2019年12月03日

勉強しています。

今日2日(月)より市議会では一般質問が始まりました。
 
 −  −  −  −  −

 今日は海老原作一議員を含め、3人の議員が質問を
行い、今年の秋、市内にも大きな被害を出した台風や
大雨に対する質疑が中心となりました。
(昨日、ブログに記載した通り、海老原議員の質疑に
ついては、会派「新政」(私と海老原議員で構成)の
議会報告でお知らせをしてまいります。)

 −  −  −  −  −

 昨日からNHKで始まっている

  発災直後からの4日間を描くリアルタイム・ドラマ 
  ドラマ「パラレル東京 DAY1〜DAY4」<4夜連続放送> を

 見ています。 明日3日(火)からは、「生きるスキル」
 どう行動し、どう備えていくのかも始まるようです。

 http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=20336

 しっかりと見て、勉強したいと思います。
 
 また、  @nhk_ikiruskill もチェックしていきます。

 NHK"体感 首都直下地震ウイーク"にあわせ、防災ノウハウを
 発信中。▼12/2(月)午後4時4分から5日間、M7の地震が
 発災したと仮定し「考える防災訓練」を実施

 ※ 「M7級、30年以内に70%の確率想定」

  30年間、生きられる自信はないのですが。備えておこうと
 私は思っています。
 
=== アンケート調査結果です。 ===

☆ 印西市HPより

(仮称)千葉ニュータウン中央駅圏 
   複合施設整備に関するアンケート調査集計結果
                 [2019年12月2日]

 <アンケート調査の概要>

 1 調査目的
 (仮称)千葉ニュータウン中央駅圏複合施設整備の
 策定に当たり、中央駅前地域交流館の利用状況や、
 当該複合施設の整備に関する市民の皆様のご意見を
 把握することを目的に、市民アンケート調査を実施しました。

 詳細は・・・
  http://www.city.inzai.lg.jp/0000010126.html

 ・・・ 第2回の検討委員会で配布された資料の一部と
  同一の書類です。

== ドコモショップ サポート有償化 ==

☆ 日経 xTECH HPより

 ケータイショップ店員はボランティアではない、
 ドコモが一部サポート有償化へ

               榊原 康=日経 xTECH

 2019年10月1日施行の改正電気通信事業法で
携帯電話の端末代金と通信料金の完全分離が義務化された。

 通信サービスの継続利用を条件とした端末購入補助は禁止。
継続利用を条件としない場合も端末購入補助は最大2万円と
なった。ユーザーの端末購入負担は確実に高まり、販売台数の
減少が予想される。

 販売台数の減少は業界共通の悩みだが、もろに
打撃を受けそうなのがケータイショップを運営する
販売代理店である。携帯電話大手から受け取る販売手数料が
減るためだ。その一方で朗報も出てきた。

 ケータイショップにおけるサポートを一部有償化する
動きが進みつつあるのだ。NTTドコモが2019年12月からの導入を
検討している。

  NTTドコモが検討しているのは、他店舗で購入した
「持ち込み端末」に関するサポートの有償化である。
 自店舗で購入した端末についてはApple IDやGoogleアカウントの
設定、電話帳の移行などを原則、無償で受け付けるが、
持ち込み端末については3000円の手数料を徴収する方向で
調整している。さらにFacebookやInstagram、LINE、
モバイルSuicaなど他社アプリ・サービスのサポートも
メニュー化し、有償で受け付けていくことを検討しているようだ。

 引用元
  https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00687/100700016/

▼ 参考

 (お知らせ)ドコモショップにおけるお客さまサポートの強化
                         <2019年10月29日>
  https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2019/10/29_01.html
   
  ドコモ 初期設定サポート
  https://www.nttdocomo.co.jp/support/shop/service/setup_support/

 ・・・ ソフトバンクでも同様の動きがあるようです。
    
=== 放射能/放射線問題 ===

☆ 印西地区環境整備事業組合/印西クリーンセンター
 敷地境界における放射線量測定結果及び測定位置図

 (令和元年11月25日) .... 9地点(各5cm/1m)で計測しています。
  0.2μSV/hを越えている場所はありません。

詳細は・・・
  http://www.inkan-jk.or.jp/creen/img/01-inkuri-houshanou-.pdf

 (焼却している廃棄物や持ち込まれる廃棄物による
  放射線量を示しています。一つの基準である年間1mSVに
  達する値が0.23μSV/Hとなっています。)

ぐんじとしのり 

 <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓

 → ご意見・ご要望はIDの * 部分を@に変えて、
   直接、メールをいただければ幸いです。


posted by ぐんじとしのり at 00:04| 千葉県印西市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする