2019年12月07日

休会日でした。

 今日6日(金)市議会は休会日。議案自宅審査。

 来週から、実質的な議案審査のための常任委員会。

 今日午前中は、自宅で仕事をし、午後から市役所に
登庁。午前中開催されていた委員会の資料を入手し、
常任委員会の準備をしながら、委員会の資料も確認。
 
 ー  ー  ー  ー  ー
 
 日の入りが早い。。。

 私のこのブログでも紹介させていただいている
日本気象協会によれば、来週中頃まで日の入りが
午後4時28分と一年で最も早くなるようです。
(日の入りは西へ行くほど遅く、東や北へいくほど
早くなります。根室では12月上旬の日の入りが
午後3時42分と、3時台には暗くなり始めてしまいます。
この時期は夕方になるとあっという間に暗くなって
しまいますので、車のヘッドライトは早めの点灯を)

 、、、、というわけで、1日が早いと思いながら
毎日過ごしています。

 ー  ー  ー  ー  ー

 以下に、4日(水)に市議会定例会で私が行った
一般質問をご紹介します。
 
 2 地域包括ケアシステムの構築に向けて

高齢者の介護・医療施策においては「地域包括ケアシステム」の
構築が大きな柱となっている。地域包括ケアシステムの構築の
ためには在宅介護・医療を推進することが求められるが、
印西市の現状と今後について確認する。

質問(1)生活援助の現状はどうなっているのか。

回答 生活援助については、要介護1以上の方に対し、
 介護保険法に基づく訪問介護サービスとして、介護支援
 専門員のケアプランに基づき提供するもので、9月の実績では
 158人が利用されております。
  また、要支援1・2の方や事業対象者の方については、
 地域支援事業の介護予防・日常生活支援総合事業において
 訪問型サービスとして実施しており、9月の実績では103人が
利用されております。

再質問@  
  今後、増えていくだろう生活援助を希望する方々に
 対して、印西市はどのような対策を講じているのか。

回答 生活援助が必要な方に適正なサービスの提供が
 できるよう、介護支援専門員に対し、自立支援の視点を
 持って、適切な居宅サービス計画を作成できるよう、
 法に則した生活援助の捉え方や活用できる地域資源を
 周知するため集団指導を実施しています。
  また、住み慣れた地域でいつまでも健康で自立した
 生活を送ることができるよう、自らの健康づくり、
 仲間づくりのためにいんざい健康ちょきん運動に
 多くの方に参加していただき、互いに助け合うことが
 できるような地域づくりも進めています。
  さらに昨年度からは、日常生活圏域に1名ずつ
 生活支援コーディネーターを配置しましたので、地域で
 不足する資源を把握し、ちょっとした困りごとなどを
 地域で解決できるよう、支え合い活動を広めてまいりたいと
 考えています。

再質問A ならば、その対策について誰が担っていくのか。

回答 担い手としては、専門性を要する場合には
 介護福祉士などの専門職に担っていただき、専門性を
 要しない支援については、市の生活支援サポーターの
 養成を受けた方や、ボランティア、地域ですでに活動して
 います団体等の方々に、見守りなどその活動の可能な
 範囲で担っていただきたいと考えています。
  また、これからの退職世代の方々にも地域のことを
 我が事と考え、活動していただけるように、地域の実情に
 ついて周知して参りたいと考えています。

再質問B 
 本当にご回答いただいた、その方法で、生活援助できるのか。

回答 これからの高齢化や人口構造を考えますと、専門職だけでは
 立ち行かなくなります。
  このため現状を市民の皆様にお伝えし、地域包括ケアシステムの
 必要性をご理解いただき、一人でも多くの方が地域に関心を持ち、
 目を向けてくださるようにしていくことが行政の役割であると
 認識しています。
  また、地域の住民が、無理のない範囲で支え手側として
 参加することができるしくみづくりも必要なことですので、
 今後は、各圏域で生活支援コーディネーターがワークショップを
 開催し、地域の実情に合った「住民が主役の支え合いづくり」を
 進めてまいりたいと考えています。

 ・・・ 今日、市の担当者から受け取った
 「第3次印西市地域福祉計画進捗状況調査」を読み込んで
 いきます。
    
=== 先着順受付 ===

☆ 印西市HPより

 新ヘルスアップ教室 令和2年1月開始コース募集中

 高機能歩数計を使用した有酸素トレーニングと、
筋力トレーニングを組み合わせた健康づくりの教室です。

 筑波大学の研究成果に基づいたe-wellnessシステムを
活用し、科学的根拠に基づくプログラムを専門スタッフが
指導します。

教室の対象者
  印西市内に住所がある、35歳以上の人
 ただし、医師から運動を禁止されている人、介護保険の
 受給者(要介護・要支援)の人は参加できません。
  治療中の病気をお持ちの人は、事前に主治医と
 ご相談のうえ、お申し込みください。

教室の会場
 草深ふれあい市民センター2階(そうふけふれあいの里内)
 印西市草深924(旧草深小学校)
 電話:0476-37-3510(直通)
  教室の内容・見学に関するお問い合わせ

教室の時間・内容
 1時間半から2時間程度の教室です。
 教室では、筋トレ講習と、その前後いずれかに、
有酸素トレーニング(バイク・ステップ等)を行います。

 詳細は・・・
  http://www.city.inzai.lg.jp/0000006802.html
  
=== 見頃です。 ===

☆ 印西市HPより

【紅葉情報】市内各施設の紅葉  [2019年12月6日]

 今年も、市内の紅葉情報をお伝えします。

【お知らせ】
  毎年ご紹介していた「草深の森」の紅葉情報ですが、
 現在、紅葉樹周辺にて台風による倒木が確認されているため、
 同所周辺に立入できません。

 そのため、今年の「草深の森」の紅葉情報は休止します。
 ご理解・ご協力をお願いいたします。

 ※ 「草深の森」の一部が閉鎖されています。

 〇 木下万葉公園(きおろしまんようこうえん)
  令和元年12月6日(金)

  竹袋交差点側、木下小学校側共に見頃になりました。

 〇 別所緑地付近(べっしょりょくちふきん)
  令和元年12月6日(金)
 
  北側・南側共に、共に見頃になりました。

 〇 松虫姫公園(まつむしひめこうえん)
  令和元年12月6日(金)

  見頃になりました。

 その他 詳細は・・・
  http://www.city.inzai.lg.jp/0000004684.html
    
=== 放射能/放射線問題 ===

☆ 印西市/公立保育園(給食食材=放射線測定結果)

(高花、西の原、もとの保育園で使用)=>
 検査日:12月3日、使用日:12月4日

 大根 千葉県産、人参 千葉県産
 ほうれん草 千葉県産、もやし 千葉県産
 れんこん 茨城県産

 放射性ヨウ素、放射性セシウム検出無
 
 以下、詳細は
 => 
http://www.city.inzai.lg.jp/cmsfiles/contents/0000009/9152/R11203.pdf 
   
ぐんじとしのり 
 <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓

 → ご意見・ご要望はIDの * 部分を@に変えて、
   直接、メールをいただければ幸いです。


posted by ぐんじとしのり at 00:03| 千葉県印西市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする