2011年11月22日

市民の安全をどう確保する?

今日、FAXを整理していたら、「市民安全情報」が
FAXされてきていることに気がつきました。
 
「市内での犯罪は減っていないな」と思いながら、
外出し、帰ってくる途中では、爆音を立てて暴走する
オートバイが3台ほど。「困ったもんだな」と考えています。
 
今日は、先日に引き続き、11月30日(水)から
始まる平成23年第4回印西市議会定例会(12月議会)に
先立ち、通告した、「一般質問」の一部を以下に記載します。
 
=======================
3.防犯情報の提供について
 
10月18日(火曜日)午後、牧の原地区の公園内で、
刃物をもった男が女性を乱暴しようとした事件が
発生した。しかし、市当局からの正式な発表は全くなく、
白井市から牧の原地区で事件が起こったので
注意するようにといった情報が回り、地域の
学校関係者や保護者の間では正確な情報がないことに
ついて、市への不満や警察に対しての不信が増している。

(1)なぜ、白井市から先に情報が回ったのか。
印西市には情報が入らなかったのか。
 
(2)印西市はこの事件に対して、「当日」どのような
対応をどこに行ったのか?

(3) 印西市は子どもの安全確保に対して
どのような対策をとっているのか。安全、安心は
学校関係者に対して提供することはできないのか。

(4) 市民が個々に問い合わせを警察に行い、
情報が錯綜した反面、1ヶ月以上経っても、当該事件が
起こったことを全く知らない住民が多数いるが、印西市は
この事件を情報提供の面でどのように捉えているのか。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
防犯面でも、情報の提供は必須だと考えていますが、
印西市も警察もいったいどのような考えなのでしょう。
 
もし、万が一、子どもを巻き込むような大きな事件にでも
なったとしたら、どのように対応したのでしょうか。
   
危機管理の薄さが目に余ります。
また、情報を秘匿することで次の事件が起こった場合に
どのように言い訳するのでしょうか?
 
子どもの安全よりも犯人逮捕ですか?
並行して対応すべきものではないのですか?
 
今回の議会で厳しく追及したいと思います。
  
 == 放射能/放射線対策について ==

(1)今朝の朝日新聞に「学校給食」まるごと検査
 放射性物質 千葉市が方針 と記載されました。

熊谷千葉市長が自分の思いをツイッターでツイートして
いましたので、新聞紙上では読み取れない思いを以下に
紹介します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今朝の朝日新聞に掲載されましたが、千葉市では
学校給食の丸ごと検査を12月から実施すべく検討しています。
  
各学校をローテーションでそれぞれ1週間分の給食で
実際に児童がどの程度被曝するのか、年間換算でどうなるのか、
はっきり数値で示した方が安心を与えられるだろう、
との判断です
 学校給食では以前から食材の産地確認を徹底し、各県の
出荷時の検査データなども参考にしながら内部被曝を
最小限化する取り組みをしているわけですが、
「それでは心配、食材検査を」との声が議会への請願等となり、
食材の検査を実施することになりました。
 私からすれば食材検査は現実的には数多の食材の一部しか
検査することができず、本質的にはあまり意味が無いので、
測定に頼らず産地確認の徹底などが一番効果的だと
考えていましたが、市民の声も理解できることから食材検査を
実施しました。しかし、やはり「一部では不安」という声が
根強くあります。
 食品や空間の放射線量だけではその数値をどう受け取るのか
人によって異なります。「その程度であれば年間1ミリシーベルトに
殆ど影響はない」と行政や学者は考えるわけですが、
そう受け取れない方がいるのも理解できるわけです。
今後は受け取り方にずれのない積算ベースを軸にすべきと
判断しました
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ・・・> 印西市の姿勢は12月議会で追求していきます。
 
(2)毎日新聞の記事より 
 東日本大震災:市民ら100人出席、除染意見交換会
                 −−柏市が開催 /千葉
 柏市は21日、放射性物質の除染計画を策定するための
 市民意見交換会を、市立柏第一小体育館(柏市あけぼの1)で開いた。

「柏市の除染を進める会〜安心な暮らしを目指すための対話集会」と題し、
市内在住・在勤・在学者100人以上が出席した。
 冒頭で秋山浩保市長は「もっと早く対話集会を開くべきだったと
いう声を聞く。申し訳ない」と陳謝。「遅くなってしまった分を
取り返す。皆さんの不安と向き合う」と語りかけた。

出席者からは「3年間の計画で本当に除染は終わるのか」
「民家の除染に助成をしてほしい」などの質問や意見が相次いだ。
市は23日午後4時からも、同小で集会を開く。【早川健人】

 ・・・> 柏市は印西市よりも対応が遅れていたように
  感じましたが、最近は明らかに対応が進んでいると思います。
  印西市では「意見交換会」という声は市役所から皆無です。
 
           
 ぐんじとしのり<メールID> toshigunji*hotmail.com ↓
 → IDは * 部分を@に変えて、コメント欄に書けない
   内容は直接、お送りください。









 


posted by ぐんじとしのり at 23:52| Comment(0) | 千葉県印西市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする