2011年11月03日

杞憂に終わらず。

まさかと思った。

その話を聞いたのは、昨夜のことだったが、詳細まで
聞かず、聞き流していたのが正直なところでした。
  
=======================

東京湾に放射能汚染水、基準値の14倍 
            千葉県の廃棄物処理業者
 
千葉県は2日、同県市原市にある廃棄物処理業者
「市原エコセメント」から1kg当たり1千ベクレル超の
放射性セシウムを含む水が東京湾に流れ出ていたと発表した。

濃度は基準値の14倍超。同社は、1カ月以上にわたって
計1万3200トンを排水してきたが、この日、県の要請を
受け、操業を停止した。

市原エコセメントは、県内34市町村から受け入れた
ゴミの焼却灰などを原材料にセメントを製造している。

県は、枯れ葉などゴミに付着した放射性セシウムが焼却する過程で
濃縮されたうえ、同社の工程で使う水に混じり十分な処理を経ないで
海に流されたとみている。

同社は、焼却灰の放射性物質による汚染が問題になっていたことから
9月15日と10月11日に排水を測定。
1キログラム当たり、それぞれ1103ベクレル、1054ベクレルの
放射性セシウムが検出されたという。
  
原子力安全委員会が今年6月に「当面の考え方」として示した
基準値の14〜15倍に相当する。

同社は10月28日に県に報告。県は排水の停止や改善を求めていたが、
放射性セシウムを吸着するゼオライトを使った排水処理や、
1キログラム当たり2千ベクレル以上の濃度の廃棄物受け入れ停止などで
対応していた。

1カ月以上も基準値を超えていると知りながら県に報告せず、
海に排水していたことについて、同社は「うちのような施設まで
基準値が適用されるとは思っていなかった」と話している。

2011.11.2 19:23 MSN産経ニュース

==============================

私たちの生活で日々出されるゴミ。
そのうちの「燃やせるゴミ」は印西クリーンセンターへ。
そして、焼却されて、焼却主灰、飛灰は現在「市原エコセメント」へ。
  
「エコセメント」ご存知ですか?
このようなタイトルで、ブログを8/31に書きました。

http://togu.seesaa.net/archives/20110831-1.html

その中で、「環境整備事業組合」とのやりとりを記載しましたが、
(8/31)当時は。。。

質問/なぜ、「焼却灰」を出荷できるのでしょうか?
この点について、今日(8/31)の特別委員会で追求しました。

回答/原材料との混合・希釈等を考慮し、市場に流通する前に
クリアランスレベル100bq/kg以下になる物は利用可能」との
ことでした。 
−焼却灰が8000Bq/kg未満であれば、原料としても
出荷しても問題なく、あとは「市原エコセメント」が
100bq/kg以下の製品にしてくれるだろうと回答がありました。
  
・・・さらに放射性物質を含む灰を100bq/kg以下にまで、
どのような工程で下げるのかを追求しましたが、
この点については「うまくやっているのでしょう」程度の
回答しかなかったことを私は覚えています。
(別の会合では、「民間会社の内部的な問題までは把握して
いない」旨の回答もしています。)

私自身の追及も甘かったと猛反省しています。
エコセメントを使った製品の出荷先も確認をしなくてはいけません。
 
杞憂に終わらなかったのが残念です。

=== その他 放射線情報 ===
** 週間朝日「談」より (週刊朝日2011年10月28日号配信)

主要企業に聞いた放射能汚染「わが社の安全対策」原発事故から
7カ月、放射能汚染いまだやまず

東日本大震災から7カ月が経過した。福島第一原発の事故で
広がった放射性物質は、いまも食品を汚染し続けている。
消費者の不安は収まるどころか、大きくなる一方だ。

そんな中、食に関わる企業は、どんな安全対策を取っているの
だろうか。小売店やスーパー、食品・飲料メーカー、飲食店などに
対応策を聞いた。
        ↓   ↓   ↓
http://www.wa-dan.com/article/2011/10/post-187.php

      
 ぐんじとしのり<メールID> toshigunji*hotmail.com ↓
 → IDは * 部分を@に変えて、コメント欄に書けない
  内容は直接、お送りください。






『週刊ダイヤモンド』定期購読なら最大45%OFF!特典&全国送料無料

  
posted by ぐんじとしのり at 23:55| Comment(0) | 放射線問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする