2012年03月28日

どうなるの?

ここ何日か、何人かの方から、駅前の駐車場に
ついて、お問い合わせをいただきました。
私自身も「あれっ?どうなっているの?」と
思って、当該場所を遠目にみていました。
  
利用者の方には連絡があったのでしょう。
また、そばまで行って看板を見ると何か
書いてあるのでしょうか?
 
* 駅前の駐車場
 = ニュータウン中央駅北側の駐車場
 = 牧の原駅南東側の駐車場
 = 印旛日医大駅東側の駐車場
 
「全て閉鎖されていますが?
 どうなっているの?どうなるの?」

結論から言って、管理運営を請け負っていたNPCが
たった一年で撤退することになったようです。
 
その後はといえば。。。

(1)牧の原駅/印旛日本医大駅
 4月から新事業者が運営管理を行なうようです。
 (業者名は公表を控えます。
  =看板に書いてあるのでしょうか?)
 
(2)NT中央駅
 URが本設化を求め、公募したところ
 複数から申し出があり、決定したとのこと。
 (駐車場ではなくなります。)

 近日中に正式発表があるようです。

思い起こせば、5年半前、旧ダイエーの駐車場で
あった千葉ニュータウン中央駅南側の暫定駐車場も、
千葉ニュータウンセンター株式会社から、突然、
利用者に対して、駐車場をやめたいので
退去してほしい旨の通知があり、当時の
利用者からは私に苦情が来たことがありました。
千葉ニュータウンセンター株式会社からは
「代替地はありません。」とのことで、利用者は
出て行き、今でも、当該場所は更地のままです。
これでよかったのでしょうか。
(ホテルマークワン南側)

印西市は千葉ニュータウン事業に対して
今後どのように取り組んでいくのでしょうか。
主体的に取り組んでいくべきではないのでしょうか。
 
千葉ニュータウン事業は平成25年度にて
終了します。(土地の処分は平成30年度まで)
このままでいいのでしょうか。。。

今回の駐車場に対する対応一つにしても、
市当局には事前に連絡は行っているのでしょうか。
市からの広報がなく、市民からは「どうなっているの
だろうか?」と疑問が寄せられることが多いのは
とても残念なことです。
 
== 放射能/放射線対策について ==

(1) 【印西市産 たけのこ】出荷自粛を!
   自主的に出荷・販売・譲渡・贈答を
           控えるようお願いいたします。

http://www.city.inzai.chiba.jp/www/contents/1332494373839/index.html

・・・一昨日の私のブログにも記載しましたが、
 本日(27日)改めて、結果がでました。
 
千葉県が今日27日に放射性物質検査を実施した結果、印西市産たけのこか
ら4月1日以降に適用される新基準値を超える放射性物質が検出されました。

 放射性セシウム134と137の合計 180Bq/Kg
 
 分析機関:財団法人千葉県環境財団

* 平成24年4月から食品中の放射性物質の規格基準が下がる
(新基準値:一般食品100ベクレル/s)ことに伴い、
検査結果が新基準値を超えるものについては、3月中から
自主的に出荷を控えるように改めて県からの要請がありました。

たけのこについては、今後とも印西市では情報の収集に努めるとともに、
ホームページなどで市民の皆様に情報提供していくとのことです。

(2)【印西市/公立保育園(給食食材=放射線測定結果)】

一部食品。 検査日:3月27日、使用日:3月28日
(ヨウ素とセシウム)
=5品目(じゃが芋、小松菜、チンゲン菜、長ネギ、榎茸)検出せず。

以下、詳細をご覧ください=>
http://www.city.inzai.chiba.jp/www/contents/1325748891803/files/housyanoubuxtusitukensakextuka.pdf

(3)北海道札幌市 「上田 札幌市長定例会見」
瓦礫処理に対するについての市長会見と質疑
 「東日本大震災の被災地からのがれきの受け入れについて」

http://www.city.sapporo.jp/city/mayor/interview/text/2011/20120326/index.html#h01


 ぐんじとしのり 
    <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓
 → IDは * 部分を@に変えて、コメント欄に書けない
   内容は直接、お送りください。












posted by ぐんじとしのり at 01:23| Comment(0) | 千葉NT事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

防犯組合支部長会議

今日(26日)夕方から、市役所で平成23年度の
第5回目の定例会議が開催されました。
「牧の原支部」の支部長を務めている私が、
会議に出席しました。
 
 ◇ 支部長会議 議題 ◇

(1)平成23年度支部活動費の決算書の提出について
(2)平成23年度防犯組合予算の執行状況について
(3)平成24年度防犯組合予算について
(4)防犯組合規約の改正について
(5)その他
 
 −−−−−−−−−−−

* 市民安全情報 最新版 
 印西市内での事件発生情報(3月11日〜3月20日)

http://www.city.inzai.chiba.jp/www/contents/1309395954643/files/H23-35.pdf
 
* NT北地区より
 市民安全情報には出てこないが(警察に被害届けを
 出していない。)、老人会での話として、
 「痴漢」が非常に多いとのこと。注意!
 
* NT南地区より
 これから夏になってくると、マンションの上層階でも
 侵入盗が増えるので注意したほうがいい。
 まずは、死角をなくして明るくすることです。
 注意!
 
* 市役所より・・・
 @ 侵入盗が市内で全般的に増えている。
   凶悪犯罪に繋がるので用心してほしい。
 A 市民安全センター(NT駅前センター)に開設
   移転開設。2号館2階。9時〜17時
   市の職員が1〜2名常駐
   机を20台程度置く。


== 放射能/放射線対策について ==

* 放射性物質を含む焼却灰の置き場問題です。
  (東京新聞/2012年3月24日)

 焼却灰問題 混迷深まる 我孫子市議会が
 白紙要求を決議

 県北西部の放射性セシウムを含む焼却灰の一時保管場所の
選定問題で、我孫子市議会は二十三日、同市と印西市に
またがる手賀沼終末処理場を候補とした県の提案に対し、
白紙撤回を求める決議を全会一致で可決した。

 これまで他の自治体も含めて保管場所の分散を求めていたが、
全面反対となり態度をさらに硬化させた。置き場所のない
焼却灰問題は混迷の度合いをさらに深めた。(横山大輔)

 同市議会は昨年十二月、同処理場で他市のすべての
灰を受け入れることを拒否する決議をしていたが、
今回はさらに踏み込んだ内容。県が申し入れた説明会の
開催も、条件付きで同意していたが、この日、開催自体の
拒否も決めた。

 決議では、理由として▽市は既に手賀沼終末処理場で
行き場のない汚泥焼却灰を保管して負担を受け入れており、
さらなる負担は容認できない ▽国が責任を持つべきで、
各自治体の国有地を含め再考すべきだ▽自区内処理が原則で、
灰の市域を越えた移動は放射性物質の拡散につながる−
などを挙げた。

 態度を硬化した背景には、県議会が十六日に一時保管場所の
設置を求める決議をしたことなどがある。二十一日には
処理場を視察した一部県議が「(地元の)反対があっても
強行に置いてしまえばいい」と発言したことも伝わり、
既成事実化に対する警戒や不満の声が強まった。
 市議会内には「話し合いの余地なく処理場に(する)と
いう方向性になった」との受け止めが広がった。
 
 決議を受け、星野順一郎市長は「終末処理場一カ所で灰を
受け入れることはできないという姿勢は議会と共通している。
複数の保管場所を検討してほしいということだ」と述べ、
県の提案の変更をあらためて求めた。

 ・・・ 印西市市議会も我孫子市と同調し、
   開催自体も再考すべきではないかと思います。


 ぐんじとしのり 
    <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓
 → IDは * 部分を@に変えて、コメント欄に書けない
   内容は直接、お送りください。





【今なら最大30%OFF】これが世界の常識。『ニューズウィーク日本版』






posted by ぐんじとしのり at 01:34| Comment(0) | 防犯・交通安全対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

市民ふれあい懇談会

昨日、今日(25日)と印西市主催の
地区型懇談会の「市民ふれあい懇談会」が
開催され、昨日(24日)「ふれあい文化館」で
開催された懇談会に出席しました。
 
(『市民ふれあい懇談会』は、市長が直接
市民の皆様と対話をし、皆様の豊富な経験と
知恵を活かした建設的な意見・提案などを
市政に反映させ、市民参加の拡大を図りながら
「住みよいまち」をつくることが目的です。)

パワーポイントを使用しての市長からの説明と
参加者からの質疑に市長が回答するという
形式で進行がされました。

ふれあい懇談会1203.jpg
  会場の様子
 
(パワーポイントでの説明)
* 印西市の広報、公聴について
* 印西市基本構想について
* 平成24年の印西市の主要事業について 

+ 当初予算と主要事業については、以下の資料から
 抜粋して説明が行なわれました。

http://www.city.inzai.chiba.jp/www/contents/1331856398465/files/24tousyoyosangaiyou.pdf 

* 市民ふれあい懇談会=4月のスケジュール

印西市内8カ所(4月に6ヶ所)で
「平成24年度事業・予算」 をテーマに
以下の日時/場所で開催いたします。

http://www.city.inzai.chiba.jp/www/contents/1308535215033/files/hureaikonndannkai.pdf  


== ぐんじとしのり 一般質問 Q&A(10) ==

*市民ふれあい懇談会でも市長に質問がありました、
地域の交通問題について、私から議会で一般質問を
行なっていますので、以下に記載します。
 
  ◇  ◇  ◇

5.牧の原駅圏の将来について
(2)牧の原地区13自治会会長会で、街灯の
設置要望や交通安全対策について要望をあげているが、
来年度は実現可能か。

@信号設置要望、横断歩道設置要望について
A街灯の設置について

【回答/市民部長】
@の信号機設置要望、横断歩道設置要望について
お答えいたします。
 当該地区自治会会長会よりいただいております要望に
ついては、所轄の印西警察署へ強く要望を続けている
ところです。

Aの街灯の設置についてお答えいたします。
 街灯・街路灯とは、道路管理者が、交通の安全と
円滑化を図るため、幹線道路や歩行者専用道路に
設置する照明でございます。また、防犯灯とは、
町内会・自治会などの団体が、犯罪防止のため、
設置する照明です。
 当該地区自治会会長会よりいただいております要望は、
犯罪防止のための防犯灯の設置要望と認識しております。
なお、防犯灯設置要望は、市内各地より要望が
なされており、限られた予算の中で学校等の
重点施設や交通量などを考慮して、順次設置している
状況です。

以上

== 放射能/放射線対策について ==

(1)印西市においての幼稚園、保育園(私立含む)、
    小・中学校等における積算放射線量の測定結果

 市では、こどもたちが生活実態に即して受ける年間の
放射線量を推計する為、電子式個人線量計による
積算放射線量の測定を行っています。

 幼稚園、保育園(私立含む)、小・中学校等における
 積算放射線量の測定結果(10月1日〜3月15日)
 (125KB)(PDF文書)

 http://www.city.inzai.chiba.jp/www/contents/1318823781274/files/2.pdf


(2)市が実施した印西市産農産物の
              放射性物質検査結果
 市では、印西市産農産物の放射性物質検査の
スクリーニング用として簡易型放射性物質分析機器を
導入し、放射性物質分析検査を実施しています。

http://www.city.inzai.chiba.jp/www/contents/1322558714785/index.html

(* 参考 たけのこ セシウム134・137(合計)179Bq/Kg)

 ・・・>印西市産たけのこの出荷自粛について

  印西市産たけのこの出荷自粛について
http://www.city.inzai.chiba.jp/www/contents/1332494373839/index.html

平成24年4月から食品中の放射性物質の規格基準が下がる
(新基準値:一般食品100ベクレル/s)ことに伴い、
検査結果が新基準値を超えるものについては、3月中から
自主的に出荷を控えるように県からの要請がありました。

たけのこについては、県の指導により検査結果が判明するまで
(検査予定:3月27日)は、自主的に出荷・販売・譲渡・
贈答を控えるようお願いいたします。


 ぐんじとしのり 
    <メールID> toshigunji*hotmail.com ↓
 → IDは * 部分を@に変えて、コメント欄に書けない
   内容は直接、お送りください。






posted by ぐんじとしのり at 00:05| Comment(0) | 千葉県印西市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする