2015年12月26日

「幸せシフト」なの?

 今日25日(金)、市役所に夕方行ったら
「仕事納めの式」を3階の大会議室で行なって
いたようでした。
 
 終わったあとに聞いてみたら、最終日の29日は
出先機関もあるので、職員の都合も考えたようですが
ホントのところはよくわかりません。
 
 今年はカレンダーの並びから、正月明けの2日、
3日が土日ということもあり、年末年始の休みは
とても短く感じています。
  
 会社によっては、25日で仕事納めとして、明日から
休みという羨ましいところもあるようですね。
(私の友人は既に昨日ハワイに立ち、ハワイについたと
SNSでさっき記載がありました。いいな。)
 
 −  −  −  −  −

 28日に有給を取得しやすくするため、仕事納め式を
事実上25日に前倒しする「幸せシフト」を実施。
 本庁職員の約4割ほどが28日有給取得するようです。
窓口等は通常通りで市民・事業者には影響が出ないように
しています。人事ローテの中で、長期的には殆どの職員に
とって意義ある取り組みになります

 -- これは千葉市の取組です。(熊谷市長のツイートより)

 −  −  −  −  −

 そういえば、県内53団体(=千葉市を除く)の
「平成27年市町村職員の勤務時間等の状況」を見ているの
ですが、印西市職員の年次休暇の平均取得日数は
平成26年(度)で14.1日と県内自治体平均(千葉市を
除くと10.8日)を比べても良好の部類に入るんだなと
思っています。
 
 しっかり働き、しっかり休んで下さい。
   
=== 千葉県HPより ===

☆ 平成27年県政10大ニュース

 1 2020年東京オリンピック・パラリンピックが
  幕張メッセで開催へ
   〜オリンピック3競技、パラリンピック4競技の会場に決定

 2 成田空港において「第3旅客ターミナル」がオープン
   〜空港ターミナルとしてグッドデザイン金賞を初受賞

 3 圏央道「神崎・大栄間」が開通
   〜本県と北関東、東北地方を結ぶ新たな
   広域ネットワークの誕生

 4 「成田空港に関する四者協議会」の開催
   〜機能強化に向けた協議がスタート

 5 サッカー日本代表の活動拠点が幕張新都心に
   〜県立幕張海浜公園への
   (仮称)JFAナショナルフットボールセンター設置に
    向けた基本協定の締結
   〜日本代表・本田圭佑選手の所属事務所が
    「ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA」を運営

 6 成田市内での医学部新設を認める方針が決定

 以下、詳細は・・・・
  http://www.pref.chiba.lg.jp/kouhou/houdou/news/h27.html

 −  −  −  −  −

  一昨日ご紹介した24日付けブログ中に

「2.印西市におけるリハビリテーションについて

(1)印旛医療圏の病床維持に対して、市は県と充分な
 情報共有を行っているのか。 」

 印西市に対する質疑を掲載しました。
  http://togu.seesaa.net/archives/20151224-1.html

 以下、続きです。

(質問にあたって解説)  

成田市が国家戦略特区を利用し、
 来春、国際医療福祉大学の成田看護学部、保健医療学部が、
「公津の杜」に開学します。また、2年後には医学部、
 東京オリンピックの前年には、600床規模の病院設置を
 成田市内に目指していると聞きます。

 印西市にどのような影響がでるのか? 同じ「印旛医療圏」と
 して聞いてみました。

【再質問】 来春、国際医療福祉大学が成田市内に開学する。
  その後、大学医学部を新設し、付属病院も成田市内に
  建設予定とのことです。仮にこの病院において
  リハビリ病床を希望した場合、市はどうするのか。

【回答】 成田市に国家戦略特区を利用して新設する医学部の
  事業者候補に国際医療福祉大学が内定したことは、
  新聞報道等で承知しているところです。 市では、今後、
  医学部の開設、さらには付属病院の開設状況につきまして、
  その動向の把握に努めてまいりたいと考えています。

(* 市民からのご要望をメールをいただきましたので、
  議場で市に要望として伝えました。)

 国際医療福祉大学では、リハビリテーションにもかなり力を
入れているようです。また、これまでの流れを見ても…関連の施設
(例えば…特養、グループホーム、障害者支援施設など)が、
 設置されていますので関連施設のひとつでも印西市内に
 出来てくれたらと考えています。

 ・・・ 市民の安心・安全のために病院施設の充実を
  引き続き私は求めていきます。 
  
=== 未来は今です。 ===

☆ 30年前の1985年の10月20日

 このブログで何度か、今年書きましたが、
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』の中で、
主人公のマーティ・マクフライ(役:マイケル・J・
フォックス)と、エメット・ブラウン博士、通称ドク
(役:クリストファー・ロイド)が、30年後の未来に
タイムトラベルするタイミングが今年。。。

 「未来は今」です。
 
 映画は何度見たか覚えていません。

 そして、あの頃、考えていた自分は自分でないけれど。

 > 6分飛行できるホバーボード「ArcaBoard」の予約開始、
  価格は約230万円〜

 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1512/25/news086.html

 ・・・ 実体験してみますか?
  
=== 放射能/放射線問題 ===

☆ 印西地区環境整備事業組合/一般廃棄物最終処分場

  処分場敷地境界における空間放射線量測定結果
              (11月24日(火)計測分)

  9地点(各5cm/1m)で計測しています。
  0.2μSV/hを越えている場所はありません。

 詳細は・・・
  http://www.inkan-jk.or.jp/last/img/27-houshanou-shikitikyoukai-.pdf
                
ぐんじとしのり 
    <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓
 → IDは * 部分を@に変えて、ご意見・ご要望は
   直接、メールをください。
  

posted by ぐんじとしのり at 00:39| 総合病院の誘致 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする