2019年02月03日

勉強しました。

今日2日(土)、市の文化ホールで、コスモスの丘診療所
進藤哲先生が中心となって「在宅医療・在宅看取りを
考えるシンポジウム」があり、聞いてきました。

15490897245310.jpg

15490897674171.jpg
 会場には250人以上が集まりました。

 講演としては、

  在宅医療とは
  在宅看取りとは
  緩和ケア/がんの予後告知 

    が中心であり、充実の内容でした。

 + 進藤先生が講演中に紹介してくれました。
 
  ちば医療ナビ
   千葉県医療情報提供システム
    http://www.iryo.pref.chiba.lg.jp/

 ・在宅医療は入院と外来の中間に位置する。
 ・抗認知症薬について
  (以下の記事をご紹介いただきました。)

 ▼ 参考
   共同ニュースより

  認知症薬、副作用で中止も検討を
  高齢者への処方見直しで厚労省
                2019/1/25 19:39
            c一般社団法人共同通信社

 厚生労働省の有識者検討会は25日、認知症の治療薬を
使用中に幻覚や暴力、めまいなどの副作用が疑われる症状が
出た場合は、医師らに中止や薬の変更を検討するよう
求める方針を決めた。

 多くの薬を服用することが多い高齢者に副作用などの
トラブルが出るのを防ぐのが目的。昨年5月にまとめた
過剰処方を見直すための指針に追加する。

 続き/詳細は・・・
  https://this.kiji.is/461480952951407713

 ・ 緩和ケアとはがんと診断されてから行われるもの。
 ・ 末期がんは、介護保険の申請対象となる。

(この件については、2号被保険者の問題と一緒に、
 過去の市議会定例会で取り上げています。)

 ▼ 参考 ぐんじとしのりブログ
  
  http://togu.seesaa.net/archives/20180411-1.html
 (ブログの内容をスクロールして中程の段落から
  ご覧ください。定例会の質疑を掲載しています。)
  
 ・ 在宅で最期を迎えたいのであれば、救急車を
  呼んではいけない。
  (あらかじめ、家族、かかりつけ医と共に、
   アドバンス・ケア・プランニング※を行い、文書として
   残しておく。)

 ※「将来の意思決定能力の低下に備えて、患者そのご家族と
  ケア全体の目標や具体的な治療・療養について話し合う
  過程」。 簡単に言うと“もしものための話し合い”です
 
  他にも内容盛りだくさんで私には非常に有益で
 勉強になった講演会でした。
(予定の16時を大幅に超えて、16時30分までの会となりました。)

  参加者は250人以上。盛会だったと思います。
 進藤先生をはじめ、関係各位の尽力、ありがとうございました。
(ただ、残念ながら、市議21人全員にご案内が行ったと
 思いますが、参加していたのは私を含めて3名だけだった
 ことを付け加えておきます。)

 ※ コスモスの丘診療所 ホームページ
     https://cosmoshill.jimdo.com/

=== 一般質問を行います。 ===

☆ 2月14日から開催予定の市議会定例会で今回も
 「地域包括ケア」をとりあげ、一般質問を行います。
  以下でご紹介します。

1 地域包括ケアシステムにフレイル予防の考え方を。

 人は年を取ると段々と体の力が弱くなり、外出する機会が
減り、病気にならないまでも手助けや介護が必要となってきます。
 住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続ける事ができることを
目指す地域包括ケアシステムでは「介護予防」が位置づけられて
いますが、印西市では「フレイル予防」という概念が充分で
ないように感じられる。今後、施策として実現していくべき
ではないか。 以下を確認する。

(1)健康長寿の3つの柱という考え方は、周知されているのか。

(2)医療機関等と連携したフレイルチェック、フレイルサポーター
 養成をすべきではないか

(3)フレイル予防を施策として位置づけ、地域で多面的に関わりを
 持たせフレイル対策を行っていくべきではないか

* 参考
「フレイル」とは、健常な状態と要介護状態(日常生活でサポートが
必要な状態)の中間の状態として、日本老年医学会が2014年に提唱した。
  多くの高齢者は健常な状態から、筋力が衰える「サルコペニア」と
いう状態を経て、さらに生活機能が全般に衰える「フレイル」となり、
要介護状態に至ります。

=== 暖かくなりそうですね。 ===

☆ 明日は節分です。

 立春早々に「春一番」か 春は大風の季節
        白石 圭子 日本気象協会  本社 白石 圭子
                    2019年02月02日09:35
  
 3日(日)から4日(月)は、広く南風が強めに吹き、気温が上昇。
立春早々に春一番を観測する可能性も。東京で4日に春一番が吹くと、
過去の最も早い記録を更新することに。

 ポイント解説へ
  3日「節分」鬼は外! 寒気退き春の雨 次第に荒れる
  4日「立春」東京都心で南風8m/sを予想 最も早い春一番か
  桜が咲く頃から満開の頃の気温に
 「春の嵐」強風だけじゃない 気をつけること

 詳細は・・・
  https://tenki.jp/forecaster/k_shiraishi/2019/02/02/3520.html

▼ 参考 こんなニュースも見つけました。

 YAHOOニュース/ウェザーニュースより
 
 首都圏で6年ぶりの大量飛散!? 今から始める3つの花粉症対策!
             1/20(日) 7:04配信 ウェザーニュース

  2019年春のスキ?・ヒノキ花粉シーズンの花粉飛散量は、
ほぼ全国的に平年並か、平年より多い予想です。
 全国平均で平年の6割増となり、特に東日本を中心に予想飛散量が
平年の1.5〜3倍になるとみています。

 詳細は・・・
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-00007154-weather-soci

=== 放射能/放射線問題 ===

☆ 印西地区環境整備事業組合/印西クリーンセンター

 平成30年度 印西地区環境整備事業組合
        一般廃棄物最終処分場放射能量測定結果    
               (1月22日 計測分)

 放流水、上流観測井、下流観測井での放射能量を観測しています。

 放射性セシウム134、137 いずれも
  全ての計測地点で「検出限界値以下」となっています。

 詳細は・・・
  http://www.inkan-jk.or.jp/last/img/30-shobunjyou-houryusui-.pdf

ぐんじとしのり 
 <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓

 → ご意見・ご要望はIDの * 部分を@に変えて、
   直接、メールをいただければ幸いです。
  

posted by ぐんじとしのり at 00:00| 健康福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

警報が出ています。

☆ 千葉県HPより
   インフルエンザ警報の発令について(平成31年1月16日)
                   発表日:平成31年1月16日
                     健康福祉部疾病対策課

 本県では、1月9日に定点当たり患者報告数が11.22となったため、
インフルエンザ注意報を発令したところです。

 その後、2019年第2週(1月7日〜1月13日)の定点当たり患者報告数は
前週の3倍以上である41.33と急増し、国の定める警報基準値(30)を
超えたため、インフルエンザの予防対策を更に徹底するよう
注意を喚起するため、本日、「インフルエンザ警報」を発令しました。

 インフルエンザは、突然の高熱、頭痛、関節痛など、普通の
風邪に比べて全身症状が強く、気管支炎や肺炎などを合併し
重症化することが多いので、体力のない高齢者や乳幼児などは、
特に注意が必要です。

 詳細は・・・
  https://www.pref.chiba.lg.jp/shippei/press/2018/infulu-keihou.html


 ところで、、今日16日(水)市内のお母さまから連絡があり、
インフルエンザが流行していますが、回復し、学校に出るためには
医師による治癒証明が必要だというのですが、、、という連絡を
もらいました。

 しかし、、、千葉市では、必要がないのですが?という
質問を受けて、、、(以下、添付します。)

 −  −  −  −  −

 千葉市では、医師によりインフルエンザと診断された場合には、
学校保健安全法(第19条)により、出席停止等の措置を行うと
ともに、登校再開の際に「登校許可証明書(千葉市版)」にて
医師の証明をいただいておりました。

 しかし、医師の証明にかかる費用等で保護者に負担がかかることや、
平成30年10月に厚生労働省より、「インフルエンザり患後の
治癒証明については、医療機関へ過剰な負担をかける恐れがある。」と、
医療機関への負担を考慮した見解が示されたことを踏まえ、
平成30年11月1日の登校より、インフルエンザに限り、様式1
に示した「インフルエンザにおける療養報告書」のとおり、保護者記載に
よる報告書への変更を行うことになりました。
(他の感染症はこれまでどおりです。)

 続きは/以下、引用元をご覧ください。
 http://www.cabinet-cbc.ed.jp/school/es/126/influenza/influenza1.pdf

 −  −  −  −  −

 「印西市では?」と変わっていませんか?と改めて聞かれたので、
印西市教育委員会に確認したところ、印西市内の学校では
全て医療機関による治癒証明を求めている、、とのことでした。
(市内のある医院さんでは、保護者による治癒証明でもいいと
言われていて、私もその通りだと同意したいのですが、市教委では
認めてないようです。)

 うーん。市教委の考え方が古い?

 以下のような記載を見つけましたので、ご紹介します。
 (千葉市の文書のベースになったものと推測します。)
 
※ 参考 厚労省HPより

Q5 新型インフルエンザ(A/H1N1)に罹患した労働者が復職する際、
留意することはありますか。治癒証明書や陰性証明書が必要ですか。

 新型インフルエンザ(A/H1N1)でも、通常のインフルエンザと同様、
発熱等の症状がなくなってからも感染力が続くと考えられています。

 基本的に、熱などの症状がなくなってから2日目までが外出自粛の
目安です。しかし、完全に感染力がなくなる時期は明確でないことから、
業務上可能であれば発症した日の翌日から7日を経過するまで、
外出を自粛することが望ましいと考えます。

 なお、労働者に対し治癒証明書や陰性証明書の提出を求めることに
ついては、インフルエンザの陰性を証明することは一般に困難で
あることや、患者の治療にあたる医療機関に過剰な負担をかける結果に
なることから、望ましくありません。

 https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/21.html

 ・・・ 注目すべきは最後の4行で「陰性を証明することが困難」
  との記載があります。
 
 上記の例は「労働者」ですが、私自身は問題点として、、、、

 子どもが罹患した場合、保護者が子どもを連れて行って、
保護者が罹患してしまう場合や、子どもが小さく更に下の子どもが
いた場合連れて行かざるを得ない場合は、どう考えるのでしょうか?

 改善を求めていきます。

※ 今日16日(水)、小倉台小では欠席者数が20名となり、
 明日から1年生1クラスが学級閉鎖になる模様です。
 (昨日付のブログに詳細情報を記載しています。)
 
=== 今週末です。 ===

☆ 印西地区環境整備事業組合 HPより

 印西地区ごみ処理基本計画検討委員会の開催について
       第7回会議を下記のとおり開催します。

 1 日時  平成31年1月20日(日)
          午後2時から
     
 2 場所  印西地区環境整備事業組合
             3階 大会議室

 詳細は・・・
  http://www.inkan-jk.or.jp/creen/30-iinkkaigomikihon-2-.html

=== 自習室あります。 ===

☆ イオンモール千葉ニュータウン HPより 

 【期間限定】自習室開放中!

 頑張るみんなをイオンモールが応援!
 期間限定 自習室を開放しております。
 受験勉強等に、ぜひご利用ください。

 ◇ 受験勉強等の自習スペースとしてご利用ください。
 ◇ ここでの飲食はご遠慮ください。
 ◇ 貴重品や手荷物はお手元にて管理してください。

 日程 2019/01/09(水) - 2019/01/27(日)
 場所 モール棟1F コスモスコートエスカレーター脇 特設エリア

 詳細は・・・
  http://chibanewtown-aeonmall.com/news/event/1605

 ・・・ インフルエンザが流行ってきているのが、
  心配ではありますが、、、、ご参考まで。
  
=== 桜の開花予想です。 ===

☆ ウェザーニュース HPより

 桜開花トップは東京で3/18

 西・東日本は例年並?やや早い開花に
 ウェザーニュース 第一回桜開花予想

 2019/01/16 11:10 ウェザーニュース

 まだまだこれからが寒さの本番ですが、ウェザーニュースでは
2019年の桜開花予想を発表します。

 過去15年間に「さくらプロジェクト」参加者から寄せられた
200万通以上の桜リポートと気象予測をもとに算出。
お花見旅行などの計画にお役立てください。

 西・東日本では例年並?やや早い、北日本は例年並の予想

 今シーズンのソメイヨシノの開花は、主要都市では3月18日に
東京(靖国神社)からスタートし、19日に高知(高知公園)、
20日に福岡(舞鶴公園)と順に開花を迎えます。
  西・東日本では3月末から4月初めにかけて満開の桜を
楽しめる見通しです。

 西・東日本は、今後一時的に気温の低い日があるものの、
2月・3月の気温は平年よりもやや高く、桜のつぼみの生長は
順調に進みます。3月中旬からは暖かい日が増えるため、
一気に開花に向かい、例年並?やや早い開花となる所が
多くなりそうです。

 詳細は・・・
  https://weathernews.jp/s/topics/201901/160035/

=== 放射能/放射線問題 ===

☆ 印西市/公立保育園(給食食材=放射線測定結果)

(高花、西の原、もとの保育園で使用)=>
 検査日:1月15日、使用日:1月16日

 小松菜 東京都産、玉葱 北海道産
 チンゲン菜 茨城県産、人参 千葉県産
 もやし 千葉県産

 放射性ヨウ素、放射性セシウム検出無
 
 以下、詳細は
 => 
 http://www.city.inzai.lg.jp/cmsfiles/contents/0000000/974/h31.1.15.pdf
  
ぐんじとしのり 
 <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓

 → ご意見・ご要望はIDの * 部分を@に変えて、
   直接、メールをいただければ幸いです。

  
posted by ぐんじとしのり at 00:00| 健康福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

シンポジウムがあります。

 2019年(平成31年)の市役所業務が始まりました。
 
 今年は改元を控え、2度年が変わるような気持ちになる
ことは確実ですが(昭和から平成に変わる時がそのような
気分でした。)、目の前の仕事を一つ一つに取組み
ながら、皆様とまちづくりを行っていきたいと思います。
  
 −  −  −  −  −

☆ 東京MX TV HPより 

 東京都の新年度予算、過去最大7兆4千億円規模に
    知事査定始まる (都政 - 2019年1月4日 18時30分)

 東京都庁では小池知事による2019年度予算案の査定が
始まりました。

 予算案は2020年東京オリンピック・パラリンピックに
向けた予算が大きく膨らむことから、2018年度の7兆460億円を
超え、過去最大の7兆4000億円台となる見込みです。

 小池知事は「新しい元号に生まれた赤ちゃんが大人に
なった頃、介護離職や待機児童という言葉が昔はあったんだねと
言われるような予算づくりを、心を込めてやっていきたい」と
語りました。

 東京都の2019年度予算案は1月25日に発表される予定です。

 引用元:https://s.mxtv.jp/mxnews/kiji.php?date=46513493

 ※ 友人が都議なので、都政の情報は入ってきますが、
  一般会計の予算が約7兆円であり、上下水道や地下鉄などの
  公営企業会計と特別会計を加えると総額約13.5兆円に達し、
  為替レートにもよりますが、スウェーデンやインドネシアの
  国家予算に匹敵する規模になります。

 ・・・ 今日4日(金)、執行部と議会と合同での新年会が
  開催され、出席しました。何人かの職員さんと3月議会の
  議案や来年度予算についても、意見交換をしました。
 
  印西市の予算規模は公営企業会計と特別会計を加えても
 500億円程度ですが、しっかりと市民ニーズを捉え、市政
 運営に参画していきたいと思います。

 * 500億円の財政規模は鎌ヶ谷市よりも大きくなっています。
 
=== ご案内です。 ===

☆ 在宅医療・在宅看取りを考える
           講演会と多職種シンポジウム

日時 平成31年2月2日(土)14時〜16時(開場13時30分)
会場 印西市文化ホール (印西市大森2,535)
  入場無料、事前予約不要

第一部 講演 コスモスの丘診療所 院長 進藤 哲
第二部 多職種によるシンポジウム

助成: 公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団
後援: 印西市

在宅医療はどう利用できるのか?
 在宅看取りとは実際どのようなものなのか?
 病状が悪化している家族のためにどうすれば良いのか、
延命治療は望まないがどう準備するべきなのか、
がんの治療をしているが最後はどうなるのか・・・
いろいろな心配があります。

 印西市を中心に在宅医療を自ら実践している医師が
講演します。

 後半は訪問看護、訪問薬剤管理指導、訪問リハビリテーション
などの経験が豊かな方々や地域のケアマネジャーを交えて
多職種シンポジウムを行います。当日や事前に出された質問にも
お答えします。どうぞご来場下さい。

シンポジスト: 敬称略
 阿蒜ひろ子
 (訪問看護ステーションさわら管理者、
  千葉県立佐原病院上席師長、訪問看護認定看護師)
 下村登志江 (日本医科大学看護専門学校講師、
    北総白井訪問看護ステーション前所長)
 鈴木雅之 (レモン薬局白井店薬局長、
   白井市在宅医療・介護連携、認知症対策推進協議会委員)
 大曽根厚人 (セコメディック病院理学療法士、
   印西市在宅医療・介護連携推進会議委員)
 結城みつ子 (印旛晴山苑 居宅介護支援事業所
   ケアマネジャー、印西市在宅医療・介護連携推進会議委員)

司会: 敬称略
  進藤 哲 (在宅療養支援診療所 コスモスの丘診療所 院長)

問い合わせ先 コスモスの丘診療所
 印西市牧の原1-3 プレーゲ印西牧の原内、
        電話 050-5318-8824、FAX 020-4664-1534

  http://scuel.me/hospital/1214610440/outline
 (ホームページからも問い合わせ・質問ができます)

 ・・・ 私も聴講に行きます。

=== 1/8から再開です。 ===

☆ 印西温水センターHPより

  日曜日の温水センターでは
 隔週でプールイベントを実施しております!!

 1月13日(日)
大人も子供も一緒に楽しめるイベント
 ★アクアチューブ★を開催いたします!!
 《時間》 10:00 〜10:45
 《参加費》   無料

是非、この機会に体験してみてください!!
 皆様のご参加お待ちしています!!

 (イベントカレンダーも以下よりご覧ください。)
 引用元:http://inzaipool.jp/staffblog/2018/12/26/%E6%97%A5%E6%9B%9C%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88%E6%83%85%E5%A0%B1%EF%BC%81%EF%BC%81/

▼ 参考/再掲
  年末年始の情報は・・・
   http://inzaipool.jp/2018/12/30/%E5%B9%B4%E6%9C%AB%E5%B9%B4%E5%A7%8B%E3%81%AE%E4%BC%91%E9%A4%A8%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B%EF%BC%81/
     
=== 手荷物検査はありますが。 ===

☆ 陸上自衛隊第1空挺団HPより

 平成31年第1空挺団降下訓練始め行事の実施について

名称:第1空挺団「平成31年 降下訓練始め」
日程:2019年1月13日(日)
時間:8:30〜16:00
場所:習志野駐屯地 演習場
 ・公共の交通機関をご利用下さい。
  バス、マイクロバスは駐車できません。
  (駐車場の台数には制限があります。)
天候等により、訓練の一部又は、全てを中止する場合があります。

・ 当日荒天になった場合はトップページをご覧いただくと
行事の実施情報が確認できます。

 当日は、習志野演習場で降下訓練展示が行われるほか、会場に
模擬店が出店して飲食物やオリジナルグッズの販売も行われます。

 *入場時には手荷物検査が実施されます。

 詳細は・・・
  http://www.mod.go.jp/gsdf/1abnb/posts/activity3.html
                 
   ぐんじとしのり 
    <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓
 → IDは * 部分を@に変えて、ご意見・ご要望は
   直接、メールをください。
    
  
posted by ぐんじとしのり at 00:19| 健康福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする