2020年01月29日

今日も聞きました。

 今日28日(火)も昨日に引き続き琵琶湖のほとり・大津市の
全国市町村国際文化研修所(「国際文化アカデミー」)で
開催中の「市町村議会議員特別セミナー」に出席しました。
 
 今日も2つの講義をお聞きしました。
 
B 関西大学人間健康学部人間健康学科
   教授 山縣 文治 氏

  「児童福祉の現状と課題」

C 東近江圏域働き・暮らし応援センター
   ”Tekito-” センター長 野々村 光子 氏

  「10年後の彼を見つめた就労支援」
    〜 未来への下ごしらえ〜

Bのセミナーについては資料の説明を飛ばした部分があり、
少し残念でしたが、いずれのセミナーも内容的には満足の
いくものでした。(Cについては、講演者に対して、セミナー
後の質問で「吉本新喜劇」を聞いているようだったというほどに
苦労を笑いに代えてきた引き込まれるような内容でした。)
 
 −  −  −  −  −
 
 行き、帰りと京都の駅を通りましたが、いつもに比べ
明らかに観光客が減り(つまり中国人客)、歩きやすい構内
でしたが、マスク姿の観光客も大勢見ました。
 
 ☆ 印西市HPより

   新型コロナウイルスに関連した肺炎について
                    [2020年1月28日]
 
 令和2年1月16日、厚生労働省が、神奈川県において
中華⼈⺠共和国湖北省武漢市の滞在歴がある肺炎の患者から
新型コロナウイルスが検出されたと発表しました。(国内1例目)

(参考)コロナウイルスについて
人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。人に
感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが,
深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV
(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV
(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は,感染しても
通常の風邪などの重度でない症状にとどまります。

 (中略)

 市民の皆さまへ
  市民の皆様におかれましては、過度に心配することなく、
 咳エチケットや手洗い等、インフルエンザなどと同様の
 感染対策をお願いします。

 詳細は・・・
  http://www.city.inzai.lg.jp/0000010308.html

 ▼ 参考 MSN・共同通信社ニュースより

 武漢市への渡航歴ない感染者確認
             共同通信社 2020/01/28 17:45

 加藤勝信厚労相は28日、国内で新たに2例の
新型コロナウイルス感染者が確認されたことを明らかにした。
1人は中国の滞在歴がないバスの運転手で1月に2回武漢市からの
ツアー客を乗せた。

 引用元:
  https://www.msn.com/ja-jp/news/national/武漢市への渡航歴ない感染者確認/ar-BBZoCcx?ocid=spartanntp
  
 ・・・ 私も一応、気を遣い京都・唐崎にいる際には
   マスク着用で過ごしました。

  −  −  −  −  −

* 昨日27日(月)に受講したセミナーの内容です。

A 東京大学高齢社会総合研究機構
  特任教授 辻哲夫 氏

 「超高齢社会の現状と地域包括ケアによるまちづくり」

 2040年に向かって、物凄いことが起こる

 どうすればいい?
 人口減少社会をどう迎えるのか?

 1 誰もが100歳になる可能性がある
   我々の生涯の生き方を見直す必要性がある
 2 団塊の世代が75歳を超えるとき 2025年-2040年まで
   次の超高齢社会を迎える。

  85歳以上の人口が劇的に伸びる時代
  社会のシステムを見直していかねければならない。

  今でも、、、認知症700万人

 2025年 一人暮らしが40% 30%夫婦だけ
  一人暮らしの在宅ケアをどうするのか?

 85歳以上、長生きする人が多くなる中、
 一方で病院で亡くなる人は受け入れられるのか?
 施設はどうか?
  
 都市部の高齢化が問題であることを認識すべき。

 ・ 生活習慣病を防ぐ

  弱るのを、いかに遅らせるか
  やっぱり最後は人にお世話になる。
 「最後も幸せだった」と思わせる。どうする?
  <できるかぎり元気に 弱っても安心>

  介護予防はもっと早期に
  早い段階で がんばることができる。

  老年医学会 早い段階で対応する。
   「早期に」介護予防する。

  フレイル予防をメインと考える。

  食べる。
  太るのが怖い?
   > 年を取ったら小太りのほうが長生き
  75歳以降は しっかりと食べるべき。

  歯科口腔機能が大事
  口の力、飲み込む力

 もともとは、、社会とのかかわり方が弱くなったら
  フレイルチェック 22項目
 
 
 ・「医療政策が問い直されている。」

   家に医療がきていない。
   訪問医療の必要性を考えるべき 

  在宅に訪問する医療がかけている。
  最後に何かあったら病院にいかなくてはならない。

  同じ病状でも在宅でいたら?
   生きてさえいればいい問題ではない!

  自宅にいれば・・・

  どうしても最後は在宅で
  そうでなければ、地域包括ケアは完成しない

 制度をつくることは市町村の責任
 
 ・ 柏 豊四季台地区をケーススタディ
  (当時は地域包括ケアという言葉がなかった)

  多職種連携で動く

  地域医療構想
   在宅に戻るシステムがなければ無理

  ICTで多職種で結ぶ ???
   必要条件でなくて、充分条件であるべき。

 最後に医者が出こてないと地域包括ケアはなりたたない。

 研修プログラム

 医師がファシリティテーターになってほしい。

 ・ 2040年に人口減少社会へ

  空き家が増え、廃墟になっていく。

  ベースは医療と介護
   提供できない。だから、施設にいく
   医療と介護がないから病院にいく。

 最後まで住み切れる
 新しい人が住みに来る住宅を目指して

 コンパクトシティ+ネットワーク
   ほっといてもコンパクトシティになるしかない。  
   住み切れる地域でなければならない
   医療、介護
   小規模多機能のサテライトで
   地域を守る。

 市町村のビジョンでつくっていく。

 あるべき社会は共生社会

 年金はつぶれない。
  
 介護と医療費は増える
  良いシステムをつくって負担は増える

 社会保障
  介護と子ども対策にお金をつぎ込む

 増税した分を必ず社会保障につぎ込む

 国民負担率ではなくて、国民助け合い率

 広く負担して、社会保障を支えなくてはならない。

 −  −  −  −  −

 柏豊四季台団地で現場にたってきた先生の講演は
非常にわかりやすく勉強になりました。
 
=== 対象者限定のようですが。 ===

☆ 印西市HPより

 高齢者福祉計画及び
     介護保険事業計画策定に関するアンケート
                  [2020年1月23日]

 アンケート調査にご協力をお願いします。

 介護保険法に基づき、三年に一度の見直しが定められている
高齢者福祉計画及び介護保険事業計画を策定するにあたり、
市ではアンケート調査を実施します。

 調査は「介護予防・日常生活圏域ニーズ調査」及び
「在宅介護実態調査」の二種類の調査を実施します。

 詳細は・・・
  http://www.city.inzai.lg.jp/0000010301.html

 ・・・ 次期計画策定のためにお力を貸してください。

=== ご確認ください。 ===

☆ 印西市HPより

 印西市刑法犯認知件数(平成23年〜平成31年・令和元年)

 平成23年から平成31年・令和元年までの
印西市刑法犯認知件数です。

防犯対策の参考としてください。

印西市刑法犯認知件数

 平成31年・令和元年印西市刑法犯認知件数グラフ付き
         (ファイル名:H31-R1.pdf サイズ:372.41KB)

 http://www.city.inzai.lg.jp/cmsfiles/contents/0000002/2957/H31-R1.pdf

 ・・・ 自動車盗難の数字が昨年対比で増えていますので
   充分にご留意ください。

=== 放射能/放射線問題 ===

☆ 印西市学校給食 放射性物質検査結果
 
 ≪検査対象施設:中央学校給食センター第二調理場≫
  牛肉 国産、キウイフルーツ 千葉県
  長ねぎ 千葉県、ほうれん草 千葉県
  セロリー 千葉県

 放射性ヨウ素・放射性セシウム検出 無

 (検査日:1月28日、食材使用日:2月4日他)
 
 以下、詳細は
 放射性ヨウ素・放射性セシウム検出 無

 => http://inzai.ed.jp/kyusyoku/?page_id=85

ぐんじとしのり 
 <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓

 → ご意見・ご要望はIDの * 部分を@に変えて、
   直接、メールをいただければ幸いです。


posted by ぐんじとしのり at 00:27| 健康福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

明日は冬至

明日22日(日)は冬至になります。
 
  太陽が冬至点を通過する時。毎年12月22日ころ。
 太陽は最も南にかたより,北半球では一年中で昼が最も短くなる。
 夏至の対。この日北半球では春を呼ぶ種々の儀礼を行う。
 北欧では燃える円板(太陽を象徴)をころがし冬至のダンスをする。
 クリスマスも冬至の祭と密接な関連をもつ。

  日本では暦の未発達な時代旧11月下弦の日を冬至の目じるしとし、
 この夜一陽来復をもたらす神聖な旅人(弘法大師など)が村々を
 訪れるといい,旧11月24日大師講を行う所もある。
 
  またこの日カボチャやこんにゃくを食べ,ユズ湯に入れば
 病気にならないという所も多い。

 コトバンクより  https://kotobank.jp/word/冬至-103596
  
 いろいろ書いてあります。 
 
 寒くなりそうです。

 関東地方も午後は南部で雨が降りだし、次第に雨の範囲が
広がるでしょう。冷たい空気がたまっているため、融けずに
雪のまま地上に落ちてくる所がありそう。

 https://tenki.jp/forecaster/miyata_y/2019/12/21/6971.html

 クリスマス、年末年始に向かい、ご自愛ください。

=== 年末年始に向けて ===

 寒暖差が激しく、また今週から冬本番のような報道も
あるようです。
  
☆ 一般質問の質疑をご紹介します。
 
 2 地域包括ケアシステムの構築に向けて

 高齢者の介護・医療施策においては「地域包括ケアシステム」の
構築が大きな柱となっている。地域包括ケアシステムの構築の
ためには在宅介護・医療を推進することが求められるが、
印西市の現状と今後について確認する。

【質問】 かかりつけ医を持つことについての啓発は
 行われているのか。

【回答】 可能な限り住み慣れた地域で自分らしい暮らしを
 人生の最期まで続けることができるよう、地域包括ケア
 システムの構築を進めるためには、医療と介護の連携を図る、
 地域に根差したかかりつけ医の存在が重要です。

  平成30年度に行った在宅医療・介護連携推進に関する
市民アンケート調査では、4割の方が「かかりつけ医が
 いる」と答えており、「かかりつけ医と言えるか
 分からないが、いつも受診する医療機関は決まっている」と
 合わせると8割を超えていました。
 
   また、かかりつけ医の必要性についても「とても必要」
 「やや必要」と肯定的な意見が9割を超えており、年代が
 高くなるにつれて必要と感じる方は多くなる傾向にありました。
 
  なお、啓発事業につきましては、現在行っておりませんが、
 これらを踏まえ、いつまでも地域で暮らすために、
 必要に応じ専門医を紹介し、日ごろの健康相談や在宅療養を
 受けることを選択する際も、また介護認定を受けるうえでも
 気軽に相談できる、かかりつけ医の必要性について周知、
 啓発を図ってまいりたいと考えています。
  
【再質問】 医療と介護の連携を図る上で、かかりつけ医を
 持つということは重要であるということですが、
 今後の啓発事業として、広報、パンフレット作成、回覧などに
 より、周知してほしいと思いますが、いかがですか。

【回答】 現状としては、広報の保健センター通信欄において、
 毎回周知啓発を行っています。
  今後は、市民お一人お一人に、何故かかりつけ医を持つことが
 必要かをご理解いただき、自分自身のこと家族のことを
 相談できる、かかりつけ医を持つことができるよう、
 ホームページ、介護と医療サポートガイド等においても周知を
 行って参ります。

 ・・・ 周知活動を進めてほしい旨を伝えました。

=== 年末・年始は何処へ? ===

☆ FEEL成田 HPより
 
(1)納め札お焚き上げ 柴灯大護摩供 12月28日(土)

  開催場所:成田山新勝寺 大本堂左側広場

 今年最後のご縁日である12月28日に、1年間に納められた
古いお札をお焚き上げて御利益に感謝する
 「納め札お焚き上げ 柴灯(さいとう)大護摩供」が行われます。

 成田山へ納められた、不動明王のご分身である古いお札を
智慧の炎で焚き上げ、1年間の御加護に感謝することを
 「納め札お焚き上げ」といいます。

 そして、柴灯大護摩供とは、古来、山伏が山岳修行の際、
柴(しば)を使い護摩壇を設け、所願成就を祈念する伝統行事です。

 皆様のお願い事とお名前を書いた護摩木を道場中央に設けた
護摩壇の炉に投じ、お不動様の智慧の炎によって清浄な願い事として
所願成就を祈念します。

 当日も、護摩木の申込みが可能ですので、この機会に是非
御祈願されるのはいかがでしょうか。

 詳細は・・・
  http://www.nrtk.jp/enjoy/shikisaisai/otakiage.html

(2)2020年1月 成田山周辺の交通規制について

 年末年始の成田は大変混み合いますので、通行には十分に
ご注意ください。

 1月中、成田山周辺は大変混雑しますので、なるべく公共交通機関を
ご利用くださいますようお願いします。

 成田山初詣交通規制(第1種規制)
  規制日時
   2019年12月31日21時から2020年1月1日19時まで
   2020年1月2日から1月3日までの各日9時30分から18時まで

成田山初詣交通規制(第2種規制)
  規制日時
    2020年1月4日から1月31日まで

 ※ 交通規制期間中は、成田山表参道沿いの市営駐車場(コイン式)は
 規制区域内につきご利用になれませんので、ご注意ください。

 詳細は・・・・
   http://www.nrtk.jp/news/20191203.html
  
=== 放射能/放射線問題 ===

☆ 印西地区環境整備事業組合/印西クリーンセンター
 敷地境界における放射線量測定結果及び測定位置図

 (令和元年12月16日) .... 9地点(各5cm/1m)で計測しています。
  0.2μSV/hを越えている場所はありません。

詳細は・・・
  http://www.inkan-jk.or.jp/creen/img/01-inkuri-houshanou-.pdf

 (焼却している廃棄物や持ち込まれる廃棄物による
  放射線量を示しています。一つの基準である年間1mSVに
  達する値が0.23μSV/Hとなっています。)
   
ぐんじとしのり 
 <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓

 → ご意見・ご要望はIDの * 部分を@に変えて、
   直接、メールをいただければ幸いです。


posted by ぐんじとしのり at 00:19| 健康福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月18日

配布しています。

今年も、「門松カード」を配布中です。


15765874389361.jpg 
お正月の「門松カード」が市役所の入り口に
置いてありました。

15765874069340.jpg
 市役所正面入って左側の棚の上にあります。

 例年、市民のニーズに応え、市役所・支所・
出張所・公民館などの公共機関及び市内郵便局に
配布場所が設置されています。

 − 広報いんざい 令和元年12月1日号に記載が
  あります。

 広報いんざい 令和元年12月1日号 No.892
  http://www.city.inzai.lg.jp/0000010128.html

※ 市のHP上では以下の通り、

 「門松カード」の配布及びダウンロードについて
                 [2018年11月26日]

    、、、、 といった記載があります。
  
  内容的には、2018年を2019年と読み替えても
 いいのかなと思っていますので、門松カードが必要で
 お時間がないお方はダウンロードしていただいても
 いいと私個人としては思っています。
 
  2週間後には、大晦日? 新年?
  
  私は日々作業に追われて、年末だというのは、
 理解していますが、なんの準備もできていません。。。 

==  一般質問の質疑を記載します。  ==

 4日(水曜日)に市議会本会議で行った一般質問の
質疑を以下でご紹介します。

☆ 「読書バリアフリーと図書館のありかたについて」

「視覚等の障害の有無にかかわらず、すべての方々が
等しく読書を通じて、文学・活字文化からの恩恵を
受けられる社会の実現」を目的に、読書環境の整備を
総合的かつ計画的に推進することを目指し、本年6月、
国会にて読書バリアフリー法が可決・成立した。

 17条から成るこの法律は、図書館の利用に関する
体制の整備等と求めているが、印西市はこの法律が
成立したことで、どのように対応を進めていくのか。

<質問>
(1)デジタル図書館についての検討は行っているか。

<回答> デジタル図書館については、印西市第4次
 情報化計画において、生涯学習環境の充実を図るための
 実施事業として、デジタルライブラリーの拡充等を
 検討しているところです。
  また、デジタル化資料を利用したサービスとして、
 平成30年11月より大森図書館・小倉台図書館の
 検索用端末において、国立国会図書館のデジタル化した
 資料のうち、インターネット公開されていない、
 絶版などの理由で入手困難な資料を閲覧・複写できる
 サービスを導入しています。

<再質問> 読書バリアフリーについて確認をして
 いきたいと思います。

 @ 現在の視覚障害者用資料の整備状況は、
  どうなっていますか。

 回答 令和元年12月1日現在で、印西市立図書館の
 視覚障害者用資料の蔵書点数は、デイジー図書が1点、
 オーディオブックが245点、点字図書が160点、
 大活字本が2007点となっています。

 A 視覚障害者用資料の貸出状況は? 

 回答 視覚障害者用資料の貸出状況については、
 大活字本が平成30年度において、1,751件の利用がありました。
  また、「録音図書等の郵送貸出サービス」として、
「点字毎日」というデイジー図書が、平成28年度に19件、
 平成29年度に8件の利用実績がありました。
 なお、点字図書は年度集計できませんが、現在まで
 854件の利用実績となっています。

 B 読書バリアフリー法施行後の印西市立図書館の
 取り組みはどうなっていますか。

 回答 現在、県立図書館等が主催する読書バリアフリー法
  関連の内容を含む研修への参加等を通じまして、
 職員の基礎知識の習得及び情報収集に努めているところです。
  今後も、引き続き国や県、他自治体の動向を注視し、
 読書環境の整備につとめてまいりたいと考えています。
 
 C  障がいをお持ちの方からの図書館への希望は、
  把握していますか。

 回答 大森図書館の「車いす使用者用駐車施設」について、
  正面玄関付近に変更したほうが良いというご意見や、
 今年9月に大森図書館で実施した「大人のおはなし会」で、
 難聴の方の聞こえを支援する「携帯型磁気ループシステム」を
 使用してほしいという要望がありました。

 D  障害をお持ちの方に対しての図書館利用への啓発は。

 回答 現在のところ、障害のある方に対するサービスに
  ついては、利用が少ない状況となっています。
   今後は、障がい福祉担当部署や関係団体等と連携、
  協力し合い、必要な方に必要な資料やサービスが
  ご利用いただけますよう、効果的な周知方法について
  検討してまいりたいと考えています。 

 ぐんじとしのりより、、、

  今、ある書籍の活用と共にデジタル図書館の推進を
 お願いしたい。

 (デジタル図書館についてはさらに質問を続けています。
  改めてご紹介します。) 
    
=== サンタクロースがやってくる。 ===

☆ イオンモール千葉ニュータウン HPより (抜粋)

 神出鬼没にサンタクロースと海外のアコーディオン奏者が
クリスマスソングを奏でながらみんなと楽しく館内を歩きます。

 一緒に写真を撮ったりお菓子のプレゼントをもらおう!!

 小さなお子様からご年配の方までみんなが笑顔になる心温まる
イベントです。

 ※ お菓子のプレゼントはお子さまに限らせて頂き、
  無くなり次第終了となります。

 ※ このイベントは、駐車場対象外です。

 日程 2019/12/21 (土)

 時間 [1]11:00〜 [2]13:00〜 [3]15:00〜(各回約30分)

 場所 モール棟 館内各所
  
 詳細は・・・
 https://chibanewtown-aeonmall.com/news/event/1912
  
=== 放射能/放射線問題 ===

☆ 印西市学校給食 放射性物質検査結果
 
 ≪検査対象施設、 :印旛学校給食センター≫

 きゅうり 千葉県、大根 千葉県
 長ねぎ 千葉県、もやし 栃木県
 ごぼう 茨城県

 (検査日:12月17日、食材使用日:1月9日他)

 放射性ヨウ素・放射性セシウム検出 無

 以下、詳細は
 => http://inzai.ed.jp/kyusyoku/?page_id=85
  
ぐんじとしのり 
 <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓

 → ご意見・ご要望はIDの * 部分を@に変えて、
   直接、メールをいただければ幸いです。


 
posted by ぐんじとしのり at 00:05| 健康福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする