2012年06月19日

除染作業始まりました。

今日(6/18)から市内小学校の除染作業が始まりました。

早速、最初の学校となった高花小学校に見に行ってきました。
 
2012-06-18 15.02.06.jpg
  除染実施部分を囲っています。=画面左側
  (芝生部分は全て対象となります。「深刈り」)
   * 校舎を背に西側方向を撮影

2012-06-18 15.00.53.jpg
  シャベルカーが校庭に入り作業中です。
 (画面後ろが「高花団地(高花4丁目団地)」です。)
   
【以下、6/1付 ブログより】=(一部改訂)=====
http://togu.seesaa.net/archives/20120601-1.html

(1)【印西市 小学校除染スケジュール(一部)】
最初は木刈小学校、高花小学校の2校から開始。
     (*注 木刈小学校については後述)

その後、小倉台小学校。木下小学校。グランド整備が
絡むので、同時に多くの学校での並行しての作業は
難しいとのこと。
 
原山小学校・・・7月中、下旬開始、

内野小学校、原小学校、西の原小学校、滝野小学校、
いには野小学校・・・数値がグランド中心部は低いので
周辺部を中心に実施(7月中旬から順次実施予定)

小林北小学校 今回実施せず(既に1回実施済)

 ・・・> 芝生のある学校は全て「深刈」を行う。
 いずれも夏休み中にグランド部は完了予定。
(市−教育部総務施設班からの情報)

  ===============

以下、「印西市放射性物質除染実施計画」から抜粋
http://www.city.inzai.chiba.jp/www/contents/1335833536898/files/1.pdf

2.除染目標
 法に基づき、汚染状況重点調査地域に指定された市町村は、
長期的な目標として追加被ばく線量が年間1ミリシーベルト
以下となることを目指します。
当市では、除染関係ガイドラインを踏まえて、できるだけ
早い時期に、地表面から1m(幼児・小学校等、子供の
生活空間においては50cm)の平均空間放射線量が毎時0.23
マイクロシーベルト未満となるよう除染を進めていきます。
上記の除染目標に加えて、市独自の基準として、子供の
生活空間となる施設(幼稚園、保育園、小・中学校)においては、
地表面から5cmでの空間放射線量が毎時0.23マイクロシーベルト
未満となることを目指します。

6.除染方針
 除染方法は、原則として除染関係ガイドライン及びこれを
踏まえて策定された「放射線量低減対策特別緊急事業費
補助金要領(平成24年3月改訂)」に示される除染方法(表4)
から選択し実施します。

ア 除染作業に入る前に、空間放射線量の測定を行います。
イ 土壌については、表層を削り取るか、表土と下層土を
 入れ替えます。
ウ 雨樋下や側溝、排水溝入口などに堆積している土砂を
 収集します。
エ 除草、芝刈り、落ち葉等の清掃を行います。
オ 放水等(一部高圧水)を用いて洗浄等を行います。
カ 上記の除染作業が困難な箇所については、立入制限の
 措置をとることにします。
キ 除染作業の終了後、その効果を確認するための
 空間放射線量の測定を行います。
ク 除染後も定期的なモニタリングを行います。
 
(表4)除染対象に応じた除染等の方法  
                 から抜粋 ・・・

公共施設のうち、学校等子どもが長時間生活する施設

建屋の洗浄
・屋上等の清掃、拭取り、ブラシ洗浄、高圧洗浄
・雨樋等の清掃、洗浄、汚泥の除去等

アスファルト等の除染
・ブラシ洗浄、高圧洗浄
・側溝等の清掃、洗浄、汚泥の除去

表土除去及び客土※1
表土除去及び現場保管※1
土地表面の被覆※1
 ※1 除染対象施設に応じて、いずれか一つを選択する。

・庭等における表土等の除去
・客土、圧密による原状回復
・庭等における表土等の上下層の入替え、除去等
・現場保管の際の残土による原状回復
・汚染されていない土等による被覆
 
草木除去
・枝葉の剪定、低木等の高圧洗浄
・落葉の除去、除草
 
砂場の砂の入替
・砂場の砂の入替

 ================
(ぐんじとしのりから皆様へ)
今回の除染作業の大前提として、除染範囲については
@ 市が定期的に測っている数値で「平均空間放射線量が
毎時0.23μSV/h以上」である場所を対象とし、
A @を前提に除染を実施前に上記6アの作業を業者が
行い除染場所の確定を行うということになっています。
 
・・・言い換えると、@に該当しない場所については
そもそもAの作業に入りませんので、除染は行わないと
言うことになります。(つまり、小学校でも全面に近い
除染を行う小学校と、値が低いので実施しない場所を
抱える小学校が出るということになります。)
 =毎時0.23μSV/未満になったから「よし」とするのではなく、
 そもそも論から言えば、市が推奨する数値を高くとも
 0.1μSV/h未満にするというようにできないものでしょうか?
 
 ・・・ 国から費用負担が出ないと言うのであれば、
  印西市が負担すればいいだけのことです。
  = 多くの市民の皆様は誤解されているようですが、
  印西市は県内でも有数の財政が豊かな自治体です。
 (マスコミ上で、将来債務が多いと書かれるのは事実であり、
 将来債務も抱えていますが、その債務を担保できるほどの
 資金力を印西市はもっています。市が考えなくてはならないのは、
 贅沢な資金の使い道だけです。また、今回の件については、
 東京電力に請求すると言う手段も残っているはずです。
 守るべきは子どもたちの未来です。)

・・・> 今月中に木刈小学校でも除染作業を別の業者さんが
 開始するようです。(詳細、またお知らせします。)
       
== その他−放射能/放射線対策について == 
(1)NHKオンラインより
 森田知事 焼却灰保管場所発表
 http://www3.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1005909031.html
 
 先日のブログにも記載しましたが、先日の大雨の中の説明会は
 なんだったのでしょうか。怒りを通り越して、呆れてしまいます。

 http://togu.seesaa.net/archives/20120610-1.html

(2)【印西市/放射線対応】市民持ち込みによる食品・飲料の
 放射性物質検査の結果(H24.6.4〜6.15)がHPに公開されました。

  詳細は・・・以下のURLからアクセスして、ご覧ください。

http://www.city.inzai.chiba.jp/www/contents/1339121559653/index.html
  *「たけのこ」他から放射性セシウムが検出されています。
  (地区名が表示されていませんので、どこかは不明ですが、
  商品としては出荷されていませんので、心配はないと思われます。)


 ぐんじとしのり 
    <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓
 → IDは * 部分を@に変えて、コメント欄に書けない
   内容は直接、お送りください。











posted by ぐんじとしのり at 01:46| Comment(0) | 放射線問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

子曰、民可使由之。

閉店してしまいました。コモディイイダ西の原店。

 今日17日(日曜日)午後、店の前を通りかかったら
閉店を忘れていたような奥様が店に来て、張り紙を
読んでいました。
 
 1日も早く近隣住民の生活利便施設等の誘致を
お願いしたいと思っています。

 * 印西市ではコモディイイダ高花店の閉鎖と言う
ニュースに伴い、「株式会社千葉ニュータウンセンター」に
対して、以下のような文面を4月18日付けで印西市長名で
提出しています。しかし、印西市の要望は結論から申し上げて
届かなかったのが現状です。
   
【以下、原文のまま】===============
               平成24年4月18日

株式会社千葉ニュータウンセンター
代表取締役社長 *** 様

            印西市長 山 ア 山 洋

 株式会社コモディイイダの店舗閉店に伴う要望について

 (挨拶 記載省略)

 さて、この度、貴社の管理施設に入居している
コモディイイダ高花店が閉店することを決定したことに
伴い、市としまして地域住民にとって生活利便施設は
必要不可欠であるとの認識から下記の通り要望します。

         記

1.高花地区において生活利便施設は必要不可決で
あることから既存店の存続について再度交渉すること。
1.存続が不可能な場合は、直ちに同施設への生活利便性
施設の誘致に努め、地域住民の方々が不便をきたさぬよう
積極的に対策を講じること。
1.店舗の閉店に伴う地域住民への説明責任を果たすこと。
 
* なお、ショッピングモール西の原をはじめとする
各種暫定施設における本設化施設としての生活利便施設等の
早期立地に向けて、各テナントとの交渉が早期に
成立するよう併せて要望します。
                       以上
  ===============

・・・> 記載した文面は「コモディイイダ高花店」の撤退と
 いうニュースに伴い、あわてた印西市が提出したものと
 推測しています。
 
・・・> 要望書の下部4行についてですが、印西市としては
 国の方針に従い、各テナントとの交渉が早期に成立するように
 求めています。

 「地上げ」と言う表現が市長選に伴って聞こえてきますが、
「地上げ」を望んだのは他でもない、国民一人一人のはずです。
(全ては小泉改革に端を発する「特殊法人等整理合理化計画」
 であり、それに続く「独立行政法人整理合理化計画」であった
 ことを忘れているように思います。端的に言えば、
 (株)千葉ニュータウンセンターが関わっている「地上げ
 された」と言われる土地が暫定施設であったか否かは
 大きな問題ではなく、国民が改革を望んだ結果が印西市では
 URを通して出てきているのが現実です。=ちなみに私は、
 小泉内閣が80%以上の高い支持率を持っていたときに
 「支持しない」を選び、直近の民主党のマニフェストに
 最初から疑問を持っていた偏屈です。)

 ・・・ 独立行政法人整理合理化計画とURについては、
  今後、一度ブログに記載を予定しています。
  私自身は「地上げ」と言う言葉は過去の経緯を全く
  認識していない、誤解を招く表現だとお伝えします。
      
== 放射能/放射線対策について == 
(1)MSNニュースより

除染方法解説の小冊子 柏市が2万5千部配布

 千葉県柏市は小冊子「子どもと未来のために〜私たちの手で
行う放射線量の低減〜」を作成した。A5判、24ページ。
市役所などで2万5千部配布する。(以下、URLご参照ください)

http://sankei.jp.msn.com/region/news/120614/chb12061422000002-n1.htm

柏市 該当URL ↓
http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/080800/p011950.html

(2)以下、テレビで放送されているのを全く目にしていない
のですが、何故なんでしょう??。やはり都合の悪いことは
報道しないというスタンスを各社、貫いているのでしょうか。

大飯原発:官邸前で再稼働反対の抗議集会
毎日新聞 2012年06月16日 12時01分 
http://mainichi.jp/select/news/20120616k0000e040159000c.html

 雨が降りしきる中、午前9時ごろから再稼働に反対する市民
約500人が集結。官邸に向かってのぼりや横断幕を掲げながら
「再稼働は許されないぞ」「子供たちの命を守れ」などと
シュプレヒコールを上げた。

 マイクを握ったメンバーは「大飯原発は地震や津波の対策は
何もできておらず、なぜ野田首相は安全だと言えるのか」などと
批判。福島から駆けつけた被災者も「福島原発事故は収束しておらず、
廃炉の見通しも立たない中、被ばく労働者が命を張って日本を
守っている。国民を死地に追いやらないでほしい」と声をからした。
                      【袴田貴行】

 * 金曜日は2000人集まったとネット上では出ていた
  記憶があります。「由らしむべし知らしむべからず」ですね。
  これでいいのか、大いに疑問が残ります。通用しないと
  思います。

 ++ 参考 ++
 子曰、民可使由之。不可使知之。

 「由らしむべし知らしむべからず」
《「論語」泰伯から》人民を為政者の施政に従わせることは
 できるが、その道理を理解させることはむずかしい。
 転じて、為政者は人民を施政に従わせればよいのであり、
 その道理を人民にわからせる必要はない。


 ぐんじとしのり 
    <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓
 → IDは * 部分を@に変えて、コメント欄に書けない
   内容は直接、お送りください。






『週刊ダイヤモンド』定期購読なら最大45%OFF!特典&全国送料無料



posted by ぐんじとしのり at 01:48| Comment(1) | 千葉県印西市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

幕張メッセに行きました。

昨日(6/15 金曜日)、幕張メッセで開催された
ICT(情報通信技術)分野の展示会
 ”Interop Tokyo 2012”に行ってきました

以前から、このイベントには注目していたのですが、
去年は議会中だったか、所用のため、見ることができずに
断念したので、今年は早々と行こうと思い、申し込みを
しました。
 
 * 印西市でも「情報化計画」を策定すると同時に
 先日は以下のようなニュースが突然出てきたために
 この分野でも何かヒントがあればと思っていました。
 
【以下、再掲】 ===============
☆ エキサイトニュースより
千葉県印西市の小中学校、MSのクラウド活用で
教職員連携強化や災害対策を実現 

http://www.excite.co.jp/News/education/20120608/Resemom_8084.html 

千葉県北西部に位置する印西市は、市内の小中学校における
ICT(Information and Communication Technology)活用を
重視し、「授業」「教材作成」「校務処理」「保護者と
地域とのコミュニケーション」の4つの領域でICTを
積極的に活用している。

 ** Interop Tokyo 2012は、インターネット、クラウド、
データセンター、仮想化、セキュリティ、ワイヤレスなど
のテーマで、IT導入決裁者が集う、年に一度のイベントです。

  ===============

私としては、申し込み時にクラウド、仮想化、セキュリティと
言った分野に興味を持って、会場に行ったのですが、
それ以外の分野に驚かされました。

 デジタルサイネージ(DSJ)

確かに都心に行けばよく見かけるようになりましたが、
印西市では殆ど見かけたことがなく、気にも留めて
いなかったのですが、既に先進市では取り組みを
進めています。

2012-06-15 13.38.12.jpg
   伊勢原市観光マップ
 (行きたいところに手を触れれば、画面が
  変わって、その場所の説明が出てくる。)

 そして、IMES(屋内の位置情報提供システム)

2012-06-15 13.47.51.jpg
 
  サンプル出展(提案予定)=東京豊洲の街路図
 (地下から地上の様子が見られるだけでなく、
  多言語対応、行き先案内、緊急時のAEDを装備)

* 展示会の目的であったクラウド、仮想化、
セキュリティといった分野では自治体での利活用と
いった具体的な紹介はなかったのは残念でしたが、
一般的な情報としての情報収集を行ってきました。
(技術の紹介とは言っても機器の紹介が多かった
ように思っています。)
     
== 放射能/放射線対策について == 

(1)昨日(6/15(金))の朝日新聞朝刊に
「放射性焼却灰」
  知事 施設建設表明へ  ・・という記事が
 掲載されました。 

 ◇ 以下、朝日新聞デジタルより抜粋 ◇ 

手賀沼に放射性焼却灰の施設建設表明へ 
              千葉・森田知事
 放射性セシウムに汚染された焼却灰の保管場所を
めぐる問題で、森田健作・千葉県知事は、手賀沼
終末処理場に一時保管施設を建設する方針を固めた。
近く公表する。細野豪志環境相と14日に面会して
最終処分場建設に確約を得たことで、住民が懸念する
恒久保管にはならないと判断したとみられる。

  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

 ・・・先日の住民説明会ででてきた意見は
 結局はなんだったのでしょうか?
 セレモニーとしての位置づけ?
 単なる住民のガス抜きでしょうか。

(参考)
http://togu.seesaa.net/archives/20120610-1.html

(2)千葉日報より
 
 除染など補助拡充を 県、国に重点要望60件
ちばとぴ ちばの耳より情報満載 千葉日報ウェブ
 http://www.chibanippo.co.jp/c/news/politics/86499

 千葉県は15日、国の来年度予算編成に向けた重点要望を
発表した。福島第1原発事故への対応を中心とした60件で、
一時保管場所が問題となっている放射性物質に汚染された
焼却灰の処理や、除染費用の補助拡充など新規13件が
盛り込まれた。

 県政策企画課などによると、焼却灰問題では、円滑な
処理に向けて早急に対策を講じ、安全性を住民に周知する
よう要望。濃度を軽減させる方策を調べるほか、一時保管の
費用は国の責任で補償するよう求めた。

  ・・・ 以下 略

>> だからと言って、手賀沼流域下水道最終処分場に
地元の反対を押し切って汚染焼却灰を置いていいという
論法にはならないと私は思います。 
森田知事、いかがでしょうか?


 ぐんじとしのり 
    <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓
 → IDは * 部分を@に変えて、コメント欄に書けない
   内容は直接、お送りください。





【今なら最大30%OFF】これが世界の常識。『ニューズウィーク日本版』


posted by ぐんじとしのり at 00:43| Comment(0) | 千葉県印西市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする