2014年07月17日

児童数は43名

工事は「予定通り進んでいる」と説明がありました。

「(来年)3月上旬に工事を完成させ、備品の搬入を行い、
(来年)4月に開校させる」といいました。
 
 (仮称)21住区小学校開校に係る説明会

 今日16日(水)16時30分から原小学校で説明会が
開催され、市教育委員会から担当者が出席しました。

14055296398191.jpg
  説明会には50名弱の保護者が集まりました。

14055296230280.jpg
  会場の前には21住区小学校のイメージが
 置かれていました。

「説明会」で使われた資料を抜粋転載します。

 = = = = = = = = = =

☆(仮称)21住区小学校概要 

 千葉ニュータウン21住区の新たなまち開きに伴い、
原小学校を母体校とした小学校を新設するとともに、
新小学校を核とした公共公益施設として、地域住民の
相互交流の促進を目的とした文化活動、ボランティア活動、
コミュニティ活動等の拠点となる「地域交流施設」及び
放課後児童の健全育成を目的とした「学童保育施設」を
併設した施設となります。

 施設概要(2階建て)
  小学校 
   普通教室15室(低学年が1階、中高学年が2階)
   特別支援教室3室(1階保健室脇)
   多目的教室5室(1、2階にそれぞれ配置)
   その他各種特別教室等、体育館、
   プール(25mX6)
   運動場(1周200mのトラックと直線が100m)

  地域交流施設
   ギャラリー及びキッズコーナー
   会議室1室、多目的室2室
 
  学童保育施設
   生活室1室(定員45名)

 − − − − − −

(3)児童数について
  平成27年度児童数(H26.5.1現在)
  児童数 合計43名
   (1年生11名、2年生12名、3年生9名
    4年生3名、5年生4名、6年生4名)

(4)今後の予定について
  @ 児童数の確定 11月14日(金)
   * 学区外就学の希望があるかたは、この日までに
   申請をしていただけるようお願いいたします。

   => 学区外就学の希望
    平たく言えば、現状のまま「原小学校」に
    行きたいという希望です。
  
  A 入学説明会(予定)
     平成27年2月6日(金)午前中 原小学校
 
  B 入学通知書=新1年生のみ
     平成27年1月末頃、自宅に郵送されます。

(5)その他
  @ 学区外就学を希望される場合は、随時学務課へ
   ご相談ください。
            以下 略
 = = = = = = = = =
    
(主な質疑と回答(抜粋))
 + 児童数が少ないが、学年一人に先生は一人つくのか。
  ・・・ はっきりしたことはすぐに回答できないが
   複式学級になる可能性もある。その場合でも、
   国語や算数などは学年ごとに授業のできるように
   充分な配慮は考えていく。
 (上述のように11月14日(金)までに「学区外就学の
 希望」も含め、開校時の児童数を「概ね」確定させ、
 その上での「千葉県教育委員会」での教員配置を
 決めていくという流れになりますので、「回答しずらい
 質問」だな、と私は質問者の質問を聞いていました。)

 + 4年生3名だということだが、この3名が
  原小学校に就学を希望するということになれば、
  4年生はゼロになるが、それでも学校は開校するか。
  (他の学年も同様)
   ・・・ 開校する。

 + 人数が少ないとクラブ活動等に支障が出ることも
  考えられるが。
   ・・・ 話し合って楽しい教育活動を行っていく。
    市教委も協力する。ただ先生の人数も少なく
    なることが予想されるので、その点はご理解
    いただきたい。

 + 開校時のスケジュールは?
   ・・・ (あくまでも予定だがとの断りあり)
     4月初めに開校式
      6日に始業式、7日に入学式。
      開校式と始業式が同日の可能性あり。
 (説明会終了後、説明された教育委員会の担当に
  対して、21住区へいく児童のために「お別れ会」を
  催すなどを考えてほしい旨を私から申し入れました。
  教育委員会では、今後「準備会?」を立ち上げる
  ことも教えてくれました。)
   
 + 地域交流施設と学校の間は行き来ができるのか。
   ・・・ 防犯上、区切られている。 

 + 牧の原5丁目、印西総合病院の間に信号がなく
   不安である。信号の設置をお願いしたい
   ・・・ 担当に伝える。

※ 質疑終了、閉会後、担当者に挨拶に行ったところ、
  遅れてきた保護者より、「学童保育」について、
  質問があり、教育委員会が回答できないようだったので
  その場に居合わせた私が知っている範囲で回答しました。

 + 学童保育には入れるのか?
   ・・・ 現状(5/1)の児童数から見て
   問題なく入れると考えられる。
 
 + 指導員の数は?
   ・・・ わかりません。そもそも(最終的に)何人の
   児童が21住区の小学校にいくかはっきりしていない以上、
   指導員の数も決められないと思う。
 
 + どのような申込み方法になるのか
   ・・・ 来年の1-2月頃に広報いんざいを通じて
   学童保育の募集について告知があるはずなので、
   ご覧になってもらえればいいと思う。
   詳細については担当の「保育課」にご相談願いたい。

(その他)
 = 小学校の正式な名称は市議会9月定例議会に提案される
  ことが本日の説明会で発表されました。

 = 21住区小学校に行く子どもたちは中学校は
  「滝野中学校」になることが公表されました。
 (* 以前は「西の原中学校」でした。
  後日、経緯を含め、詳細にこのブログでご紹介
  する予定です。)
  
  >>> この件に関して、現在「原小学校」に
  21住区から通っている6年生(3名)は希望として、
 「西の原中学校」に行かせたいが。。という質問が
  保護者からありました。
  この質問に対して、市教委は「学務課にご相談を」
  という回答にとどめています。
 (この3名の小6の子ども達は不安を抱えていると
  保護者からの訴えもあり、私自身は「(友人の
  90%以上が行く)西の原中に通わせるべき」だと
  思いますが。。市教委の賢明なる判断を求めます。)
 
 今回の説明会に関する ・・・
  問合せ先:印西市教育委員会
       教育総務課・学務課 (市役所4階)

   42-5111(代表) 交換手が出ます。
     担当部署をお伝えください。

  学童保育も電話番号は同じです。
   保育課(市役所1階)
   42-5111(代表)※ 交換手が出ます。

=== いよいよ開店です! ===

☆ カスミ西の原店

 「フードスクエアカスミ西の原店」
      7月18日(金)あさ9時OPEN

 http://togu.seesaa.net/archives/20140707-1.html

  駐車場120台 あさ9時〜よる12時
  電話番号 0476-48-5735

  郵便ポストも店舗東側に設置されました。
 (1日1回の収集があります。)

  オープン日、朝イチは混んでいるのでしょうか。
  行ってみようかな。。。 

=== 走ってみました。 ===

☆ 国道464号線(草深原山〜印旛鎌苅)

14055296722843.jpg
  草深(原山北側)入口付近

14055296599812.jpg
  車を一瞬停車させ、車中からパチリ。
  正面は「印旛日本医大」駅

 予定では、平成32年(2020年)に、、、、
 北千葉道路(国道464号線)が成田空港の
 そばまで直結する日を私は、楽しみにしています。
(東京五輪まで間に合わせるでしょう。。。)

=== 50年ぶりの。。。。 ===

☆ 明日はいよいよ。。。。

  京都・祇園祭の最大の見所。長刀鉾を先頭に
 23基の山鉾が京都の中心部を巡行します。

 http://kyoto-design.jp/special/gionmatsuri/yamahoko
 
  2014年の祇園祭は今までと大きくかわります。
 約50年ぶりに「前祭(さきまつり)」と「後祭(あとまつり)」
 に分かれる形に戻ったことにより、山鉾の巡行も
 前祭(17日(木))と後祭(24日(木))の2度行われます。
  そして、もうひとつ大きなニュースとして「大船鉾」の
 150年ぶりの巡行への復帰があります。大船鉾は後祭の
 巡行の最後を行きます。

 ・・ ええなぁ。。。この時期の京都に行ったことは
  ないのですが、行ってみたいですね。
 
=== 放射能/放射線問題 ===

【印西市学校給食 放射性物質検査結果】

≪本埜学校給食センター≫ 5品目検査

 にんじん 千葉県、きゅうり 千葉県、小松菜 千葉県
 白米 千葉県、みそ 千葉県・栃木県

 放射性ヨウ素・放射性セシウム検出 無
 検査日:7月15日、食材使用日:7月16他
 給食丸ごと検査:給食提供日:7月7日〜7月11日
 
 http://inzai.ed.jp/kyusyoku/?page_id=85


ぐんじとしのり 
    <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓
 → ご意見はメールIDの * 部分を@に変えて、直接、お送りください。



posted by ぐんじとしのり at 02:16| 文教政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする