2012年09月14日

納得できない。

 今日から決算審査特別委員会が開催され、
市役所の委員会室で朝9時より、質疑が
行われました。
 
 多くの質問がなされる中で、私は
一つの問題が朝から離れなかったので、
その記事を紹介します。
 
  = = = = = =

東日本大震災:焼却灰保管問題 手賀沼一時保管
    印西、我孫子市で県が住民説明会 /千葉
http://mainichi.jp/area/chiba/news/20120913ddlk12040297000c.html

 埋め立て基準値を超える放射性セシウムに
汚染された焼却灰を手賀沼終末処理場(我孫子・印西市境)に
一時保管する県の計画を巡り、県は12日、今年6月に続き、
周辺住民向けの説明会を印西市で今月15日に、
我孫子市で18日に開催すると発表した。

 これまで県の動きをけん制してきた両市が県との協議に
応じる姿勢を見せたことから、県は両市がかねてから
求めていた住民説明会の開催などを通じて両市の意向を
聞くとともに周辺住民に理解を求め、計画を進展させたい考えだ。

 住民説明会は6月に両市向けの合同説明会を開いたが、
住民の反発は続いていた。このため、15日午後5時から
印西市役所で、18日午後6時半からは我孫子市立布佐南
小学校の体育館で改めて説明会を開催することを決定。

いずれも非公開で、周辺自治会に所属する住民のみ参加できる。

 県側からは担当部長などが出席し、具体的な
搬入計画などを説明するほか、放射線医学総合研究所の
職員を招き、一時保管計画の安全性などを説明する予定だ。
【斎川瞳】【毎日新聞)

 ・・・ 「いずれも非公開で、周辺自治会に所属する
住民のみ参加できる。」という文面を見ました。
 納得できずに、市当局に出席できるように確認を
行いましたが、難しいとのことでした。
【前回の説明会での反省から、傍聴は一切出来ない旨の
事務として行われるようです。】
 
 = = = = = 

 明日14日(金曜日)は、決算審査特別委員会で
健康福祉部、教育部、市民部の平成23年度決算について、
審査が行われます。
 
== 放射能/放射線対策について == 

【印西市/給食センター(最新版)】
≪検査対象施設 : 印旛学校給食センター≫
検査日:9月13日、使用日9月20日ほか

白菜 長野県 /チンゲン菜 茨城県
キャベツ 群馬県 /冷凍ゆで大豆 北海道
鶏肉 岩手県

http://inzai.ed.jp/kyusyoku/index.php?key=jozfmk0ai-131#_131
食材の放射性物質検査結果
ヨウ素・セシウム検出されてません。


 ぐんじとしのり 
    <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓
 → IDは * 部分を@に変えて、コメント欄に書けない
   内容は直接、お送りください。






【今なら最大30%OFF】これが世界の常識。『ニューズウィーク日本版』



posted by ぐんじとしのり at 01:41| Comment(0) | 焼却灰(手賀沼処分場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

代表質問、終わりました

5会派の会派代表質問が終わりました。

 初日の昨日(9/4)と今日(9/5)まで、5人の
議員からの質問に対して、板倉市長の答弁としては
明らかな「答弁拒否」と見えるものもあり、
「大丈夫なんだろうか?」不安を抱きました。

 しかし、問題の所在はそれだけでなく、以前から
私のこのブログで指摘している「放射能を含む焼却灰」に
ついての同僚議員からの質問には、いつのまにやら
 =「県との協議を進める旨の回答を行っています。
  
このブログでなんどか、記載していますが、板倉市長は
「絶対に認めないスタンス」だったと思いますが、
このように変わったのはなぜなんでしょうか。
(説明がありません。)
 
 そのような中、今日、以前から懸案事項となっている
放射性物質を含む焼却灰を千葉県が、「手賀沼流域
下水道終末処理場」にもちこむことを提案している
案件で大きな動きがありました。

  ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

* 朝日新聞 8/16
 千葉県「実害があれば責任を取る」

このような記事が掲載され、最後に一文として、

「手続き上、両氏の同意・許可はいらないため、
10月」の完成に向けた準備を進めているという。

  ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 ・・・・今日(9/5)から工事が始まったと
  聞いています。しかし、安全対策は充分に
  寝られているのでしょうか。


☆ 毎日新聞より (2012年09月04日 地方版)

東日本大震災:焼却灰保管問題 手賀沼一時保管
    県と印西市の協議、我孫子市が同席要望 /千葉

 県が放射性セシウムに汚染された焼却灰の一時保管場所を
手賀沼終末処理場(我孫子・印西市境)に決定した問題で、
我孫子市が、今後開催される県と印西市の協議に同席できるよう
同市に申し入れたことが3日、わかった。

 我孫子市は県の計画に強硬に反発していた姿勢を
軟化させた格好。県と印西市の歩み寄りに危機感を抱き、
複数の保管場所確保など市の要望が事実上無視されたまま、
施設の建設だけが着々と進むのは避けたいと判断した。

 我孫子市は現在、印西市とは対照的に県と事務レベルの
連絡すらない状況。県の担当者は毎日新聞の取材に対し、
「県としては従前からの我孫子、印西の両市と協議を
進めたいという姿勢に変わりなく、事実であれば前向きに
対応したい」と述べ、我孫子市の協議参加を歓迎する意向を
示した。しかし、我孫子市側は協議の参加について
「(一時保管場所の)受け入れが前提ではない」と
強調しており、問題の先行きはなお不透明だ。

 =================

市民から。。。。手賀沼流域下水道終末処理場に
対する不安の声が届いているので、ご紹介します。(抜粋)

 ====================

 みなさん忘れている危険性がもう一つあります。

  それは大地震に伴う河川を遡上する津波の存在です。
 手賀沼終末処理場は利根川ほとりです。
 大利根川が堤防決壊したら、処理場も水の中です。
 そのときドラムカンがどうなるかは、3.11で
 証明されていますよね。
  そんな危険な場所に保管するということは、
 周辺住民を虐殺することです。
  そして灰が流れ出た一帯は福島並みの危険地帯です。
そして乾燥すれば強風にのって千葉ニュータウンを汚染します。

  茨城沖、千葉東方沖を震源とする巨大地震はいつでも
 おこりえます。

====================

 。。。忘れては困るのですが、今回の定例議会で
  以下のような請願が出ています。
  
24−7 印西市が、手賀沼終末処理場での汚染焼却灰
  の一時保管施設の建設に対して、「許可しない」ことを
  求める請願

  ・・・板倉市長は「市民目線」の政治を行うと公約されて
   いますので、22町内会から・2団体からのこの請願の
   趣旨としては通った後はいいと思います。


 >> 焼却灰の処理については、今後とも情報収集して
  みなさまにご提示してまいります。
  

== 印西地区環境整備事業組合より == 

【(速報)放射能量測定結果 
      印西地区環境整備事業組合】* 9/4発表

 8/20(試料採取)/8/21(試料測定) 
 放射性セシウム(CS134+CS137)
         主灰 614 Bg/Kg
         飛灰 2370 Bg/Kg
(放射性ヨウ素は不検出)

        = 基準値8000Bg/Kgは下回っています。
 

== 放射能/放射線対策について == 

☆ 印西市/積算放射線量の測定結果 (H23.10.1〜H24.8.31)
幼稚園、保育園(私立含む)、小・中学校等における測定結果
以下HPにて詳細をご覧ください =>
http://www.city.inzai.chiba.jp/www/contents/1318823781274/index.html
http://www.city.inzai.chiba.jp/www/contents/1318823781274/files/2.pdf


☆ 印西市/印西市産「クリ」の出荷自粛について
http://www.city.inzai.chiba.jp/www/contents/1346832744977/index.html
9月5日に「クリ」の放射性物質にかかる精密検査の要否判断のための
測定検査を行ったところ、放射性セシウムが98.9ベクレル/kg検出されました。
このため、「クリ」については県の精密検査の結果が判明するまで
(検査予定9月7日)は、自主的に出荷を控えるようお願いいたします



 ぐんじとしのり 
    <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓
 → IDは * 部分を@に変えて、コメント欄に書けない
   内容は直接、お送りください。












posted by ぐんじとしのり at 00:59| Comment(0) | 焼却灰(手賀沼処分場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

聞いていません。

 昨日付(8/18)の私のブログの最後にいつものように
「放射能/放射線対策について」ということで、
我孫子市議会が千葉県に提出した「高濃度放射性物質を
含む焼却灰の一時保管場所に関する質問状」に対する
千葉県からの回答書が我孫子市議会のHPにアップされて
いることを報告させていただきましたが、今日になって
我孫子市議会の仲間より、驚くべき話が伝わってきました。

◎ 大前提
焼却灰一時保管で 県決定の是非示さず 板倉・新印西市長
http://www.chibanippo.co.jp/c/news/politics/93395

 * 参考 ぐんじとしのりブログ
     「まだ4日目ですけど。」
http://togu.seesaa.net/archives/20120801-1.html

・・・ そもそも、この時点で、私は変だな?と思っていました。

○ 今日、聞いた情報
 板倉市長は、印西市の環境経済部長と8月1日に協議を
行い、その内容を我孫子市の副市長が我孫子市議への情報提示
ということで聞いた。
  
+ 板倉印西市長としては・・・・
 印西市としては次の2点から、千葉県と協議する必要性が
 あると考えている。

 1.千葉県から「改めて説明したい。」との要請があったこと
 2.千葉県が強行に設置することがないようにしたいこと

・・・ ぐんじとしのりより>> 
      こんな話をしたとは一言も聞いていません。

 さらに、8月3日(金)に、板倉市長は県から説明を
受けているようです。
 
 「その上で、新市長としての考えを印西市議会に表明する。
 県への要望としては、@地元住民への説明会を開催すること
 A一時保管の期限について、平成27年3月31日を厳守
 すること。」という話を我孫子市の副市長は聞いている。

・・・ ぐんじとしのりより
    >> 私はひとことも議員として聞いていません。
     いつ市議会に表明するのでしょう?臨時議会さえ
     召集、開会しませんでしたが。
   
 そして、我孫子市では、「市長会談」を要請したが、まず
印西市議会へ板倉市長が自分の考え方を表明したいとこことで
受けてもらえなかった。市議会に説明してから、我孫子市との
トップ会談を受けるとのこと。

 また、8月7日に、「8月3日の県から印西市長への説明」
について印西市から報告があったとのことで、その報告内容も
我孫子市の副市長から我孫子市議に説明がありました。

 ▽ 県が地元説明会などの資料を基に新市長に説明した。
 
 ▽ 印西市長の発言
  1.地元住民が安心できる科学的根拠を示していただきたい
    ・・・・ 県の回答 資料により説明する。

  2.米の風評被害等への対応はどうするのか?
    ・・・・ 県の回答 検査を実施する(既定の場所38ヶ所)

  3.地元説明会の開催を要望する
    ・・・・ 印西市職員も出席したいので、
      印西地区だけで実施する方向で検討してほしい。
 
・・・ ぐんじとしのりより
 >> いったい何を板倉市長は考えているのでしょう?
   自分ひとりでなんでもできると思っているのでしょうか。
   先日のブログで書いたとおり、選挙戦の時には
  「受入れ、絶対反対」を叫んでいたのではないのでしょうか?

 「信じられない。ありえない」 あきれて二の句が継げません。

* 我孫子市での副市長の報告は8/17(金)に開催された
 「放射能対策特別委員会」の委員に対して行われました。
  
* また、繰り返しになりますが、そもそも、板倉新市長は、
 市議であった際に、4月26日の県主催の説明会を欠席しました。
(市議で欠席したのは当時の板倉市議ともう一人だけ 他の22名は
 参加して説明を聞いています。)
  この問題について、わかっていないことは我孫子市議会でも
 不安視されています。本当に大丈夫か。心配です。

== 印西市からのお知らせ ==
☆ 小倉台地区学童クラブ入所受付中
 市のHPより抜粋 ・・・
  
 小倉台学童クラブ、小倉台第2学童クラブにつきまして、
8月10日に一度締め切りをさせていただきましたが、
8月16日現在、定員に若干の余裕がございますので、
入所希望の方は申請をお願いします。
 なお、申し込み状況によって定員を越えてしまった場合に
つきましては、入所ができない場合もございますので
ご了承ください。

詳細は以下まで ・・・
http://www.city.inzai.chiba.jp/www/contents/1343356255709/index.html

== 放射能/放射線対策について == 
☆ 以下のようなご案内をいただきましたのでご紹介します。

「放射線からこどもを守る街を真っ当な健康調査のために」

岐阜環境医学研究所 所長 松井英介医師を招いて 

 呼吸器疾患の画像および内視鏡診断と治療、肺がんの予防
集団検診、治療に携わる。
 アスベスト被害、産廃問題などにも取り組まれ311
事故直後から低線量被曝からこどものいのちを守るための活動、
福島集団疎開裁判でも意見書を提出して支援されています。

 松戸 我孫子 柏 流山 茨城各市の土壌調査の結果報告も
あります。

  9月23日(日)2時〜4時半  開場1時半〜
   柏市中央公民館 5F 講堂 柏市役所となり

  参加費500円 申し込み不要 当日会場先着170名

 主催 放射線対策をすすめる東葛ネットワーク(実行委員会)
 協賛 環境とエネルギー・柏の会 ほか
 問い合わせ 座間 080−4463−8647

 なお保育は 生後4ヶ月以上 9.12までに要申し込み 先着10名
    (生活クラブ託児ケアシステム利用)

  ==========================
 

 ・・・ 私も参加できればと思っています。


 ぐんじとしのり 
    <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓
 → IDは * 部分を@に変えて、コメント欄に書けない
   内容は直接、お送りください。





【今なら最大30%OFF】これが世界の常識。『ニューズウィーク日本版』





posted by ぐんじとしのり at 01:34| Comment(0) | 焼却灰(手賀沼処分場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする