2014年02月21日

今日(20日)は「雨水」

 今日20日は二十四節気の「雨水」

 空から降るものが雪から雨に変わり、
氷が溶けて水になる、という意味。
 草木が芽生える頃で、昔から、農耕の準備を
始める目安とされてきました。
 春一番が吹くのもこの頃です。
しかし、本格的な春の訪れにはまだ遠く、
大雪が降ったりもします。三寒四温を
繰り返しながら、春に向かっていきます。

  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

 今日20日(木)も印西市議会では「代表質問」
が行われました。

 代表質問を行った3人以外は発言する機会もなく、
ただ座って、3会派の代表の質疑を聞いていました。

  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

 水曜日、木曜日は「雪かもしれない」という予報が
先週はでていましたが、予報が変わり、事なきを得て、
私はホッと胸をなでおろしました。
 
 明日21日は金曜日。家に戻ってきて、気がついた
新聞を見ながら、あることを思い出しました。
 
「電話するのを忘れた。。明日は粗大ごみの日。」

「消費増税前の買い物」と文字が躍りますが、
買い物だけでなく、「家電リサイクル費用」も
また値上がりをします。
 
 廃棄するものにお金を出すのは惜しく、 
部屋の掃除もしなくてはなりません。  
(粗大ごみの日に家電リサイクルが必要なものを
もって行ってくれるわけではありません。)

 不用品の処分をして、部屋もすっきりと
 したいものです。

▼ 参考 家電リサイクルは洗濯機、冷蔵庫、エアコン、
テレビなど、比較的大型の家電をリサイクルの対象と
してきましたが、現在、不燃ごみや粗大ごみに出している
小型家電は、小型家電リサイクル法で、、、
「使用済小型電子機器等に利用されている金属
その他の有用なものの相当部分が回収されずに
廃棄されている状況に鑑み、使用済小型電子機器等の
再資源化を促進するための措置を講ずることにより、
廃棄物の適正な処理及び資源の有効な利用の確保を
図り、もって生活環境の保全及び国民経済の健全な
発展に寄与すること」を目的としたリサイクルを
行うことになっていきます。

 それで、印西市の現状は?
 
 組合の議会で聞いていますので、以下にご紹介します。

(2/6(木)時点での「組合」での回答です。)

 = 環境整備事業組合 一般質問 Q&A  = 

【質問2】 小規模家電リサイクル法が今年度から
 実施されたが、組合では今後どのような対応を行うのか。

(1)構成自治体(印西市・白井市・栄町)とどのような
 話し合いがされているのか。

【回答】使用済小型電子機器等の再資源化の促進に
関する法律が施行され、千葉県内54団体では、今年度
12月現在、10団体が実施しており、さらに今後は、
35団体が実施を予定している、と聞いております。
 当印西地区におきましては、今年度8月の関係市町との
担当者会議において、使用済小型電子機器等に含まれる
有用金属の再資源化の推進について、法の趣旨に則り、
今後「実施に向けて検討する。」との共通認識を図り、
これまでに、実施時期、回収品目、回収方法等についての
意見交換、また、関係市町の意向等の調査・確認を行って
おります。

(2)組合として、今後のスケジュールは検討されているのか。

【回答】今年度、関係市町との共通認識としまして、
回収品目及び回収方法等の検討期間、住民周知期間を
勘案し、平成27年度の実施を目途に検討してまいります。

  = = = = = = = = = = =

 ・・・ 回答が行われたように、まだまだ印西地区では
 進んでいないのが現状です。進んでいないとすれば、
 以下のような取り組みも、協力して進めていただきたいと
 考え、組合議会で私から紹介させていただきました。
  
 ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

船橋市、小型家電回収に障害者参画
  
 船橋市が5日から開始する使用済み小型家電リサイクル事業に、
障害者福祉事業所の団体が参加する。障害者が家電を分解・
分別して事業者に売却するもので、売却利益は障害者の収入になる。

 同事業で自治体と障害者団体が連携するのは県内初の試みで、
関係者は他の市町村への広がりも期待している。(平山徹)

 同事業に参加するのは、県内の19福祉事業所が参加する
「県障害者福祉事業所リサイクル事業ネットワーク協議会」
(略称・ちばリサイクルネット)。

 小型家電リサイクルは、「使用済小型電子機器等の
再資源化の促進に関する法律(小型家電リサイクル法)」が
昨年4月に施行されたことから、自治体の努力義務となった。

 船橋市では小型家電を回収する方法の一つとして、
5日から市役所本庁舎など市内4か所の公共施設に
回収ボックスを設置し、市民に直接持ち込んで
もらうことにした。

 ちばリサイクルネットの会員事業所で働く障害者が
回収ボックスから無償で引き取り、分解・分別。
これを国が認定した事業者に売却し、収入にする。

 同ネット事務局によると、障害者福祉事業所の受注作業は、
一般に、完成度や生産性を高め、量をこなすことで収入になる。
 しかし、厳しい経済状況の中では、低賃金での大量の作業や
納期が厳しくのしかかることが多い。不良品を出さないように
するため、作業に加われない障害者が出ることもあるという。

 これに対し、小型家電を分解し有用資源を取り出す作業は、
不良品を出すリスクがほとんどない。また、工程が多種に
わたるため、多くの障害者が作業に加われるという。
出来高に応じて売却利益が増えるため、小型家電の入手が
確保できれば、障害者の安定した収入につながる。

 同ネットの事務局となっているNPO法人「県障害者
就労事業振興センター」(千葉市中央区)の桜井健司センター長は
「県内で初めてのケースとなった船橋市で、まず実績を築きたい。
障害者の能力を活用し、自立を支援する小型家電リサイクルの
取り組みを、他の市町村にも広げていけたら」と話している。

              (2014年2月3日 読売新聞)

 ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

・・・ 障害者雇用の意味でも、ぜひとも当該NPOに
  声をかけて、協力して今後の事業を作り上げて欲しいと
  私は考えています。

===  神様、残酷ですね。 ===

【メダル絶望的のSP16位】浅田真央“失速”の原因

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140220-00000039-tospoweb-spo

浅田はフリーで自己ベスト更新、暫定首位
2014.2.21 02:05

http://sankei.jp.msn.com/sochi2014/news/140221/soc14022102050006-n1.htm

 もうすぐ、、、27時 残り7人で暫定首位です。
 だから、、、8位入賞は確定です。。。

=== 印西市/インフルエンザ発生情報 ===

☆ 2/20(木)現在 市内で欠席者数が一番多いのは
 滝野小学校です。 =後述
 
☆ 明日21日(金)に予定されている「学級閉鎖」は、
 以下の通りです。

  原山小学校  2-1(今日までの予定が延長)、
  小倉台小学校 1年 学年閉鎖(5クラス)
  滝野小学校  1-2、2-1
  小林小学校  2-1   以上 4校9クラス。
 
 他に学級閉鎖はありませんが、、、
  いには野小学校 3-2 早帰りです。
 
  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  
 
 インフルエンザ欠席者数及び臨時休業情報
              2014/2/20 現在

 木下小   欠席者数 20
小林小   欠席者数 4
 船穂小   欠席者数 1
 永治小   欠席者数 1
木刈小   欠席者数 4
 内野小   欠席者数 9
 原山小   欠席者数 16
 小林北小  欠席者数 2
 小倉台小  欠席者数 14
 高花小   欠席者数 21
 西の原小  欠席者数 3 
 原小    欠席者数 2
六合小   欠席者数 1
 宗像小   欠席者数 5 
 平賀小   欠席者数 2
 いには野小 欠席者数 13 
 滝野小   欠席者数 37
 本埜第一小 欠席者数 4
           以上 小学校

 印西中   欠席者数 10
 木刈中   欠席者数 4
 小林中   欠席者数 0 ゼロ
 原山中   欠席者数 14
 西の原中  欠席者数 0 ゼロ
 印旛中   欠席者数 0 ゼロ
 滝野中   欠席者数 4
以上 中学校 

 もとの幼稚園 欠席者数 13 
 大森幼稚園  欠席者数 2
 瀬戸幼稚園  欠席者数 2
 以上 幼稚園(公立)

 ・・・ ここに記載がない、小中学校および
  幼稚園については「インフルエンザ」の
  欠席者はいません。(市教育委員会の
  調べによる。)

==  風しんワクチン費用補助について ===

☆ 平成25年度 風しんワクチン予防接種の費用補助の
 申請期限について

 平成25年度の風しんワクチン予防接種費用補助の
 申請期限は、平成26年3月31日です。

(郵送での申請の場合は3月31日必着)

 詳細は・・・
  http://www.city.inzai.lg.jp/0000002560.html
         
=== 放射能/放射線問題 ===

【印西地区環境整備事業組合/印西クリーンセンター】
 敷地境界における放射線量測定結果及び測定位置図 

 http://www.inkan-jk.or.jp/creen/img/25.4-inkuri-houshanou-.pdf

 (H26.2.17) .... 9地点(各5cm/1m)で計測しています。
  0.2μSV/hを越えている場所がはありません。
 
  
 ぐんじとしのり 
    <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓
 → ご意見はメールIDの * 部分を@に変えて、直接、お送りください。





posted by ぐんじとしのり at 02:55| 環境整備事業組合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする