2010年09月20日

私は不安です。

日本の国は国と地方の債務残高が
国家破綻の瀬戸際にまで追い込まれたギリシアに
比べても、また国内総生産(GDP)と比べても
先進主要国に比べ、突出して悪いにも関わらず、
国債が日本国内でほぼ消化できているから
大丈夫だと多くの経済人や政治家はいう。

「大丈夫?」本当だろうか。
私は待ったなしだと思う。



経済成長を進めれば、借金はすぐに返済できるから
大丈夫であり、新しいビジネスを構築すれば、
海外に進出すれば大丈夫だと人はいう。

 
これから少子高齢化が一層進み、言い換えると、
労働人口が減っていくにも関わらず、経済成長は
続けられるのだろうか?
 
夢物語でない?ムリだと私は思う。
今の円高にかこつけて、海外で資産を増やすことは
できないのだろうか。
 
菅総理の続投。私はよかったのではないかと
思っている。

小沢氏は国民に向かってつらいことは何一つ言わず、
バラマキ政策に終始していたと思います。

このまま突き進めば、財源のあてがなく、
赤字が増え続けることはわかっていることです。
 
さぁ、始めようよ。消費税議論を中心において、
税制改革についての話し合いを。
このまま時だけが進むと「ヤバい」よ。
 
 



英字新聞ジャパンタイムズ購読申し込み




posted by ぐんじとしのり at 21:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: