2014年11月13日

心配しています。

☆ 印西市防災メールより

 ●行方不明者情報 2014/11/12 17:00

「行方不明者発見依頼」次の方が行方不明と
なっています。発見にご協力ください。

 印西警察署管内第36号、
 不明日:平成26年11月12日午後1時5分頃、
 不明場所:印西市中央北3-2
  イオンモール千葉ニュータウン店内
 年齢:5才、性別:男、身長:100cm位、
 体格:やせ型で面長、頭髪:黒色スポーツ刈り、
 その他:着衣 上衣 青と白のヨットパーカー、
  下衣 青と白の縦縞ズボン、
  履物 青色アンパンマンの靴、

 連絡先:お心当たりの方は、
  印西警察署生活安全課(42)0110(代表)まで
  お願いします。

  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇ 

 セコムHP 記事より 
   http://www.secom.co.jp/kodomo/a/20140116.html
 
 小学生のお子さん必見!
    いざというとき「悪い人」から身を守る方法

▼ 「悪い人」はいつ狙いを定めるのか?
 子どもを狙う不審者は、いつも計画的というわけではなく、
たまたま条件が整った瞬間にターゲットを決めることが
よくあります。「条件」というのは、だれかに
見とがめられることなく目的を遂げられ、逃げ切れる状況に
あるかどうかということ。人目や立地などの死角を探しながら、
街中を歩いていることが考えられます。

 以前、子どもの安全研究で有名な清永賢二先生と
対談したときにこんなことを伺いました。

・500mくらい前から子どもを探し、200m手前くらいで
 心を決める
・周囲を警戒しながら距離を詰め、20mくらい手前で
 行動を起こす準備を始める
・さらに距離を詰め、子どもがどのように逃げても
 捕まえられる6m手前で一気に飛びつく

 つまり、犯人から逃げるには、物理的に最低6m以上の
距離が必要だということです。
 6m先に様子のおかしい人がいたら、即座に逃げなくては
 なりません。
どれくらいの距離か、お子さんと実際に測って、
体感させることをお勧めします。

▼ ランドセルは捨てて逃げよう!
 子どもを狙う者は、子どもが20m先に逃げてしまうと
諦めるそう。「6m」というのは、大人と競争して
20m逃げ切るための距離ともいえます。

 では、6m以内の距離まで詰められてしまった場合には、
どうしたらいいでしょうか。

 それは、「身軽になること」。

 ランドセルや手荷物を手放して逃げると、4m手前から
でも20mの距離を逃げ切れる場合が多い、という
実験結果があるそうです。これは低学年のお子さんにも
いえることです。

 いざというとき逃げだすためには、迷わず行動することが
重要。ランドセルを素早くおろす練習というのも、
ひとつの防犯訓練になります。

▼ 必ずやっておこう!「防犯ブザー」と「大声」の練習
 子どもを狙う犯罪から身を守るために、もっとも
重要なのは、犯行の条件が整う「死角」に近寄らないこと。

 万が一、身に危険が及んで逃げだすことや、
逃げ切ることが困難な場合には

 ・防犯ブザーを鳴らす
 ・大声を出す
    このふたつの行動が助けになります。
 
 いざというときには体が動かず声が出ないほどの
恐怖にとらわれてしまうことも考えられますから、
頻繁に練習しておくことが非常に重要です。とくに、
体中がびりびり震えるくらい「大声」で叫ぶようなことは
日頃、あまり経験がないことだと思いますので、
どんな感覚かを知るためにも、ぜひ一度やってみてください。

 また、防犯ブザーを鳴らすだけでは、周囲に
気づかれない可能性もあります。身振り手振りで
危険を知らせる、同時に大声を出すなど、いろいろな形で
危機を脱する方法を練習していただきたいと思います。

 これらのことは、知識だけでは身につけることが
できません。保護者の方が主導して、練習させてくださいね。

* * * * * * * * *

「危ない人が来たら逃げなさい」といっても、
子どもには簡単に判断できないことでしょう。
お子さんによっては、「違っていたらどうしよう」
「失礼じゃないだろうか」などと考えてしまい、
瞬間的に出遅れてしまうことがあります。

 間違っていてもいいのです。「おかしい」と
感じたら、とにかくためらわないこと。

このことを、お子さんに伝えてあげてください。

  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇ 

 既に発見されていて、解決しましたという
 連絡が遅れているだけなのでしょうか・・・  
 
 無事に保護されることを祈っています。
 
=== 帰ってきました。 ===

 昨日、今日(11/12)と福岡にいて、視察研修を
行ってきました。報告は近日中にこのブログで
アップして行きたいと思います。

 ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

 久しぶりに福岡に行ってきました

 昨年は通過するだけだったので、指折り数えてみれば、
およそ4年ぶりかなと思っています。

 世紀が変わり行く時代から4年前にいたる頃までは
年に3-4回は仕事で福岡に行っていました。
 
 今回は、移り行く街を目の当たりにしながら、
時は流れているのだなと感じて帰ってきました。
 
 そもそも、当時と比較して、一番大きく変わったのが
羽田を使わなくなったこと。
 
 成田からLCCを使って往復しました
 
 ラクですね。電車の本数が少なかったり、接続が
上手くいかなかったりはありますが、気分的にラクです。

 ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇
 
 そういえば、、、以下のようなニュースもあります。

「成田空港に新たな「第3ターミナル」が誕生、
  LCCターミナルとして2015年4月供用開始」 

 成田空港は、2015年4月8日に「第 3 旅客ターミナル」の
供用を開始する。これは、拡大するLCCの受入体制を
強化のために整備してきたLCC ターミナルで、現時点で
決定している利用航空会社はジェットスター・ジャパン、
バニラエア、春秋航空日本の3社。

 成田空港の2014年冬ダイヤでは、国際線LCCのシェアが
前年比倍増の7.2%となっており、拡大する需要に
こたえるものだ。

 詳細は・・・・
  http://www.travelvoice.jp/20141030-29888
 
 ・・・ 使い勝手のよい成田空港になればいいなと
  思っています。
 
=== 毎日、解体ショー? ===

☆ 印西黒潮市場〜
   BIGHOPガーデンモール印西内(駅前ビレッジ)

 BIG HOPガーデンモール印西に、「黒潮市場」が
関東初出店、12月5日(金)にグランドオープンします。

 和歌山県にある複合商業施設「和歌山マリーナシティ」
内にある「黒潮市場」は、人工島・和歌山マリーナシティの
第一期施設として、隣接するテーマパーク
「ポルトヨーロッパ」とともに平成6年に開業し、
今年で開業20周年を迎えます。
 和歌山マリーナシティは年間来場者数約300万人で、
そのうち「黒潮市場」は約180万人が訪れる人気施設で、
生マグロの解体ショーを毎日実施しており、魚介類の
販売はもちろん、すぐに丼や寿司、バーベキューなどで
旬の海の幸を楽しめるのが魅力です。

 詳細は・・・
  http://www.bighop.jp/sp/kuroshio.html

 ・・・ オープンしてくれるのは本当に嬉しいのですが、
  平日に人が入るとは思えない。。でもでも、
  大型バスの駐車場も整備するようで、期待はしたいと
  思っていますが、、、さてさて。
 
=== 放射能/放射線問題 ===

【印西市学校給食 放射性物質検査結果】

≪滝野学校給食センター≫ 5品目検査

 牛乳 茨城県、千葉県 栃木県、北海道
 卵焼き 千葉県、茨城県 岩手県、愛知県
 いわしの開き 千葉県、大根 千葉県
 ヨーグルト 千葉県

 給食丸ごと検査:給食提供日:11月4日〜11月7日
 放射性ヨウ素・放射性セシウム検出 無

 (検査日:11月11日、食材使用日:11月17日他)

 
 詳細は
 => http://inzai.ed.jp/kyusyoku/?page_id=85

              
 ぐんじとしのり 
    <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓
 → ご意見はメールIDの * 部分を@に変えて、直接、お送りください。



posted by ぐんじとしのり at 01:11| 防犯・交通安全対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする