2018年01月18日

次の世代へ

 23年前、兵庫県南部を震源として発生した
大震災がありました。 阪神淡路大震災。
 
 平成も30年を数え、当時を知らない世代も
増えていく中で(私は現地にはいませんでしたが)
当日を過ごしてきた私たちは何を次世代に、
語り継がなければならないのだろうか。
 私はこの日を迎えるたびに考えます。

(学校の教科書で「阪神淡路大震災」が
紹介されていた時には、本当に驚きました。)

 犠牲者のご冥福をお祈りすると共に、
災害への備えをしていかなくてはなりません。

=== DMOを聞きました。 ===

 今日17日(水)、日経本社(東京・大手町)で
セミナーがあり、参加してきました。

15162011509420.jpg
 「地方創生におけるDMOの活かし方」

 地域の観光政策のかじ取り役として、全国各地で
「日本版DMO(観光地経営組織)」が立ち上がって
きていますが、今回のセミナーでは「DMOで何を
やりたいのか。何を期待しているのか?」といった
DMOで追及する真の成果について講演があり、また、
DMO設計のポイントや検討要素(コンテンツ・方向性
・エリア等)を聞き、最後に国内の先進地の取組の概要と
ポイントを示していただきました。

 先進地の取組例
 − 弘前市観光振興部
 − (一社)信州いいやま観光局
 − (一社)長崎国際観光コンベンション協会 

 −  −  −  −  −
 
 市街地の再生には今までは行政が主に関わってきましたが、
現在は、民間主導で「官民連携のまちづくり」へと転換して
きつつあります。このような中で、今回のセミナーを聞き、
賑わいの創出には何が必要か、コミュニティ再生や地域の
価値向上にはどうすればいいか。考えるきっかけとなりました。 
  
=== 先着60名 ===

☆ 印西市HPより
   印西市女性の会・男女共同参画事業
   「もっと自由に!〜人生の終末期に向けての備え〜」
                  [2018年1月16日]

 男女共同参画社会の実現に向けて、印西市女性の会と共催で
講演会を開催します。誰もが迎える人生の終末期を、自分らしく
過ごすために、エンディングノートや生前整理について学びます。

 日時 平成30年2月10日(土)
   午前10時〜12時

 場所 印西市中央公民館
   印西市大森3934−1

 定員 60名(先着順)
 参加費 無料
 
 詳細は・・・
  http://www.city.inzai.lg.jp/0000007465.html

=== 放射能/放射線問題 ===

☆ 印西市/公立保育園(給食食材=放射線測定結果)

(西の原、もとの保育園で使用)=>
 検査日:1月16日、使用日:1月17日

 きゅうり 群馬県産、チンゲン菜 千葉県産
 にら 茨城県産、人参 千葉県産、もやし 千葉県産

 放射性ヨウ素、放射性セシウム検出無
 
 以下、詳細は
 => 
  http://www.city.inzai.lg.jp/cmsfiles/contents/0000000/974/30.1.16.pdf
 
ぐんじとしのり 
 <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓

 → ご意見・ご要望はIDの * 部分を@に変えて、
   直接、メールをいただければ幸いです。


   
posted by ぐんじとしのり at 00:06| 千葉県印西市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする