2019年02月03日

勉強しました。

今日2日(土)、市の文化ホールで、コスモスの丘診療所
進藤哲先生が中心となって「在宅医療・在宅看取りを
考えるシンポジウム」があり、聞いてきました。

15490897245310.jpg

15490897674171.jpg
 会場には250人以上が集まりました。

 講演としては、

  在宅医療とは
  在宅看取りとは
  緩和ケア/がんの予後告知 

    が中心であり、充実の内容でした。

 + 進藤先生が講演中に紹介してくれました。
 
  ちば医療ナビ
   千葉県医療情報提供システム
    http://www.iryo.pref.chiba.lg.jp/

 ・在宅医療は入院と外来の中間に位置する。
 ・抗認知症薬について
  (以下の記事をご紹介いただきました。)

 ▼ 参考
   共同ニュースより

  認知症薬、副作用で中止も検討を
  高齢者への処方見直しで厚労省
                2019/1/25 19:39
            c一般社団法人共同通信社

 厚生労働省の有識者検討会は25日、認知症の治療薬を
使用中に幻覚や暴力、めまいなどの副作用が疑われる症状が
出た場合は、医師らに中止や薬の変更を検討するよう
求める方針を決めた。

 多くの薬を服用することが多い高齢者に副作用などの
トラブルが出るのを防ぐのが目的。昨年5月にまとめた
過剰処方を見直すための指針に追加する。

 続き/詳細は・・・
  https://this.kiji.is/461480952951407713

 ・ 緩和ケアとはがんと診断されてから行われるもの。
 ・ 末期がんは、介護保険の申請対象となる。

(この件については、2号被保険者の問題と一緒に、
 過去の市議会定例会で取り上げています。)

 ▼ 参考 ぐんじとしのりブログ
  
  http://togu.seesaa.net/archives/20180411-1.html
 (ブログの内容をスクロールして中程の段落から
  ご覧ください。定例会の質疑を掲載しています。)
  
 ・ 在宅で最期を迎えたいのであれば、救急車を
  呼んではいけない。
  (あらかじめ、家族、かかりつけ医と共に、
   アドバンス・ケア・プランニング※を行い、文書として
   残しておく。)

 ※「将来の意思決定能力の低下に備えて、患者そのご家族と
  ケア全体の目標や具体的な治療・療養について話し合う
  過程」。 簡単に言うと“もしものための話し合い”です
 
  他にも内容盛りだくさんで私には非常に有益で
 勉強になった講演会でした。
(予定の16時を大幅に超えて、16時30分までの会となりました。)

  参加者は250人以上。盛会だったと思います。
 進藤先生をはじめ、関係各位の尽力、ありがとうございました。
(ただ、残念ながら、市議21人全員にご案内が行ったと
 思いますが、参加していたのは私を含めて3名だけだった
 ことを付け加えておきます。)

 ※ コスモスの丘診療所 ホームページ
     https://cosmoshill.jimdo.com/

=== 一般質問を行います。 ===

☆ 2月14日から開催予定の市議会定例会で今回も
 「地域包括ケア」をとりあげ、一般質問を行います。
  以下でご紹介します。

1 地域包括ケアシステムにフレイル予防の考え方を。

 人は年を取ると段々と体の力が弱くなり、外出する機会が
減り、病気にならないまでも手助けや介護が必要となってきます。
 住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続ける事ができることを
目指す地域包括ケアシステムでは「介護予防」が位置づけられて
いますが、印西市では「フレイル予防」という概念が充分で
ないように感じられる。今後、施策として実現していくべき
ではないか。 以下を確認する。

(1)健康長寿の3つの柱という考え方は、周知されているのか。

(2)医療機関等と連携したフレイルチェック、フレイルサポーター
 養成をすべきではないか

(3)フレイル予防を施策として位置づけ、地域で多面的に関わりを
 持たせフレイル対策を行っていくべきではないか

* 参考
「フレイル」とは、健常な状態と要介護状態(日常生活でサポートが
必要な状態)の中間の状態として、日本老年医学会が2014年に提唱した。
  多くの高齢者は健常な状態から、筋力が衰える「サルコペニア」と
いう状態を経て、さらに生活機能が全般に衰える「フレイル」となり、
要介護状態に至ります。

=== 暖かくなりそうですね。 ===

☆ 明日は節分です。

 立春早々に「春一番」か 春は大風の季節
        白石 圭子 日本気象協会  本社 白石 圭子
                    2019年02月02日09:35
  
 3日(日)から4日(月)は、広く南風が強めに吹き、気温が上昇。
立春早々に春一番を観測する可能性も。東京で4日に春一番が吹くと、
過去の最も早い記録を更新することに。

 ポイント解説へ
  3日「節分」鬼は外! 寒気退き春の雨 次第に荒れる
  4日「立春」東京都心で南風8m/sを予想 最も早い春一番か
  桜が咲く頃から満開の頃の気温に
 「春の嵐」強風だけじゃない 気をつけること

 詳細は・・・
  https://tenki.jp/forecaster/k_shiraishi/2019/02/02/3520.html

▼ 参考 こんなニュースも見つけました。

 YAHOOニュース/ウェザーニュースより
 
 首都圏で6年ぶりの大量飛散!? 今から始める3つの花粉症対策!
             1/20(日) 7:04配信 ウェザーニュース

  2019年春のスキ?・ヒノキ花粉シーズンの花粉飛散量は、
ほぼ全国的に平年並か、平年より多い予想です。
 全国平均で平年の6割増となり、特に東日本を中心に予想飛散量が
平年の1.5〜3倍になるとみています。

 詳細は・・・
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-00007154-weather-soci

=== 放射能/放射線問題 ===

☆ 印西地区環境整備事業組合/印西クリーンセンター

 平成30年度 印西地区環境整備事業組合
        一般廃棄物最終処分場放射能量測定結果    
               (1月22日 計測分)

 放流水、上流観測井、下流観測井での放射能量を観測しています。

 放射性セシウム134、137 いずれも
  全ての計測地点で「検出限界値以下」となっています。

 詳細は・・・
  http://www.inkan-jk.or.jp/last/img/30-shobunjyou-houryusui-.pdf

ぐんじとしのり 
 <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓

 → ご意見・ご要望はIDの * 部分を@に変えて、
   直接、メールをいただければ幸いです。
  

posted by ぐんじとしのり at 00:00| 健康福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする