易に想像できるはず
 ですが、、、想像力の欠如? 論外。
  
=== 日本経済新聞WEB刊より  ===

☆ 明治「カール」、東日本での販売終了へ
  ラインアップも2種に縮小
              2017/5/25 16:50

 明治は25日、スナック菓子「カール」シリーズの
販売を東日本で終了すると発表した。
 主力の坂戸工場(埼玉県坂戸市)など全国5カ所の
生産拠点のうち8月中に4カ所で生産を終了し、
子会社である四国明治(香川県三豊市)の松山工場
(松山市)1カ所に縮小して西日本限定で販売する。

 ラインアップも主力の「チーズあじ」「うすあじ」のみに
して、「カレーあじ」「大人の贅沢カール」
「小つぶカール」は生産終了する。

 カールは約50年間販売されてきたコーンのスナック菓子の
ロングセラー。テレビCMで長年使用してきたキャラクター
「カールおじさん」も認知度が高い。

 続き/詳細は・・・

 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ25I0J_V20C17A5000000/?dg=1

  ・・・ テレビ東京WBSでも放送され、
    ネットでも、SNSでも、この話題が
    まわってきました。 私はストックして
    おこうと思っています。。。。
    西にいったら、お土産ですね。
  
=== 放射能/放射線問題 ===

☆ 印西市学校給食 放射性物質検査結果
 
 ≪検査対象施設、 :滝野学校給食センター≫
  
 牛乳 茨城県、千葉県、栃木県
 油あげ 宮城県、しらたき 群馬県
 ごぼう 熊本県、白菜 茨城県
 
 給食丸ごと検査:給食提供日:5月15日〜5月19日
 放射性ヨウ素・放射性セシウム検出 無

 (検査日:5月25日、食材使用日:5月26日他)
 
 以下、詳細は

 => http://inzai.ed.jp/kyusyoku/?page_id=85
  
ぐんじとしのり 
 <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓

 → ご意見・ご要望はIDの * 部分を@に変えて、
   直接、メールをいただければ幸いです。


  
posted by ぐんじとしのり at 00:19| 文教政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

セミナー聴講しました。

 今週17日と18日の2日間、東京ビッグサイトでの
「教育ITソリューションEXPO」にいって
セミナーを聞いて来ました。

(1)17日(水) 

14950974353220.jpg
 次期学習指導要領改訂ポイントとICT活用

14950974603491.jpg
 子供たちが将来世界で活躍するために!
 小学生からプログラミング教育を

(2)18日(木)

14950975263391.jpg
 未来を担う世代にふさわしいICT教育充実をめざして
 〜多久市のめざす方向性と実践〜
 教育の情報化の動向と今後の展望

 ・・・ この3コマ(4項目)のセミナー以外にも
  展示会場内には(昨日のブログで御紹介しましたが)
  電子黒板、デジタル教科書、プログラミング教材
  eラーニング、そして子どもたちの登下校の
  見守りに至るまで、、、情報収集してきました。

  今度の6月議会の一般質問のテーマとしたいと
 思っています。
  
=== 展示会場のそばでは。 ===

☆ NHK NEWS WEBより

 小惑星の地球衝突 対策や課題話し合う国際会議始まる
               5月15日 17時16分

 小惑星などの地球への衝突にどう備えるか、世界各国の
宇宙機関や研究者らが集まり、対策や課題を話し合う
国際会議が、15日から東京で始まりました。
この国際会議は、東京・江東区の日本科学未来館で
15日から5日間の日程で行われ、NASA=アメリカ航空
宇宙局をはじめ、世界24の国から宇宙機関の関係者や
研究者およそ200人が参加しています。

国際天文学連合のまとめでは、地球に接近するおそれが
ある小惑星などは、この20年間に相次いで発見されて、
ことし2月現在で1万6000個余りに上り、小惑星などの
地球への衝突は現実的な脅威として研究者の間で認識が
高まりつつあります。

(中略)

 4年前のロシア 約1500人けが

世界各国の宇宙機関や研究者が、小惑星などの
地球への衝突に備える対策の重要性を痛感したのは4年前です。

2013年2月、ロシア中部のチェリャビンスク州で、
小惑星が大気圏に突入して爆発し、その際の衝撃で
建物のガラスが割れるなどして、住民およそ1500人が
けがをしました。

JAXA=宇宙航空研究開発機構の吉川真准教授は、
直後に現地に入り、地上に落下した隕石(いんせき)の
破片を回収するなどして調査を行いました。

 各国の研究者による調査の結果、小惑星の直径は
わずか20メートルほどと見られる一方、地上の被害の
範囲は東西100キロ余りにも及んでいることがわかりました。

それまで、地球に衝突して被害を及ぼす小惑星は、
直径100メートル以上と考えられてきただけに、
その5分の1の大きさで、大規模な影響が出たことに
吉川さんは大きな衝撃を受けたといいます。

続き/詳細は・・・
  http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170515/k10010982311000.html

 ・・・ ゆりかもめで行くと目と鼻の先では
  上述の様な会議が開催されていたようです。
  
   天文に興味がある私は参加することは
  できませんが、この国際会議を聴講できたら
  いいなとも思っています。

▼ 参考
   @地球に直径400kmの隕石が衝突したら

    https://youtu.be/bA2afzgT1iM

  ( ↑ 以前、私のこのブログで御紹介したことが
   あるかもしれませんが、、、かなりの衝撃の
   内容です。)
    
=== モヤさま ===

☆ 友人が登場します。

ボクササイズの先生から連絡がありました。
 
 −  −  −  −  −  

『モヤモヤさまぁ〜ず2』ご覧くださいね♬
今度の日曜日、21日の18:30からです!

http://www.tv-tokyo.co.jp/samaazu2/

昨日も何人かにアナウンスしたらば、
この番組、本当に有名ですね。
みなさんがご存知なのですからビックリ!
ということは、
とってもいい宣伝になるってことですね。

有り難い、有り難い★★★★★

 野口BXジム

 −  −  −  −  −  

 私の出身地の「北千住」が紹介されるようです。
 (モヤさまでは今回4回目?)

 世紀が変わる前後には
  「時代を無視する街=北千住」と
 言われていたのは遠い昔の話になりました。。。
      
=== 放射能/放射線問題 ===

☆ 印西市HPより
  
市民持ち込みによる食品・飲料の
         放射性物質検査の結果
               [2017年5月10日]

 市では、市民の食の安全、安心の確保のため、
消費者庁(国民生活センター)から測定機器の貸与を
受け、市民持ち込みによる食品、飲料の放射性物質検査を
実施しています。

 「たけのこ」 市内採取分

 放射性セシウム134、137が検出されています。
    
 詳細は・・・
  http://www.city.inzai.lg.jp/cmsfiles/contents/0000005/5191/H2904.pdf
      
ぐんじとしのり 
 <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓

 → ご意見・ご要望はIDの * 部分を@に変えて、
   直接、メールをいただければ幸いです。

posted by ぐんじとしのり at 00:25| 文教政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

資料を受け取りました。

今日17日(月)、市役所に書類を提出し、
資料を受け取って帰ってきました。

「学校適正規模・適正配置基本方針」

 以下、HPで公開されています。

※ 印西市学校適正規模・適正配置基本方針【概要版】
 www.city.inzai.lg.jp/cmsfiles/contents/0000005/6000/gaiyou.pdf

 今回、印刷製本業務が完了したとのことで、
冊子としてもらってきました。
 
 内容について、確認していきますが、以下に、
3月議会での会派「新政」の質疑について
ご紹介します。
 
☆ ぐんじとしのり 会派代表質問 Q&A(17)

4 市内小中学校の運営について
(1)学校規模の適正化について
 市内大規模校となっている小倉台小学校と
原小学校ではさらに多数の児童の入学により
学習環境にも影響を及ぼしていくものと考えている。

 それぞれの学校では短期的には教室の増設等による
対策をとっているが、中長期的にどのような方針を立て、
対応していくのか。

<回答> 小倉台小学校の大規模校対策につきましては、
 今後、更なる教室数の不足が予測されますことから、
 内野小学校及び原山中学校と連携した通学区域制度の
 弾力的な運用を引き続き行いながら、学校敷地内に
 2階建て、8教室分を増築し、対応を図ってまいりたいと
 考えております。
  今後のスケジュールにつきましては、本年度中
(平成28年度)に設計業務を完了させ、平成29年度中に
 建築工事が完成するよう進めてまいります。

 次に、原小学校の大規模校対策につきましては、
 学区内における開発の動向を注視しながら、児童数の
 増加が将来的にも継続すると見込まれる場合は、
 通学区域の見直しなど、適切な対応を図ってまいりたいと
 考えております。

 ・・・ 今後を見据えて、議論していきたいと
  思います。
       
=== ルール変更です。 ===
 
☆ 日本経済新聞WEB刊 より

 民法改正案が衆院通過 契約ルール抜本見直し
     2017/4/14 9:19 (2017/4/14 13:48更新)

 企業や消費者の契約ルールを定める債権関係規定
(債権法)に関する民法改正案が14日午後、衆院本会議で
与野党の賛成多数で可決し、衆院を通過した。
 参院での審議を経て今国会で成立する見通しだ。
債権部分の抜本改正は民法制定以来、約120年ぶりとなる。
時代の変化に対応するのが狙いで、判例で定着したルールを
法案に明記した。

 詳細は・・・
  http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS13H70_U7A410C1MM0000/

 ・・・ 来年には施行になると思われ、、、
  詳細に勉強しないと、、です。
  (実務的には変わらず、明文化されただけ。。。
   とも聞いています。勉強ですね。)

=== 自動運転って?  ===

☆ NHK NEWS WEB より

  自動運転機能付きの車 警察庁が注意呼びかけ指示
                 4月17日 16時45分

 去年11月、自動運転の機能付きの車が追突事故を
起こしたのは機能を過信していたためだとして、
警察庁は、自動運転についてドライバーに注意を
呼びかけるよう全国の警察本部に指示しました。

去年11月、千葉県八千代市で、自動運転の機能が
ついた自動車販売店の試乗車が追突事故を起こし、
前の車に乗っていた2人が軽いけがをしました。
 当時、客と一緒に乗っていた販売店の社員が
「ブレーキを踏むのをがまんしてください」などと
客に指示していて、警察は、自動運転の機能を
過信していたことが原因だとして先週の14日、
販売店の社員と店長を業務上過失傷害の疑いで
書類送検しました。

 詳細は。。。
  http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170417/k10010951411000.html

 ・・・ 私は全く自動運転を信じられず、
   例えば、世の中が自動運転だらけになった時に、
   平成になったばかりの頃にあった「磁気嵐(*)」が
   日本であったら、大事故が起きる、、と思っている
   のは私だけでしょうか? 
    運転免許は今まで通り取得して、いざという時には
   運転して、対応することを当然として欲しいものです。
 
 (*)参考
  特集:太陽 - 地球系の気候と天気 - 名古屋大学太陽地球環境研究所
  http://www.stelab.nagoya-u.ac.jp/ste-www1/pub/ste-nl/Newsletter28.pdf 
  
=== 放射能/放射線問題 ===

☆ 印西地区環境整備事業組合/印西クリーンセンター

 平成28年度 印西クリーンセンター
        放射性物質測定結果(排ガス)

採取日:H29.3.24

 1号炉の排ガスの放射能量を
  ダスド部・ドレイン部で計測しています。

ダスト部:排ガスを採取器具内にある
ろ紙で透過させることで測定
ドレン部:排ガスを採取器具内にある
精製水に吸収させることで測定

 放射性セシウム134、137 いずれも
  全ての計測地点で「検出限界値以下」となっています。

 詳細は・・・
  http://www.inkan-jk.or.jp/creen/img/28-haigasu-houshanou-.pdf
  
ぐんじとしのり 
 <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓

 → ご意見・ご要望はIDの * 部分を@に変えて、
   直接、メールをいただければ幸いです。




posted by ぐんじとしのり at 00:05| 文教政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする