2018年08月26日

夏休みは今週いっぱい。

 先日、車で走っていたら「夏休みの友」について
ラジオで放送され、出演者たちが盛り上がっていました。

 私も「夏休みの友」の話を聞いて、たぶん(東京では)、
そんな名前だったような気がするなと思いながら、また、
自分が子どもだった頃の遠い昔のことを思い出しながら、
そういえば、今年も「夏休み」は残り1週間なんだな等々
思いを巡らせました。
 
 −  −  −  −  − 

▼ 参考 Wikipedia より 引用

『夏休みの友』とは、日本において、主に公立小中学生を
対象に夏休みの宿題として課される夏休み課題用冊子の
ことである。学校によっては、『夏の友』『夏の生活』
『夏休み帳』などの名前が付けられている場合もある。

 −  −  −  −  − 
 
 今日25日(土)も酷暑がぶり返しました。
 (本当に暑かったですね。)

 酷暑を思いながら、今年の夏前に複数の方から
「夏休みに学童保育入れるのでしょうか?」といった声を
 いただいていたのを思い出しました。

 31日(金)から開会される予定の市議会定例会では、
「学童保育」について、市の対応の今後をとりあげます。

 以下で「通告済」の一般質問をご紹介します。

2.学童保育について
  保育園の待機児児童問題は、学童保育クラブへの
 入所希望につながっている。以前から、複数の
 学童クラブについて様々な意見が寄せられているが、
 特に以下の学童クラブについての今後をお聞きする。

 (1)小倉台小学校での第3学童保育の設置について

  以前から、第3学童の設置を求めているが
 進展が見られない。保護者から 現在、小4で卒所を
 迫られているが、来年になると、新1年生の入学数を
 考えると小3でも入れないだろうという推定があり、
 早急に第3学童を設置すべきだと考えるが、いかがか。
 (例えば、大塚前公園への設置はできないか。)

 (2)牧の原小学校での第2学童の設置について
   現在、地域交流センターでの暫定設置となっているが、
  牧の原小学校内に設置できないか。

 (3)西の原学童クラブについて
  建築から20年を経過し、大規模改修や建替新設が
  必要ではないか。(現在のクラブ内に静養室の設置要望有)

 ・・・ メインとして取り上げているのは、3つの学童ですが、
  その他の学童についても議会で取り上げていきたいと
  思います。
  
=== 秋はゆっくり ===

☆ 日本気象協会/ tenki.jp より

  台風は? 暑さは? 3か月予報
   
  9月も関東から九州は上旬を中心に残暑が続きそう。
 この先も熱帯低気圧や台風の動向に要注意。
 10月は全国的に気温が高く、紅葉の時期に影響も。
 11月は雨の日が多くなるでしょう。

 ポイント解説へ
    9月 まだまだ残暑 台風も要注意

  本州付近は南高北低の気圧配置になり、暖かい
 空気に覆われやすいでしょう。関東から九州の平均
 気温は、平年並みか高い予想で、上旬を中心に残暑が
 続きそうです。熱帯域の対流活動は活発で、南の
 海上では積乱雲が発達しやすいでしょう。

  今年は例年より早いペースで台風が発生しており、
 特にこの夏は大きな影響を受けましたが、9月もまだ
 台風シーズンが続きます。今後も熱帯低気圧や
 台風の動向に注意が必要です。

   10月 秋の深まりゆっくり
   11月 雨が多くなる
  
 詳細は・・・
  https://tenki.jp/forecaster/y_nakagawa/2018/08/24/1866.html
 
=== 壁面に表示されました。 ===
 
☆ 牧の原モア/WonderGOO 千葉ニュータウン店横

 〜 ライザップ千葉ニュータウン店 ( 2018/08/30 OPEN予定)

 牧の原モアの西側の「WonderGOO」の壁面にRIZAPのロゴが
入りました。

15352063203630.jpg
 イエローハット側から撮影

15352063458051.jpg
 画面中央右側にRIZAPのロゴ(左側がジョイフル本田) 

 2018/08/30 OPEN予定/
  詳細は・・・
   https://www.rizap.jp/gym/detail.php?ad=D&store_id=149 
  
=== 放射能/放射線問題 ===

☆ 朝日新聞デジタルより

 環境省、福島の放射能汚染土10キロ紛失 誤って廃棄か
            川村剛志  2018年8月14日 18時54分

 環境省は14日、2011年の東京電力福島第一原発事故後に
福島県内から送付され、省内で保管していた放射性物質で
汚染された土など約10キロを紛失した、と発表した。
 職員間の引き継ぎが不十分で、誤って廃棄した可能性が高いという。
汚染土による健康への影響はないとしている。

 環境省によると、汚染土などは11年11月、2度にわたり
福島市内から東京都千代田区の同省に届いた。
いずれも小型の段ボール箱に入っていた。放射線量は
毎時0・6マイクロシーベルト以下にとどまり、省内の
スチール製収納ケース内に施錠した上で保管していた。

 今月上旬、報道機関からの問い合わせを受けて所在を
確かめたところ、紛失していたことが判明。
 その後の調査で、ケース内に汚染土があることを知らない
環境省の職員が今年1月に廃棄処分を業者に委託し、持ち出されて
処分された可能性が高まったという。

 詳細/続きは・・・
  https://www.asahi.com/articles/ASL8G5RD3L8GUBQU00N.html

ぐんじとしのり 
 <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓

 → ご意見・ご要望はIDの * 部分を@に変えて、
   直接、メールをいただければ幸いです。
    

posted by ぐんじとしのり at 00:42| 千葉県印西市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする