2018年09月03日

一般質問が行われます。

 印西市議会は明日3日(月)から一般質問が行われ、
私と会派を組む板橋睦議員が「代表質問」を行います。

 −  −  −  −  −

 会派「新政」(板橋睦、海老原作一、ぐんじ)
  代表質問 質問者 18番 板橋 睦

 1 都市再生機構事務所用地取得後の
            利用計画について
 2 公共交通網整備促進事業
         ・路線バス運行対策事業について
 3 北総鉄道株式会社について
 4 印旛中央地区について
 5 40戸連たん制度について
 6 学校の適正規模・適正配置について
  (2)過小規模校について
  (3)旧永治小学校の跡地活用について
 7 監査委員について

 −  −  −  −  −
 
 開始予定時刻は、明日の進行に左右されますが、
午後2時頃からでしょうか?
(板橋議員と質問内容は打合せを行い、海老原議員と
私と明日の質問内容は重複しません。)

 質疑の内容については、議会報告等でお知らせを
考えています。  
  
=== 週末は厳しい残暑? ===

☆ 日本気象協会/tenki.jp より

 週間天気 台風21号 強い勢力のまま上陸
             2018年09月02日19:14

 非常に強い台風21号が、4日(火)から5日(水)にかけて、
本州付近を通過し、日本海へ抜ける見込み。

 西日本や東日本の太平洋側を中心に大荒れの天気に。

 6日(木)以降は、東日本では厳しい残暑が続く。

 ポイント解説

 台風21号に警戒を

 非常に強い台風21号は、4日(火)夕方に暴風域を
伴いながら西日本に接近上陸する見込みです。
 その後、加速しながら北上し、5日(水)未明にかけて
足早に日本海側へ通過するでしょう。西日本や東日本の
太平洋側中心を中心に雨風ともに強まり、沿岸部を
中心に大荒れの天気になりそうです。

 台風21号通過後の各地

 ≪ 東日本 ≫
  5日(水)は、前線が通過するでしょう。台風21号が
 もたらした湿った空気も相まって、激しい雨や雷雨に
 なる所がありそうです。
  6日(木)以降、各地で青空が広がる見込みです。
 南から暖かい空気が入り、厳しい暑さが続くでしょう。

 ※ 統計的に台風が最も多く上陸している9月が
  スタートしました。9月2日(日)現在、気象衛星により、
  日本のはるか南の海上には、台風の卵(発達した雲の塊)が
  たくさん確認できています。今後も気象情報に
  目がはなせなくなりそうです。 

 詳細は・・・
  https://tenki.jp/forecaster/f_hiroaki/2018/09/02/1945.html#sub-title-a

=== 移動販売を行っています。 ===

☆ 印西市HPより
   〜  JA巡回車 農産物の移動販売

 地元産のお米や新鮮野菜などを載せた
           農産物移動販売車が巡回します。

 市内で生産された地元産農産物の地産地消を推進するため、
西印旛農業協同組合(JA西印旛)で運営する農産物直売所
「とれたて産直館印西店」が農産物等の移動販売を実施して
います。
 
 市は国の交付金である「地域活性化・地域住民生活等緊急
支援交付金」を活用し、この事業費に対して助成をいたしました。
  
 地元産のお米や旬の野菜・果物などを「移動販売車」に
たくさんのせて、市内を巡回して販売いたしますので、
是非ご活用ください。
     
【問い合わせ先】
  JA西印旛 直販部店舗課 0476−48−2218

 詳細は・・・
  http://www.city.inzai.lg.jp/0000004685.html

 販売ルートは以下をご覧ください。
 http://www.city.inzai.lg.jp/cmsfiles/contents/0000004/4685/idohanbairuto20180823.pdf
  
=== 放射能/放射線問題 ===

☆ 日本経済新聞より

 放射線検査、線量記録や研修義務化へ 患者安全を強化
                   2018/6/1 19:37

 医療機関での患者の過剰な医療被曝(ひばく)を防ぐため、
厚生労働省は線量の記録や医療従事者向けの研修などを
義務付け、放射線を使った診療の安全対策を強化する。
 被曝線量が高くなると発がんや不妊、視覚障害などの
リスクが指摘されているが、線量の限度など法令上の明確な
規制がない。同省は今後省令を改定し、新たな規則を
盛り込む方針。

 コンピューター断層撮影装置(CT)や血管造影など
比較的被曝線量が高い検査では線量記録を医療機関に
義務付け、患者にも情報提供できるような仕組みをつくる。
 患者の被曝を最小限に抑えるため、放射線を使った検査の
身体的な影響などについて医療従事者向けの研修も実施する
方針。
  
 (中略)
 
 放射線を使った診療は治療やがんの早期発見に役立っている
一方、過剰な医療被曝は発がんや視覚障害など身体的な影響が
指摘されている。医療従事者などは年間被曝量の規定があるが、
患者には線量の限度や被曝線量の記録などについて法令上の
明確な規定はなく、健康影響についてもよく分かっていない。 

 詳細は・・・
  https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31269950R00C18A6CR8000/

 ・・・ 厚労省で検討が進み、医療被曝の線量記録を義務化する
   方針で医療機関の準備期間を考慮し、施行は2020年4月の
   見通しのようです。
   
ぐんじとしのり 
 <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓

 → ご意見・ご要望はIDの * 部分を@に変えて、
   直接、メールをいただければ幸いです。


  
posted by ぐんじとしのり at 00:04| 千葉県印西市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする