2010年10月31日

先送りでいい理由はない。

わかっている国民、なんとなく「まずいだろう」と思っている
国民は少なからず、いると思うし、その結果が消費税をすぐに
あげてもいいよと思っている国民につながっているはずだ。



「徹底的な無駄の排除」は実現不可能なフィクションではなく、
虚構でもないと思う。しかし、ビジネスの世界では
二つのことを同時並行して行うのはあたりまえのことでは
ないだろうか。(以前にもいつだったか、このブログに
書いたが。)

国と地方の長期債務残高は800兆円規模に達するというが、
私はもっと多かったように記憶しているが、マスコミが言うのが
正しいのだろうと思う。
 
国家予算の何年分だろう?毎年、国家予算から国債を
償還しているが、今のままのペースで続けていくと
何十年かかるのだろうか?
 
経済成長ができれば景気は回復するという政治家もいるが、
人口が減少するこの国でどうやって景気を回復させるのだろうか?
中国や東南アジアの経済成長に頼ってというが、中国は早晩
日本と同じく高齢化社会に突入することも言われているなかで、
どのような国の未来予想図を描くのだろうか。
(また、政治的に未熟な国を相手にし、危険な恫喝外交を
引き続き。行うリスクは大きいのではないか。)

日本が抱える借金は倹約で何とかなる額ではないし、
無駄の排除は継続的にやらねばならないことについては
以前から私がこのブログで言っていることである。

実際、今回の仕分けでは埋蔵金が見つかったの?
もう、なんとなく歳入が増えるのを期待しての政治はやめない?
目を覚まさないと行政サービスの低下、廃止どころではなく、
国が傾くこともありえると思うよ。
 
団塊の世代はいつまでも現役ではない。そのあとに国の
中心となる世代や子どもや孫の世代のこともしっかり
考えるべきだと思うよ。(ビジネスの世界で活躍している
世代は充分にわかっていると信じていますが、特に政治の
世界ではわかっていないんだよね。。。)




北海道わけあり市場 【無料】入荷速報メルマガ


キズモノ・不揃い・在庫処分など

 わけありだけど北海道の超お得グルメ速報をお届け!

無料簡単登録で300円分無料クーポンもらえます!




posted by ぐんじとしのり at 22:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

食べていないけど。

新商品が発売されると、「牛鍋丼」はどうなるの?
まさか、販売休止?あるいは中止?そうなったら、悲しいな。


 
実は「牛キムチクッパ」は吉野家の「熊谷駅」東口で見ました。
食べていませんが、全くこのニュースを私は知らなかったので、
「なんだ?これ?」というのが第一印象でした。
(10月19日のことだった。)

DSC_0182-1.jpg
 
携帯で調べたら、「発売延期」だったのかと納得。
この垂れ幕を見る限り、牛鍋丼は継続らしいけど、
全店で対応できるのだろうか?牛鍋丼も初日は大混乱だったと
聞きますが。
 
勿論、私も食べに行きます。
2-3日たってからかな?


旬のフルーツお取り寄せ【ぐるなび食市場】




posted by ぐんじとしのり at 19:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

尖閣諸島に思う。

野党時代にさんざん、自民党を批判した民主党は
与党になって自分達に都合の悪い話になると、
自民党を踏襲するというのだろうか。



尖閣諸島は日本固有の領土。
日本人ならば誰しもがわかっていることだが、
その固有の領土に誰も立ち入れない。
 
なぜ?明確な説明が欲しいものだが、今の民主党からは
今回のコラムにあるように、自民党の小泉、安倍両内閣時代の
政府見解や国会答弁を持ち出し「何人にも上陸を認めないと
いう方針が活字で残っており、この方針を踏襲していく」などと
言い放ったという。

何を言っているのか意味不明であり、その当時と今とは
状況も変化している中で、方針の転換もあってしかるべきだし、
踏襲するにしても「方針」について、国民全体にその内容に
ついて広く周知するべきではないか。

確かに一般の国民が立ち入れないという特異な島は存在するが
(「南鳥島」のように)、尖閣諸島が立ち入れないというのであれば
中国の脅威にさらされる中で、言葉だけの実効支配ではなく、
国民による監視のものとでの実効支配が必要だと思うのは
私だけだろうか?
 
とりあえず、今後の政府の動きを見守っていこう。
「モグラすら守れない」ではなく、「大事なもの全てを
守れない」ことに私は恐怖を感じる。



英字新聞ジャパンタイムズ購読申し込み




posted by ぐんじとしのり at 23:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする