2012年06月30日

看板必要でしょう。

後ろから鉄砲で撃たれた気分です。
 
昨日(6/28)の夜、私の手元に1枚のチラシが入りました。
内容を見て、これは明日フォローが必要だと思っていたら
案の定、今朝(6/29)、ある方からメールが入っていました。
 
あるところから、市長選に関してチラシが入っているが、
その内容は本当か?と。。。

その内容・・・ 
「公園等で除去された汚泥が、シートを被せたまま
放置されています。容器に入れ建物内に保管するなど、
子どもを放射能から守る出来うる限りの対策を求めます。」

 否定します。記載が間違っています。
ありえない内容。わかっていなんだなと愕然。
唖然。呆然。。。。
 
 公園に行って、そのもの(フレコンパックに入ってます。)を
見ていただければわかるはずですが・・・。

2012-06-29 07.57.04.jpg
 問題とされた「シートを被せたまま放置」との記述のものは
 写真奥−緑色のものです。
  ・・・>実は「フレコンパック」に入っていますし、
      以下のような記載もあります。

2012-06-29 07.57.25.jpg
  説明書きがありますので、読んでいただければ
  内容物がどのようなものか一目でわかります。
                写真撮影:西の原東街区公園

 知らなかったのでしょうね。ずっと放置されていたにも
関わらず、各公園で見ていなかったのでしょうか。

 問題として記載された、批判の対象のそのものは既に
地中に埋められていて、外に出ているものを「汚泥」と
勘違いしていたというお粗末な内容・・・。
 汚染された土砂を埋めるために穴を掘り、その際に出た土だと
いうことを知らなかったということです。
 
(作業手順)
@ 汚染された砂や土を集め「フレコンパック」に入れる。
A その汚染された砂や土が入った「フレコンパック」を
 埋めるための穴を掘る。
B 穴からは当然「土」が出てくる。
 =この土は、事故当時、放射性物質が到達しない地中に
 あったものです。
C その穴を掘った際に出てきた「土」をフレコンパックに
 入れる。
D 掘った穴にAの作業の「フレコンパック」を入れる。
E 埋める ・・・ そうすると残っているのは?
F 公園内には、Dのフレコンパックが残る。
 = このDのフレコンパックが写真のように残っています。
 
 ・・・つまり、袋の中身は汚染されていない土であり、
 言い換えると公園に撒いても大丈夫なものです。
 もしかしたら、撒いたほうが放射線量が下がるかもしれない。

 本当に信じられません。なぜ、事実を調べずして
チラシを作るのか?こうやって風評被害は広がるんだろうなと
思います。
 
 実は、もう3ヶ月以上に前に、あるブログで事実を確認せずに、
同じような内容で市民の不安を煽るような記述をしてあり、
そのブログを見た何人かの市民が、私のところに相談や
苦情を伝えてきたので、私から上に書いたような説明を個別に
させていただき、収まったように思っていたのですが・・・。

またまた、火をつけてしまった?

 今日も何人かの方から、質問や苦情をいただきました。
質問や苦情を私や市役所に言ってきていただける方には、
事実とは違うことをご説明できるのですが、多くの市民は
いかにも印西市が何もやっていないようにとらえてしまうのでは
ないかと心配しています。
 
 困ったものです。ため息しかでません。
   
 もちろん、印西市に対しても、小さな説明書きを
フレコンパックに添付するだけではなく看板等の設置をするなどの
対応を求めていきます。

== 市民安全情報 公開されています ==

 印西市内での事件発生情報 〜6/11-6/20分が市のHPで
公開されています。

http://www.city.inzai.chiba.jp/www/contents/1333618625412/files/H24-9.pdf

 印西署管内では、住宅地で空き巣等の侵入盗難と自転車等の
乗り物盗難が多発しています。カギを忘れずに。確実にかけましょう。

[不審者情報]
 最近、市内各所で児童などに対する声掛け事案等が発生しています。
また、近隣市では陰部の露出事件も発生しています。
 地域の皆さん、登下校時の見守りにご協力をお願いします。
なお、不審者・不審車両(色、ナンバーを控える)が出没した際は、
直ちに110番通報をお願いします。


 ぐんじとしのり 
    <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓
 → IDは * 部分を@に変えて、コメント欄に書けない
   内容は直接、お送りください。







Oisixでは当社センターから出荷する 
青果物・乳製品・卵・鮮魚・精肉について、
放射線量の検査を行っております。
Oisixでは一般的な「一部サンプル抜き取り検査」ではなく、
青果物、乳製品、卵、鮮魚、精肉の対象アイテムについて
「全アイテム検査」を流通前に「毎日」行なっています。

 □取り組みの詳しい内容はこちら http://www.oisix.com/sc/kensa



posted by ぐんじとしのり at 00:41| Comment(2) | 放射線問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>なぜ、事実を調べずして
チラシを作るのか?こうやって風評被害は広がるんだろうなと
思います。
>困ったものです。ため息しかでません

放射線問題に限らず、北総線運賃の問題、クリーンセンターの問題など、このニュータウンエリアで地域住民の世論が二分している問題では、現職議員も含めて様々な人や団体がブログなどで、偏重的なデータを元にもっともらしい主義主張を書き散らかしているのを、最近頻繁に見るようになりました。
こうしたデマや偽情報に踊らされないよう、各人がきちんと自分なりに勉強し智慧をつけないといけないのですが、いかんせんそうでない人が多くて。。。


Posted by 印東市 at 2012年06月30日 23:46
コメントありがとうございます。
私自身も省みたいと思っています。

Posted by ぐんじとしのり(本人) at 2012年07月01日 01:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: