2018年09月10日

秋の気配?

 今日9日(日)、ブログを書き始めて日付を改めて
確認して、既に9月も1/3を過ぎようとしていることに
気がつきました。
  
 市議会が始まり、1週間と少し。明日は議案自宅審査の
ために休会。そして、今週は決算委員会、予算委員会と
日程が組まれ、月の半分が終わるんだなと思ってもいます。
 
 −  −  −  −  −
 
 9日(日)は「重陽の節句」
 
 私も意識したことはなかったのですが、言われてみれば
名前だけは聞いたことがあり、「菊の節句」だということ
くらいしか知らなかったので、調べてみました。

 簡単に言えば、、、 
   菊を用いて不老長寿を願うこと

 − − − − −
 
 古来、菊は薬草としても用いられ、延寿の力があると
されてきました。菊のおかげで少年のまま700年も生きたという
「菊慈童(きくじどう)」伝説もあります。
 また、他の花に比べて花期も長く、日本の国花としても
親しまれています。

 中国由来の行事で、日本では平安時代ごろに貴族の
宮中行事として取り入れられました。当時は、中国から
伝来したばかりの珍しい菊を眺めながら宴を催し、菊を用いて
厄祓いや長寿祈願をしていました。これが時代とともに
民間にも広がり、江戸時代に五節句のひとつとなって
親しまれるようになりました。

 菊といえば晩秋の花という印象ですが、旧暦の9月9日は
新暦の10月中ごろにあたり、まさに菊の美しい季節でした。
 このころは農繁期であることや、新暦に替わって季節感が
合わなくなったことなどから次第に廃れてきましたが、
寿命を延ばすと信じられていた菊を使い、さまざまな風習が
伝えられています。

 また、庶民の間では「お九日(くんち)」と呼ばれて
親しまれ、秋の収穫祭と合わせて祝うようにもなりました。
有名な「長崎くんち」「唐津くんち」はその名残で、新暦の
10月に開催されています。  ALL ABOUT 暮らしより抜粋

 ・・・ 続きは、、、
    https://allabout.co.jp/gm/gc/220562/

 − − − − −
 
 今年はもう10日になりますので、来年覚えておいて、
何かをできればと思います。
 (・・・とはいえ、私は食用菊が嫌いだったり、
 菊はお別れのセレモニーを思い出しますので、
 栗や茄子を食べたりするようにしたいと思います。)
  
=== 住宅施策と地域包括ケア ===

 先週 7日(金)に行った議会一般質問の質疑を
以下でご紹介します。

3.少子高齢化時代の住宅施策について

 急激な少子高齢化社会を迎える中、多様な世帯が、
健康かつ生きがいを持ち、安全・安心で豊かな生活を
営むことが可能となるための住まいの確保は極めて
重要な課題となっています。

 特に、「住宅確保要配慮者」の安心な住まいの確保に
向けて、居住支援の充実等の一層の推進が必要と
なっています。

 印西市では課題に対してどのように向き合っているのか。
  
(3)地域包括ケアシステムの基盤としての住まいは
「安心の原点」であると考えるが、地域包括支援センター
 では「住まい」に対する相談があった場合の対応に
 ついてはどのように行われているのか。

【回答】 地域包括支援センターでは「住まい」に
 関する相談があった場合、お一人での生活に不安を
 抱えている方には、必要に応じ、ケアハウスや
 サービス付き高齢者向け住宅などのご説明をしています。
  また、経済的問題を抱えている方であれば、
 いんざいワーク・ライフサポートセンターと連携するなど、
 関係機関と連携して対応に当たっています。

<再質問> 国の考えとして、施設ケアから地域ケアへと
 変わってきている中で、ケアハウスやサ高住などの説明の
 前に、多くの高齢者にむけて、「居住の場の選択」という
 考え方が必要なのではないか?
  一昨年12月議会で聞いた内容を再確認させていただきたいが、
「地域包括ケアシステム」の構築のために高齢者がどのような
 住宅に住んでいるか住まい形態の調査を行ったか。

【回答】住まい形態の調査については、
 第7期印西市高齢者福祉計画及び介護保険事業計画策定の
 ためのアンケート調査の中で実施しています。
  結果として、世帯・家族構成としては、夫婦のみの世帯の
 割合が高くなっていますが、要介護認定を受けている方は
 その他世帯の割合が高くなっています。
  住まいの形態といたしましては、一戸建ての持家の割合が
 高く、居室は2階以上ではないと言う方の割合が高くなっています。
  しかし、2階以上にお住いの方で要介護認定を受けている方の
 約半数は、階の移動に不便を感じていることがわかっています。

 ・・・ 今は何とか暮らしているけど、さらに体力が落ちてきたら
  どうする? 広い場所に一人で暮らして、掃除できる? 
  誰が相談にのるのか? 

  私は高齢者の生活環境のアセスメントが必要だと担当課に
  伝えています。
 
=== 秋の気配 ===

☆ 日本気象協会/ tenki.jp より

 暑さ終了 ? 夏と秋の大一番 軍配は ?
            2018年09月09日18:32

 関東の天気は下り坂。週の初めは激しい雨や
雷雨の所も。その後もぐずついた天気となるものの、
秋が近づいてくる一週間となりそうです。

 ポイント解説へ
  週の初めは激しい雨や雷雨に注意

  すっきりしないが天気も、秋の気配

   この先は日差しが少なくなることや、北から
  冷たい空気が流れ込むため、厳しい暑さは収まり
  そうです。各地とも最高気温が30度に届かない日が
  多いでしょう。特に、あさって11日(火)は東京都心など
  では、日中も25度を下回りそうです。

   平年よりも4度前後低い気温で、日中も比較的涼しく
  感じられそうです。また、最低気温は20度前後の日が
  多くなる見込みです。

   朝晩は肌寒くなる所もありますので、薄手の上着を
  一枚羽織るなど、服装にも気を配りましょう。

  厳しい残暑は落ち着き、秋の気配も
  低体温症に気を付けよう

 詳細は・・・
  https://tenki.jp/forecaster/takumi_sato/2018/09/09/2029.html

=== 来月です。 ===

☆ 成田山開基1080年祭記念
     NARITA花火大会in印旛沼

【日時】2018年10月13日(土)
(荒天中止 ※予備日はありません)
   16時00分 開場  18時30分 打上

【場所】 成田ニュータウンスポーツ広場
(成田市台方1415地先)

 詳細は・・・
  https://narita-hanabi.com/2018/

※ NARITA花火大会とは
 地元ボランティア×プロ花火集団でお届けする、
「観客参加型」花火大会。

「NARITA花火大会 in 印旛沼」は、行政主導・イベント会社
主導ではなく、地元有志によるボランティアと花火職人が
共に創りあげる、地域密着型の花火大会です。

※ 空いているかどうかは未確認ですが。。。。

 NARITA花火大会では、協賛していただいた方を対象に、
協賛席をご用意しております。 協賛席での花火の眺めは
格別です。音楽やアナウンス、演出等、有料桟敷席の方の
ために最適化されていますので、他の場所では絶対に
味わえない『NARITA花火大会』を体感することができます。
協賛席のお申込みの受付開始は、2018年8月1日10時です。

 https://narita-hanabi.com/2018/ticket
  
=== 放射能/放射線問題 ===

☆ ホワイトフード HP より

 2018年上半期きのこ|放射能検査地図

 2018年上半期に厚生労働省が発表したデータによると、
きのこの放射能汚染に関し、検出限界値の平均は
11.7Bq/kgでした。検出限界値の平均が11.7Bq/kgと
とても高いにもかかわらず、計601検体から放射能が検出されました。

 この中で、最も放射能汚染数値が高かった食品は、
福島県猪苗代町のネマガリタケで、放射性セシウム134が
18.3Bq/kg、放射性セシウム137が278Bq/kg、合計で300Bq/kg
検出されています。

2018年上半期きのこ放射能汚染について

 詳細は・・・
  https://news.whitefood.co.jp/news/foodmap/8992/

ぐんじとしのり 
 <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓

 → ご意見・ご要望はIDの * 部分を@に変えて、
   直接、メールをいただければ幸いです。


posted by ぐんじとしのり at 00:15| 千葉県印西市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする