2010年09月02日

前原さん、ありがとう。

遠い昔、私はある会社で起業家を育てようとするクラブに出ていた。
そのクラブの名前はJ.I.C。
(株)パソナが主催し、パソナ本社の会議室で定期的に
そのクラブは行われ、「今は」大企業となったオプト、
ディップの創業者が出席していた。
  
この塾の主催者は南部靖之代表で、その席には
ソフトバンク孫社長や、HIS澤田社長も
よく遊びに来ていた。。。
 
そして、ある日、南部代表は私達に告げた。
「みなさんのお世話をしていた私の秘書が結婚することになった。
京都で県議をして、今回、国会議員になった優秀な男のところに
いくことになった。」
 
その男の名前は「前原誠司」。今、話題の彼である。


 
「国民の目からみて不透明な取引をするべきではない。
ポストを約束して一本化するのは厳に慎むべきだ。
代表選をしても党が割れることはない。」
 
この話が本当だとすれば、よくぞ言ってくれたと思う。
国民の声を代弁してくれたのではないか。
 
結果として、昨日からの党代表選挙になったとすれば、
前原さんのおかげ?
 
今日は、外国人特派員協会で討論会があったようですね。
詳細は、まだみていませんが、あとでゆっくり
ニュースを読んで見ようと思います。
 
密室政治にならなくて、本当によかった。
 


=PR= 月の土地、どう?



 


posted by ぐんじとしのり at 23:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする