2013年11月02日

突然、言うなよ。

 今日1日(金)、会派の打合せで市役所に
行ってきました。

 海老原作一議員から出されたのは、今月15日に
発行予定の「議会だより」の最終稿。
 
「見やすくなったじゃん。」
 これが率直な感想。

 話は一月以上、前に遡ります。

 ☆ 「印西市議会だより」の変更について 

 議員各位と題して、突然、この紙面が会議前に
配布され、説明され、この通りにしたいからと
言われました。

【編集方針】全体的に写真、イラスト、
わかりやすい見出しで目を引いて、より知りたい
(詳細)への動線をしっかりひく。
(環境整備も併せて進める。)

  = = = = = = = = = =

 具体的に言えば、市民により「伝わる」広報に
すべく、わかりやすい文言や表現方法に改めたいと
説明がありましたが、私は「突然、何の説明もなく
このようなものを提示し承認してください」というのは
乱暴ではないかと反対しました。
 
 特に以下の説明には呆れてしまいました。
   
* 行数を減らして、議員の顔写真を追加する。

 この説明に対して、私だけでなく、同じ会派の
「板橋議員」や公明党の「橋本議員」は大反対。

 結果的に議員の顔写真を入れるなど、何点かの
討議項目について合意を得られることはなく、今回
11/15に発行される見込みの議会便りでの変更は
見送られましたが、今後どうなるかはわかりません。
 
 私が反対したのは以下の点で、板橋議員や
橋本議員も同様の考えを持っていました。

 ○ 顔写真は不要
 (板橋議員曰く、15年ほど前は顔写真をいれていたが
 顔写真よりも内容の充実をすべきとの議論がでて
 掲載はなくなったのに、「復活」は不要。)
 
 ○ 行数をへらし、タイトルや見出しを
 充実させるのであれば、誰がどのような質問を
 したのかさえ、不要で、県議会や鎌ヶ谷市のように
 質問と回答を一対にして、編集すればよい。
 (私は同じような項目だけを誰が発言したかを
 知らしめるために議員一人づつ、項目だてる必要は
 全くなく、同じような質問はまとめ、多くの質問を
 掲載し、市民の知りたいに応えるべきだといいましたが、
 議会便りの編集委員からは「まず市民に手にとって
 もらい、調べたい人はそこから次のステップに進んで
 もらえるようなことをすればいい。」という発言が
 ありました。)
  = 私は、議員のPRに議会便りは使うべきではなく、
 市民が「議会便り」を手に取ることだけで、市民の
「知りたい」に応えることこそが重要だと思っています。
 
 ○ いきなり「変更します」との文書を提出して、
 これで是認してくださいという方法はいかがか?
 = 私はもう少し時間をかけて、この内容については
 議論し、レイアウトや中身を変更するのであれば、
 12月議会の終了後に発行される「議会便り」から
 変更すればいいと主張しましたが、一部の議員からは
 これは編集委員会で話し合われた結果なので、これで
 いいだろうというような発言がありました。
(同じようなことを別の委員会で行い、報告したら
 烈火の如く、抗議をする議員から真逆の発言が
 あったのは驚くべきことです。)
 
 ・・・ 以前、このような話があり、議会では
 「現行のまま」、委員会の裁量の範疇では変更して
 くださいということで、先送りにして、会議は
 終了しました。
 
 そして・・・、今日、最終稿を見て、
「見やすくなったじゃん。」と思いました。。。。
 
 今後はどうなるのでしょうか。 

 以下に私が今回の9月議会の議会だよりの原稿として
掲載をお願いしました内容を記載します。

== 議会だよりの内容(13文字*60行)== 

1.印西市における「子育て支援施策」について

質問 認可外保育施設への補助について、来年度の予算化に
ついてどう考えているか。

健康福祉部長 財政面での負担も充分に考慮した上で、
 来年度の予算化について検討していく。

質問 学童保育について 市はどのように考えているか。
 健康福祉部長 今年度、木刈及びいには野学童クラブの
施設を増設し、定員を増員して、待機児童の解消に努めたが、
今後も利用者の増が予想される地区もあり、各地域のニーズを
把握しながら、保育スペースの確保などにより、対応していく。
 
2.北総線の運賃問題について

質問 民間シンクタンクからの報告書を見て印西市では
 何をするのか

企画財政部長 県や鉄道事業者も含めた関係者間で協議し
 合意形成を図る。

質問 その報告書を見て、いつまでに印西市としては
 結論を出すのか。

企画財政部長 議会も含め説明をし、市の考え方を対外的に
 他の自治体、関係者に示すには年内位には市の考え方を
 取りまとめていく。

質問 報告書の内容は千葉県・沿線市に一緒になって
 検討すべきではないか。

企画財政部長 北総鉄道株式会社からの見解の相違、事実の
 確認等をとりまとめ、データの反証が出揃った上で、
 関係市に持ち込むべきものであろうと思っている。
  それらも含め、年内位を目標にして、1月以降、年度内の
 3ヶ月間で関係者と合意形成を含めた協議を図っていく。
 
(その他の質問)
* 待機児童対策と私立幼稚園への入園費補助について
* 学校給食センターの現状と今後について
* 印西市における2次救急医療体制について
* 印西クリーンセンター移転問題について
* 放射線・放射能対応について
* 印旛中央地区開発について
* 牧の原駅圏の将来について
 (買い物支援・郵便局・交通問題について)

 ・・・・ 以上 議会だよりの掲載予定内容です。

 = = = = = = = = = = = =

【参考】
 ぐんじとしのり 9月定例議会 一般質問項目のうち、
  一部のみ抜粋して、以下に紹介します。

1.印西市における「子育て支援施策」について

  http://togu.seesaa.net/archives/20130926-1.html
  http://togu.seesaa.net/archives/20130927-1.html
  http://togu.seesaa.net/archives/20130928-1.html
  http://togu.seesaa.net/archives/20130929-1.html

2.「北総線の運賃問題について」

  http://togu.seesaa.net/archives/20131003-1.html
  http://togu.seesaa.net/archives/20131009-1.html
  http://togu.seesaa.net/archives/20131019-1.html

 ・・ 何度も私のこのブログに記載していますが、、
 議会だよりでは、今回の定例議会での私の発言のほんの
 さわりの一部(1.印西市における「子育て支援施策」に
 ついての質問のうちの一部のみと、2の「北総線の
 運賃問題について」のわずかな報告となっています。)
 の紹介に留まっています。
 
  議会だより編集委員会は上に記載した内容さえも
 さらに削ろうとしています。これでいいのでしょうか?
 (市議会の議論内容よりも「見出しで目を引いて」、
 詳細をみてもらうという意向があり、その気持ちも
 わからないのではないのですが、私は難しいと思っています。)
 
 明日以降も引き続き、9月議会の一般質問の回答及び
定例議会の報告も含めて、このブログでご紹介して
いきます。  

== もう年末かよと思うのですが。。。 ==

☆ 印西市HPより・・・

 年末年始ごみ収集のお知らせ

 年末年始のごみ収集(年末は最終収集日、年始は収集
開始日)を下表のとおりとさせていただきます。
 なお、粗大ごみの申し込みは、大変混みあうことが
予想されますので、早めの申し込みをお願いいたします。
 また、この期間は大掃除等でごみが普段より多く出され、
収集が遅れる可能性がありますので、ご了承ください。

 http://www.city.inzai.lg.jp/0000001673.html

 ・・・燃やさないゴミ、有害ゴミの収集は、
  今年あと4回。。。


☆ 年賀状が発売されました。

1等に初の現金1万円 年賀はがき発売、36億枚発行

http://www.asahi.com/articles/TKY201311010024.html
                 朝日新聞デジタルより

【永島学】2014年用のお年玉つき年賀はがきの販売が
1日、全国の郵便局などで始まった。今回は年賀はがき・
年賀切手の1等賞品が初めて現金1万円になった。
 当選確率も従来の100万分の1から10万分の1に
引き上げて新たな需要を掘り起こす。
 年賀郵便の受け付けは12月15日から。
 
 年賀状のデザインなどを無料でダウンロードして
使えるインターネットの特設サイト「郵便年賀.jp」
(www.yubin-nenga.jp/)も14年向けがオープンした。

  ・・・ 今年、1年のご無沙汰を詫びないと。
   1年なんて、あっという間です。 
  
=== 放射能/放射線問題 ===

☆ 印西市/水道水における放射線量の測定結果
  http://www.city.inzai.lg.jp/0000001028.html

 放射性セシウム及び放射性ヨウ素の測定値はいずれも、
原子力安全委員会が定めた飲食物制限に関する指標値
及び厚生労働省が示した食品衛生法に基づく暫定的な
指標値を下回っております。

 詳細は。。。上記URLへ。


 ぐんじとしのり 
    <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓
 → ご意見はメールIDの * 部分を@に変えて、直接、お送りください。



posted by ぐんじとしのり at 03:31| 千葉県印西市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする