2014年08月16日

黙祷を捧げました。

 今日(8/15(金))正午から、市役所玄関前で
「印西平和の鐘」を撞き、1分間の黙祷を捧げると
言うので、市役所で打ち合わせを行っていた私は
参加することにしました。

http://www.city.inzai.lg.jp/cmsfiles/contents/0000003/3061/in1.pdf

 終戦の日の今日、戦争の惨禍を経験した日本が
守るべき平和主義とは何か、改めて考える必要は
あるのでしょう。
 軍事力の強化をすすめる中国など、日本を取りまく
安全保障環境が激変している現在、今年7月、政府は
「集団的自衛権の行使容認」を閣議決定し、
「積極的平和主義」のもと、日本の安全保障の新たな
枠組みの構築をめざしています。
 
 あまりにも動きが早すぎて、考える暇もないまま
進んでいる現在。立ち止まって真剣に考える時間が
必要なのではないでしょうか。(それとも、政府に
急がせる何か秘密があるのでしょうか。)

 2度と戦争の悲劇を繰り返さないと憲法9条を
遵守してきた終戦後69年の日本。
 世界が大きく変わって行こうとする中で、
国の平和を、何よりも国民の安寧をどう保って
いくべきなのでしょうか。
 
 一人の国民として情報収集し、考えてみます。  

===  印西市HPより ===

☆ 平成25年度政務活動費収支報告を閲覧できます
  
http://www.city.inzai.lg.jp/0000003095.html

 昨日の私のブログで公開場所をご紹介しましたが、
 今日(8/15(金))、冊子として置かれていました。

14081096779950.jpg
議会議事録のコーナーに置いてあります。

14081097369790.jpg 
 2分冊となっています。

===  海や川、水辺で遊ぶ方に。。 ===

☆ 友人から回ってきました。
 
 本当におぼれている人はおぼれているようには見えない、
静かに沈んでいく人に気付くためのポイント

  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

 いかりを降ろしたボートの近くで遊泳していた夫婦の
もとへ、ボートの船長が服を着たまま水へ飛び込み、
すごい勢いで駆けつけました。水をかけあって遊んでいた際に
妻が叫び声を上げたため、「君がおぼれていると
勘違いしてるんじゃないかな」と夫は笑い、
「大丈夫だよ!」と叫んで船長を追い払おうとします。

 しかし、夫妻の間をすり抜けた船長が救助へ
向かったのは、夫婦の後ろわずか10フィート(約3メートル)の
位置で静かにおぼれていた9歳の娘でした。
 船長の腕で救助され、初めて少女は「お父さん!」と
泣き声を上げたそうです。

 元ライフガードである船長は遠くからでもおぼれる少女に
気付くことができたのですが、夫妻はすぐ近くで娘が
おぼれていることにまったく気付いていませんでした。
こうした事例は珍しくなく、テレビや映画によって
「おぼれる人はこう見える」というイメージを
すり込まれている人が、実際におぼれている人に
気付かない場合は多いそうです。

 ではいったいどうすれば、おぼれている人を
見つけることができるのでしょうか。

詳細は・・・
 http://gigazine.net/news/20100910_what_drowning_looks_like/

  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

 終戦記念日も過ぎ、海では夏の波も引いていきますね。
 夏の大事な想い出が哀しみに包まれませんように。
  
===  遠いのですが・・・ ===

☆ 下総ふるさとふれあい納涼まつり(成田市)

 ◆ 開催日時 2014年8月16日(土) 16:00〜
◆ 開催場所 下総運動公園 ふれあい広場
(千葉県成田市高岡1435)
◆ 内容
  下総みどり学園吹奏楽部の演奏、
  太鼓と盆踊り、大抽選会、打ち上げ花火

 ◆その他
  駐車場が少ないので、公共交通機関を
  利用してください(JR滑河駅から徒歩15分)。

 ◆問合せ先
  下総ふるさとふれあい納涼まつり実行委員会
  (東商工会下総支所内)
  電話:0476-96-2839

 詳細は・・
 http://www.city.narita.chiba.jp/kanko/saijiki/cal-nouryou_1.html
 
=== 放射能/放射線問題 ===
 
☆ 印西地区環境整備事業組合/印西クリーンセンター
 敷地境界における放射線量測定結果及び測定位置図

http://www.inkan-jk.or.jp/creen/img/26-inkuri-houshanou-.pdf

 (H26.8.12) .... 9地点(各5cm/1m)で計測しています。
  0.2μSV/hを越えている場所がはありません。  
     
 ぐんじとしのり 
    <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓
 → ご意見はメールIDの * 部分を@に変えて、直接、お送りください。



posted by ぐんじとしのり at 00:52| 千葉県印西市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする