2012年02月05日

3790名

過去、一度も請願や陳情が出されたことのない
「印西地区環境整備事業組合議会」へ対して、
市民から請願を出したいとの相談を受けました。
そして、私が紹介議員となり、栄町の野田議員に
賛同議員となっていただき、今月1日に請願書と
して市民が以下の文書を提出しました。
   
=======================

「広く地域住民の意向を踏まえた
次期廃棄物処理計画の検討を強く求める請願書」

趣旨:
 平成22年4月、印西クリーンセンターの更新等に
ついて検討した次期中間処理施設整備検討委員会は、
比較評価結果を含む次期中間処理施設整備事業対象用地の
評価業務に関する報告を組合管理者に提出する際に、
まちづくりの観点からの検討の必要性を訴えています。
 また、平成22年11月印西市長は組合管理者に対し、
経済性の精査・研究と周辺住民への配慮を求めています。
 しかし、実際には、まちづくりの観点からの検討、
経済性の精査・研究及び周辺住民への配慮が充分に
おこなわれているとは思えません。また、事業対象用地の
評価業務において、地盤状況や土地の位置情報などの重要な
判断材料が与えられていませんでした。

 また、わが国は東日本大震災を経験し、街づくり・環境・
エネルギーに関する市民の意識は大きく変化をいたしました。
 そこで、今後、充分かつ慎重な検討のもとに次期中間処理施設
整備事業を進めるために以下を請願します。


請願項目:

1.平成24年度中に移転予定地の取得費の予算計上をしないこと

2.広く印西市民・白井市民・栄町民の意見を聴取する
  検討組織を立ち上げること。

3.平成25年度に予定されているごみ処理基本計画の策定に
  向けて、財政負担の問題やごみの減量化等の施策を含めた
  次期廃棄物処理計画の検討を繰り上げて実施すること。

=========================
 
署名を3790筆つけたようです。
今後については、8日の組合議会の議案説明会を経て、
当該請願をいつ、どのような形で審議するかが決まっていくと
思います。(詳細は、改めて、ご報告させていただきます。)
   
== 放射能/放射線対策について == 

(参考)
 
 瓦礫引き受けに関する考え方(1)
  ・・・なぜ、瓦礫を引き受けてはいけないのか?
     ご一読ください。

 武田邦彦 中部大学教授

  http://takedanet.com/2012/02/post_70af.html


 ぐんじとしのり 
    <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓
 → IDは * 部分を@に変えて、コメント欄に書けない
   内容は直接、お送りください。







posted by ぐんじとしのり at 02:19| Comment(0) | 環境整備事業組合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: